rogo

会員企業等の取組み

2018年2月
JXTGエネルギー(株)
JXTGエネルギーは東京都の選手村地区エネルギー事業者に決定しました(2月28日)
当社は、東京ガス株式会社を代表とする民間企業5社と共に、本日、東京都と「選手村地区エネルギー事業」(以下、「本事業」)に係る基本協定を締結し、事業者として決定されましたので、お知らせいたします。
東京都が2017年3月に策定した「選手村地区エネルギー整備計画」*の実現に向けた本事業は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(以下、「東京2020大会」)後の選手村跡地における車両向けおよび街区向け水素供給事業を中心とする事業です。
本事業において、当社は、車両(燃料電池自動車、燃料電池バス)や再開発事業によって整備された各街区への水素供給拠点となる水素ステーション(水素の製造・貯蔵・供給)を整備・運営することになります。
東京2020大会を契機に利用拡大が見込まれる水素エネルギーの供給を通じて、東京2020ゴールドパートナー(石油・ガス・電気供給)である当社は、同大会の成功に貢献するとともに、大会後のレガシーとなる水素社会の実現に向けて貢献してまいります。
また、世界から注目され、人々が集結し、技術の実証を示すことができる東京2020大会を絶好の機会と捉え、東京都は、東京2020大会時に水素関連施設の一部を先行稼働させるプレゼンテ―ション事業を実施します。当社は、選手村周辺にて水素ステーションを暫定的に運営し、車両への水素供給等を行うことで東京都のプレゼンテーション事業に協力いたします。
* 選手村地区におけるエネルギーに関する計画。環境負荷低減の観点から注目されている水素エネルギーなどの活用により、まち全体で高い環境性能を満たすスマートエネルギー都市の実現を目指す。
<「事業者」構成企業と各社の役割>
東京ガス株式会社
およびそのグループ企業1社
事業者構成企業間の業務調整、
水素パイプラインの整備、街区への水素供給等
JXTGエネルギー株式会社 水素ステーションの整備、車両への水素供給
パナソニック株式会社
ほか民間企業2社
純水素型燃料電池の開発
富士電機(株)
女性活躍推進法に基づく「えるぼし」認定の最高段階を取得(2月28日)
富士電機株式会社は、厚生労働大臣より女性活躍推進に関する取り組みの実施状況が優良な企業に与えられる「えるぼし」認定マークの最高段階の認定を受けましたので、お知らせいたします。
「えるぼし」認定について
「えるぼし」認定は、「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」(通称:女性活躍推進法)に基づき、行動計画の策定・届出を行った企業のうち、女性の活躍に関する取り組みの実施状況が優良な企業が厚生労働大臣より認定を受けるものです。「①採用」「②継続就業」「③労働時間などの働き方」「④管理職比率」「⑤多様なキャリアコース」の5つの項目で評価され、当社は各項目ですべての基準を満たし、最高段階である3段階目の認定を受けました。
当社の女性活躍推進の取り組み
当社は、経営方針に「多様な人材の意欲を尊重し、チームで総合力を発揮する」と掲げ、トップのコミットメントのもと、ダイバーシティの強化を継続的に進めています。なかでも女性活躍推進においては、2020年度目標「女性役職者層300人(2017年度:215人)」「新卒採用の女子学生(大卒・高専卒)割合20%(2017年度:14%)」の達成に向け、主に以下の活動に取り組んでいます。
■女性の積極的な採用
  理工系出身の女性社員による「理工系女子採用プロジェクト」の編成とセミナーの積極開催
■仕事と仕事以外の生活の両立支援
  Location Flexible勤務制度(サテライト勤務及び在宅勤務)の新設
育児・介護、配属者の転勤、結婚による転居を事由とした再雇用希望登録制度の導入
育児休職からの復職者と上司によるペアワーク研修の実施
■キャリア形成支援
  女性キャリア開発対象者の登録と重点教育の実施
女性先輩社員にキャリア形成などを相談できる「シスター制度」の導入
■風土醸成
  eラーニング等を通じた管理職をはじめとする全社員への啓発活動の実施
なお、当社は、経済産業省と東京証券取引所が女性活躍推進に優れた上場企業を選定する「なでしこ銘柄」にも2年連続で選ばれています(2016年度、2017年度)。今後も、社員一人ひとりの多様性を競争力強化につなげることを目指し、すべての社員が能力を最大限発揮できる仕組みや風土・環境整備に継続して取り組んでいきます。
* 当社のダイバーシティの取り組みの詳細はこちらのウェブサイトをご覧ください。
http://www.fujielectric.co.jp/about/csr/social/diversity.html
東京ガス(株)
選手村地区エネルギー事業に係る基本協定の締結について(2月28日)
東京ガス株式会社(社長:広瀬 道明、以下「東京ガス」)と東京ガス100%出資子会社の晴海エコエネルギー株式会社(社長:南 琢)*¹は、JXTGエネルギー株式会社(社長:杉森 務)、株式会社東芝(社長:綱川 智)、東芝エネルギーシステムズ株式会社(社長:油谷 好浩)、パナソニック株式会社(社長:津賀 一宏)と共に、本日、東京都と「選手村地区エネルギー事業」(以下、「本事業」)に係る基本協定(以下、「本協定」)を締結しました。
本事業は、東京都が平成29年3月に策定した「選手村地区エネルギー整備計画」を実現するためのものであり、本協定は、本事業における街区向け水素供給事業と車両向け水素供給事業に関する基本的合意事項について定めたものです。
東京ガスを代表者とする民間企業6社*²は、東京都が公募型プロポーザル方式で実施した本事業の事業者募集に応募し、平成29年9月に事業予定者に選定されました。本協定締結後、民間企業6社は「事業者(本事業の実施者)」として、東京都と連携して本事業を推進します。
東京ガスは、首都圏を事業基盤とするエネルギー事業者として、東京都が取り組む東京2020大会後のレガシーとなるまちづくりに貢献してまいります。
*1 晴海エコエネルギー株式会社の会社概要
社名 晴海エコエネルギー株式会社
代表者名 代表取締役社長 南 琢
所在地 東京都港区
設立 平成29年10月31日
設立時資本 1億円(資本金5千万円、資本準備金5千万円)
出資比率 東京ガス100%出資
事業内容 東京2020大会後の選手村地区における水素供給および純水素型燃料電池の設置
*2 平成29年9月に東京ガス株式会社、JXTGエネルギー株式会社、株式会社東芝、パナソニック株式会社の4社で構成する企業グループが事業予定者として決定。その後、事業予定者構成員の変更手続きを経て、平成30年1月に晴海エコエネルギー株式会社、東芝エネルギーシステムズ株式会社の2社を追加し、6社となったもの。
東京ガス(株)
「LPガスの充てん・配送業務等の提携検討に関する基本合意書」の締結について*(2月28日)
アストモスエネルギー株式会社(以下「アストモス」)、ENEOSグローブ株式会社(以下「ENEOSグローブ」)および東京ガスリキッドホールディングス株式会社(以下「リキッドHD」)は、本日、関東エリアにおけるLPガスの充てん・配送業務等を共同化する業務提携について検討する「LPガスの充てん・配送業務等の提携検討に関する基本合意書」を締結しました。
これまで、アストモスとENEOSグローブは2015年7月より、またアストモスとリキッドHDは2016年10月より、それぞれLPガス事業に関して業務の効率化等の検討を進めてきました。なかでも、「充てん・配送業務等」のあり方については、共通の課題であると認識しており、今後、LPガス業界に役立てる「公共インフラ」の構築について、3社共同で検討を進めます。
・基本合意の概要
1. 目的
近年のLPガス業界を取り巻く環境は、人口減少を背景とした需要減少、電力、都市ガス等の他エネルギーとの競争激化、労働力不足によるLPガス配送の乗務員確保への懸念等、今後厳しさが増すことが予想されています。
このような厳しい環境下において、今後もLPガスを安定的かつ効率的に供給し続けるための改革の一環として、従来の枠組みを超えた充てん設備や配送ネットワークの共同利用、IoT・AIを活用した配送の効率化、緊急時対応(保安)の共同化、LPガス配送の乗務員が安心して働ける安定した雇用環境整備等の取り組みについて、業務提携を検討します。
また、強化された充てん・配送業務等に加え、高度なスキルを有したエキスパートによるLPガス緊急保安等のサービスネットワークを構築し、幅広いLPガス販売事業者と共有することにより、LPガス業界の健全な発展ならびに安心・安全なLPガスの普及を目指します。
2. 合意事項
(1)共有した基本理念
長期的視野に基づいた合理化ビジョンを検討するとともに、電力の「配電網」や都市ガスの「導管網」に伍するLPガス業界共有の「公共インフラ」となりうるプラットフォームを構築し、持続的に成長させることで、LPガス業界の発展に寄与していく。
(2)今後の主な検討項目
・LPガスの充てんおよび配送業務の集約またはLPガスの充てんおよび配送業務を主たる事業とする新会社の設立
・新たに構築する「公共インフラ(プラットフォーム)」への参加事業者の募集
・安定的に人員を確保するための雇用環境を整備
・多種多様なLPガス販売事業者が利用するための新たな管理システムの構築
・LPガス業界の発展に資する新たな付加価値サービスの提供

・各社の事業概要
商号 アストモスエネルギー株式会社
本店所在地 東京都千代田区丸の内一丁目7番12号
代表者 社長 荒木 誠也
資本金 10,000百万円
事業内容 LPガスの輸入・仕入・製造・販売、船舶の所有・賃貸借・売買
株主 出光興産株式会社 51%、三菱商事株式会社 49%

商号 ENEOSグローブ株式会社
本店所在地 東京都千代田区永田町二丁目11番1号
代表者 社長 岩井 清祐
資本金 2,000百万円
事業内容 LPガスの輸入・仕入・製造・販売
株主 JXTGエネルギー株式会社 50%、三井物産株式会社30%、丸紅株式会社20%

商号 東京ガスリキッドホールディングス株式会社
本店所在地 東京都港区芝公園二丁目4番1号
代表者 社長 村関 不三夫
資本金 10百万円
事業内容 東京ガスエネルギー株式会社、東京ガスケミカル株式会社、日本超低温株式会社の持株会社
株主 東京ガス株式会社 100%

・各社のLPガス配送事業の概要
  アストモスグループ ENEOSグローブグループ 東京ガスリキッド
HDグループ
配送エリア 東京、神奈川、千葉、埼玉
配送軒数* 28万軒 10万軒 12万軒
配送数量* 96,000t/年 25,000t/年 30,000t/年
* 配送は各社の出資会社ならびに外部委託を含む。
昭和電工(株)
アルミ合金材料研究開発を強化-喜多方にアルミ製品評価センターを開所-(2月28日)
昭和電工株式会社は、アルミ合金の開発強化のため、事業開発センター 融合製品開発研究所の傘下組織として、喜多方事業所(福島県)内に研究施設「アルミ製品評価センター」の設置を決定し、本日、開所式を開催しました。
昨今、自動車における軽量化ニーズの高まりを受け、サスペンションや駆動部品を始めとした自動車用部品でアルミ製品の採用が拡大しており、今後も需要は堅調に増加することが見込まれます。当社は自動車用アルミ部材として、連続鋳造棒ショウティック®および本製品を素材とした鍛造品と、大型押出品、電気自動車向けパワー半導体冷却器を製造・販売しています。特にショウティック®は独自の連続鋳造技術により均一かつ微細な金属組織を実現し、高温強度・耐摩耗性・耐食性に優れた特性を有し、鍛造品においても強度・耐摩耗性・低熱膨張性を高く評価いただいております。今後、これら製品が自動車のさらなる軽量化に貢献するためには、高強度化を実現する合金技術の進化が必須であり、今回、鋳造・鍛造品の製造・開発拠点である喜多方事業所に、アルミ製品評価センターを新設することとしました。
アルミ製品評価センターでは、全社機能として合金解析・開発にかかる機能を充実させ、鋳造・鍛造・押出品を始めとした当社アルミ製品の合金開発を加速します。併せて事業開発センター傘下の分析物性センターおよび計算科学・情報センター(千葉県)と密接に連携し、解析技術の強化により、有機・無機・金属の各素材との融合による新たなマルチマテリアルの提案も行います。
当社グループは、現在推進中の中期経営計画“Project 2020+”において、「エネルギー」「情報電子」「インフラケミカルズ」「生活環境」「移動・輸送」の5つの市場領域に対し、高付加価値の製品・ サービスを提供し、世界規模での社会貢献を志向しています。
今後は、技術開発の深化・融合を進め、将来の当社グループの成長に資する事業の芽を生み出してまいります。
JFEスチール(株)
平成29年度 優秀省エネルギー機器表彰をダブル受賞
~「焼結機点火用2段燃焼式ジェットバーナ」と「自己排ガス再循環型ラジアントチューブバーナ」~(2月27日)
当社はこのたび、平成29年度優秀省エネルギー機器表彰において、「焼結機点火用2段燃焼式ジェットバーナ」で資源エネルギー庁長官賞と「自己排ガス再循環型ラジアントチューブバーナ」で日本機械工業連合会会長賞を同時に受賞し、昨日、ホテルグランドパレス(東京・千代田区)にて表彰式が開催されました。
優秀省エネルギー機器表彰は、昭和55年度から毎年、優秀な省エネルギー機器の普及と省エネルギー機器の開発を促進することを目的に、一般社団法人日本機械工業連合会がエネルギーの効率的利用の推進に貢献した個人または団体を表彰するものです。
1. 表彰名と受賞件名:
(1) 資源エネルギー庁長官賞 : 「焼結機点火用2段燃焼式ジェットバーナ」
(2) 日本機械工業連合会会長賞 : 「自己排ガス再循環型ラジアントチューブバーナ」
2. 受賞団体:
JFEスチール株式会社 (代表者名:代表取締役社長 柿木 厚司)
3. 開発の概要:
(1)資源エネルギー庁長官賞 「焼結機点火用2段燃焼式ジェットバーナ」
高炉の主原料の焼結鉱の製造工程において、焼結反応を開始させるため、原料表面を1200℃以上に加熱する必要があります。今回開発した「2段燃焼式ジェットバーナ」は、この加熱に必要なバーナのエネルギー効率を高め、従来技術にはない大幅な省エネを達成できる加熱技術です。 具体的には、2つのバーナを組み合わせることで、バーナ火炎の安定化と高速化を両立させることに成功し、加熱面での火炎運動エネルギー向上による熱伝達の促進によってエネルギー効率を向上させています。 本加熱技術を倉敷地区の焼結工場に3件導入して、従来と比べて、燃料ガス使用量は約30%低減し、年間約2,100tのCO2排出量の削減に寄与しています。
(2)日本機械工業連合会会長賞
「自己排ガス再循環型ラジアントチューブバーナ」
今回開発した「自己排ガス再循環型ラジアントチューブバーナ」は、鋼板の連続焼鈍炉で用いられる放射伝熱管(ラジアントチューブ)方式の加熱用バーナです。国内トップレベルの超低NOxバーナとコンパクトレキュペレータを組合わせ、NOx性能と省エネ性能の両立を図っています。超低NOxバーナは、チューブ内で排ガス再循環させる新発想の画期的な燃焼方式を適用し、燃焼中の火炎温度と酸素濃度を低減することができます。その結果、従来 排熱回収をするために燃焼用空気温度を上げると著しく上昇していた、NOx値を抑制することに成功いたしました。また排熱回収用に、非常にコンパクトなレキュペレータを採用し、既存の装置を容易に改造できるように配慮しております。本バーナは福山地区の2つの連続焼鈍炉に合計162基導入して、燃焼ガス使用量を12%低減、19t/年のCO2排出量削減を達成。今後も更なる適用拡大により、環境負荷低減に寄与していきます。
当社は今後も、お客様のニーズにお応えできる最先端の技術革新、商品開発に注力し、高効率化により省エネルギーを推進してCO2排出量の削減に貢献してまいります。
東京ガス(株)
東京ガスパイプネットワーク株式会社の設立について(2月23日)
東京ガス株式会社(以下「東京ガス」)は、本日、東京ガス100%出資子会社として、導管の維持管理・建設等を担う導管基盤会社「東京ガスパイプネットワーク株式会社」(以下「東京ガスパイプネットワーク」)を2018年4月に新設することを決定しました。
東京ガスは、ガス小売全面自由化をはじめとしたガスシステム改革等の環境変化を踏まえ、導管の維持管理・建設等の導管現場実務に特化した東京ガスパイプネットワークを設立し、最適な体制の構築を進めていくことで、「効率的でローコストであり、変化に強く競争力・成長力のある導管事業者(スリムでパワフルな導管事業者)」の実現を目指します。
なお、東京ガスパイプネットワークは設立後、2018年10月の事業開始を目指して準備を進めます。
東京ガスは、今後も、自由化時代における新生ガス導管事業者として、「スリムでパワフルな導管事業者」の実現を目指し、さらなる経営効率化を図るとともに、すべてのお客さまに安心して都市ガスをお使いいただけるよう、透明性・中立性・公平性を確保し、ガス小売事業者と連携して、「安定供給」、「安全水準の維持・向上」および「天然ガスの普及拡大」に努めてまいります。
・新設する導管基盤会社の概要
会社名 東京ガスパイプネットワーク株式会社
設立年月 2018年4月2日(予定)
代表者 代表取締役社長 綿貫 裕之
資本金 95百万円
株主 東京ガス100%
本社所在地 東京都港区(東京ガス浜松町本社ビル内)
従業員数 若干名(設立当初)
東京ガス(株)
日本超低温株式会社の株式譲渡に関する契約締結について(2月23日)
東京ガス株式会社(以下「東京ガス」)の100%出資子会社である東京ガスリキッドホールディングス株式会社(以下「リキッドHD」)は、60%出資子会社である日本超低温株式会社(以下「日本超低温」)の発行済株式の11%を、三菱商事株式会社(以下「三菱商事」)の子会社である東洋冷蔵株式会社(以下「東洋冷蔵」)に譲渡(以下「本件取引」)する旨の契約を本日締結しました。株式の譲渡は2018年4月1日を予定しています。
本件取引に基づく株式の譲渡、ならびに三菱商事が保有する全株式を東洋冷蔵へ譲渡することにより、日本超低温への出資比率は、東洋冷蔵51%、リキッドHD49%となります。
日本超低温は、東京ガス根岸LNG基地の隣地にLNG冷熱を利用した冷蔵倉庫を保有し、主に首都圏に供給する冷凍マグロ等を一時保管する冷蔵倉庫業を営んでいます。
このたび、リキッドHDは、水産物の加工・販売・冷蔵倉庫業を本業とする東洋冷蔵に日本超低温の経営権を譲渡しますが、引き続き東京ガスグループとしてLNG冷熱供給を継続し、共同事業者として参画することで、東洋冷蔵とともに今後の日本超低温の事業発展と冷凍マグロ等の流通を支える社会インフラとしての責任を果たしてまいります。
昭和電工(株)
電気教育を実施しました(昭和電工セラミックス 塩尻工場)(2月23日)
昭和電工セラミックス(株)塩尻工場では2月2日、製造部第三製造課超高圧職場にて、昨年度から今年度にかけて入社した新入社員4名に電気教育を実施しました。この教育は実際に作業で使用している機器の電気設備、部品の特徴を把握し、正しい知識で安全に作業することを目的としています。
超高圧職場の電気設備・部品を全て把握している工務課電気計装担当者が講師となり、実際に工程で使われている電気関連設備や部品の仕組みを分かりやすく説明しました。
また、ポイントごとに講師から受講生へ質問をして理解度をはかりながら講義を進めていきました。約1時間半の講義中には、出題された問題に受講生が正解して場が盛り上がる場面もありました。
毎年、塩尻工場への入社者は決して多くありませんが、少人数制のメリットを生かした「みんなで見守る」新人・若手育成をコンセプトに人材育成施策に取り組んでおります。今後もきめ細かい教育に取り組んでいきたいと思います。
日本通運(株)
欧州日通、ケニアでビジネスレセプションを開催(2月22日)
当社の現地法人、欧州日本通運有限会社は、2月6日(火)、ケニア共和国の首都ナイロビ市にて、ビジネスレセプションを開催しました。
ビジネスレセプションには、在ケニア日本国大使館の植澤利次大使、ケニア政府からアダン・モハメド産業・貿易・協同組合長官をはじめ、日系企業のお客様やパートナー企業などを招待し、当社の伊藤豊副社長、欧州ブロック地域総括の海野茂執行役員ら総勢約100名が出席しました。
2017年8月に開設したアフリカ初の営業拠点となるケニア支店では、航空・海運輸出入フォワーディング業、通関業、倉庫業、国内輸送業、引越業(海外引越・ケニア国内引越)を行っています。
ビジネスレセプションでは、当社ならびにケニア支店の事業内容の紹介や、冷凍・冷蔵輸送商品、ロジスティクス関連、引越商品の打ち合わせブースを設け、お客様との商談が行われました。
当社は、今後ますますの成長が見込まれる同国および東アフリカ地域で、お客様のニーズに対応できる体制を整えるとともに、積極的な進出と事業展開を進め、「グローバルロジスティクス事業の更なる拡大」に努めます。
東京電力パワーグリッド(株)
本日(2月22日)の電力需給見通しおよび需給状況改善のための融通の受電について(15時30分時点)(2月22日)
本日(2月22日)の当社サービスエリアにおける電力需給見通しは、気温低下による暖房需要の増加などから、夕方以降のピーク時間帯(18時~19時)で4,726万kWとなる見込みです。
これに対して、火力発電所の増出力運転などの供給力対策および当社と事業者間で予め締結した契約による所定の需要抑制対策を実施しているものの、当社サービスエリアにおける供給力は4,805万kW、使用率98%(予備率1.7%)と厳しい需給状況になると想定しております。
当社としては、当社サービスエリアの需給状況改善のため、電力広域的運営推進機関に2月22日16時~22時までの間、最大200万kWの供給をお願いしております。
これにより、本日夕方以降のピーク時間帯における当社サービスエリアの供給力は4,924万kW、使用率95%(予備率4.2%)となる見込みです。
一般のご家庭をはじめ広く社会の皆さまにおかれましては、空調温度の低め設定や使用していない照明の間引き・消灯など、節電への取り組みにご理解、ご協力をお願いいたします。
昭和電工(株)
健康経営優良法人~ホワイト500~の認定を取得しました(2月22日)
昭和電工株式会社はこのたび、「健康経営優良法人~ホワイト500~」に認定されました。2017年に続いて2回目となります。
健康経営優良法人~ホワイト500~は、保険者と連携して優良な健康経営を実践している大規模法人を顕彰するものです。本認定は、経済産業省と経済界・医療関係団体・自治体のリーダーから構成される日本健康会議との共同で、健康経営実践法人の拡大を目的に2017年度より開始されました。
当社グループでは、2013年から2016年までの4年間、「生活習慣病の予防・改善」・「こころの健康づくり」を中心とした「昭和電工グループいきいき健康づくりプラン」に基づき活動を推進しました。2017年には新たに「昭和電工グループいきいき健康づくりプラン Phase 2」を策定し、2年間の活動を開始しました。
今後も、従業員が安心していきいきと働くためには、一人ひとりが生涯にわたって自分や家族の健康を大切に考え、保持していくことが必要であるという観点から、様々な活動を推進してまいります。
日本通運(株)
「健康経営優良法人2018~ホワイト500~」に認定(2月21日)
当社は、2月20日(火)、経済産業省が健康経営銘柄に準じた先進的な企業を選ぶ「健康経営優良法人(大規模法人部門)~ホワイト500~」の認定を受けました。
「健康経営優良法人~ホワイト500~」とは、経済産業省が、地域の健康課題に即した取り組みや日本健康会議が進める健康増進の取り組みをもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業などの法人を顕彰する制度です。当社は昨年度に続き2度目の認定となります。
当社では、中期経営計画「日通グループ経営計画2018‐新・世界日通。‐」の重点戦略として、「働きやすい環境作りの強化」を掲げています。毎年度策定する安全衛生管理方針にもとづき、健康保険組合や、健康の保持増進のために全国の支店に約170名配置している保健師・看護師などの有資格者と連携して、ストレスチェックなどのメンタルヘルス対策や、禁煙対策の推進など生活習慣病対策に取り組んでいます。また、全職場で、昭和29年から「日通体操」を行い、従業員の健康維持と労働災害の予防に努めています。
当社では今後も、従業員の健康増進に向けた取組みを積極的に進めてまいります。
日本通運(株)
「ユーラシア・クロスボーダー鉄道輸送セミナー」を開催(2月21日)
当社は、2018年3月12日(月)に、「ユーラシア・クロスボーダー鉄道輸送セミナー」を開催いたします。
セミナーの内容
当社では、2015年11月からアジアと欧州を結ぶ鉄道輸送ルートを利用し、ユーラシア大陸を横断するクロスボーダー鉄道輸送サービスを提供しています。
鉄道輸送は海上輸送よりリードタイムが短く、航空輸送よりもコストを抑えることが出来ます。当社は、鉄道輸送を航空輸送と海上輸送の中間に位置する「第3の輸送モード」として、お客様の多様化・高度化する物流ニーズに応える輸送商品の開発に取り組んでいます。
本セミナーでは、陸・海・空のグローバルネットワークを最大限に活用したアジア、欧州における取り組み、輸送サービスをご紹介いたします。
日本を含むアジア、欧州地域でのクロスボーダー輸送をご検討されているお客様のご参加をお待ちしております。
セミナーの詳細・お申し込みはこちら
https://www.nittsu.co.jp/lp/201803_seminar/
東京電力パワーグリッド(株)
2019年度採用計画について(2月21日)
東京電力ホールディングス株式会社、東京電力フュエル&パワー株式会社、東京電力パワーグリッド株式会社、東京電力エナジーパートナー株式会社の4社(以下、「4社」)は、エネルギー業界を取り巻く事業環境の変化などの動向を踏まえ、2019年度に320人の人財を採用する計画を取りまとめました。
4社は、新卒採用に加え、豊富な技術・技能、知識、能力を有する社外経験者のキャリア採用や女性採用を引き続き推進し、将来にわたり福島原子力事故の責任を全うするとともに、企業価値向上を実現していく人財を積極的に確保してまいります。
また、福島復興のために継続的な雇用について最大限貢献していくという観点から、福島県内の大学・短期大学・高等専門学校・高等学校などから25人程度の採用を目指してまいります。
なお、4社の内訳については、今後、各社の事業計画を踏まえて決定する予定です。

募集要項等の情報は、2018年3月1日以降、東京電力ホールディングス株式会社ホームページ採用サイトに掲載する予定です。
(ホームページアドレス:http://www.tepco.co.jp/personnel/index-j.html
旭化成(株)
「上熊本ハイツ建替事業」が本格始動(2月21日)
2016年4月に発生した熊本地震により被災した「上熊本ハイツ」について、2017年12月25日にマンション建替法に基づく「上熊本ハイツマンション建替組合(理事長:福田 司明)」の設立が認可され、2018年1月21日の設立総会により正式に発足、2020年夏の竣工を目指した建替え事業を本格的に始動しましたのでお知らせいたします。なお、熊本市で被災した分譲マンションで同法を使った建替え事例は本事業が初(不動産経済研究所調べ)となります。
「上熊本ハイツ」は、1980年に熊本県住宅供給公社が分譲した築37年5棟100戸の団地です。熊本地震によって2棟が傾いたほか、その後の調査で他の棟にも杭の損壊などが見られ、団地全体が熊本市の罹災証明で全壊とされました。
一般的に被災マンションでは区分所有者が復興に向けた活動に取り掛かるまでに時間がかかり、早期に建替えの合意形成をすることは困難な場合が多いのが現状です。しかし今回のケースでは、被災前から管理組合活動を通して住民同士の強いつながりが培われてきたことなどから、全住民が避難を余儀なくされるなかでも管理組合が震災直後の5月に「復興特別委員会」を立ち上げ被災後の対応について早急な議論を開始し、住民全体の説明会のほか個別面談などがスピード感をもって繰り返されました。また、国や県の協力を得た熊本市の尽力により優良建築物等整備事業の補助対象としていただいたことや、住宅金融支援機構の高齢者向け返済特例制度なども復興の検討を進める大きな役割を果たしました。結果、公費解体受付期限前の2017年9月24日にマンション建替え決議が成立し、早期再建を実現できることとなりました。
今後は、組合設立と同時に参加組合員に選定した旭化成不動産レジデンス株式会社(本社:東京都、代表取締役:池谷 義明)とともに建替え事業を進めていきます。建替え前は5棟100戸(4階建2棟、5階建3棟)だった団地が14階建1棟184戸のマンションに生まれ変わり、区分所有者の7割以上が再建後のマンションを再取得する意向です。今後も住民同士のコミュニケーションを大切にしながら、本事業が分譲マンションの震災復興のモデルケースとして高く評価されるよう防災・備災に優れた計画を推進してまいります。
日本通運(株)
東京ディズニーランド®「イッツ・ア・スモールワールド」のリニューアルオープンを記念し、ラッピングトラックを全国で35台導入 ~あなたの街にも、Happiestなトラックがやって来るかも!?~(2月20日)
当社は、2018年4月15日に東京ディズニーランドで提供しているアトラクション「イッツ・ア・スモールワールド」がリニューアルオープンを迎えることを記念して、2月12日(月)からラッピング車両の運行を開始します。
今回のラッピングは、東京ディズニーリゾート®が同日に開催35周年を迎えることから、車体の左右を異なるデザインとし、それぞれの記念日をお祝いしています。夢のあるデザインで街を走るトラックを目にしたあなたには、Happiestな一日が待っているかもしれません。
昭和電工(株)
神奈川県「企業・障がい者就労支援機関合同研修会」で講演を行いました(本社)(2月20日)
1月31日、神奈川県障害者雇用促進センターの主催による「企業・障がい者就労支援機関合同研修会」にて、当社ダイバーシティグループが「発達障がい者の雇用事例について」のテーマで講演しました。
ダイバーシティグループでは、2015年にジョブサポートチームを立ち上げ、知的・精神・発達障がいを持つ方の雇用・育成・定着に取り組んでいます。業務の幅を広げるため、2016年より、名刺や社内資料の印刷業務を開始し、2017年には社内から約3000件受注できました。社外印刷業者に比べ小ロット・短納期・低価格で対応しており、社内から好評を得ています。
講演では、発達障がいを持ち、現在は印刷業務を主担当している従業員について、入社前実習から現在の活躍に至るまでの会社の取り組みや本人の努力などを紹介しました。障がい者雇用を検討する企業、就労移行支援機関や支援学校及び行政機関より90名近くのみなさんにご参加いただきました。
終了後には、参加者の方より、「発達障がい者の採用を見極めるにはどうしたらよいか?」などの質問があり、「入社前の実習を通じ、会社と本人との相性をお互い十分に確かめることがスムーズな就労開始につながる」とお答えしました。
当社ダイバーシティグループでは、今後も知的・精神・発達障がいを持つ方の雇用・育成を通し、社内外に貢献していきます。
日本通運(株)
NEXロジスティクスインドネシア、ゴーベル工業団地に新倉庫を建設(2月19日)
当社の現地法人、NEXロジスティクスインドネシア株式会社は、1月24日(水)、西ジャワ州ブカシ県にあるゴーベル工業団地で、新倉庫建設の地鎮祭を執り行いました。
近年、インドネシアでは経済発展に伴い、購買力のある中間層による耐久消費財の活発な国内消費が期待されており、ジャカルタ都市部における販売網の強化が求められています。
お客様の販路もジャワ島都市部に加え、島嶼部への強化が本格化しています。また、インドネシアにおける製造業は、海外向け半製品・完成品生産へのシフトがさらに進むと見込まれます。
同工業団地は、今後さらなる成長が期待されるジャカルタ中心部に隣接し、主要港であるタンジュンプリオク港、スカルノ・ハッタ国際空港に近く、アクセスが優位な立地です。
NEXロジスティクスインドネシアでは、同地域での航空・海運フォワーディング、国内販売物流、製造物流(ジャストインタイム納品)、冷凍・冷蔵保管や定温輸送など物流全般の顧客ニーズに応えるため、拠点の新設を決定しました。
当社は、今後ますますの成長が見込まれる南アジア地域でのロジスティクス機能を強化するとともに、トータルでお客様のニーズにお応えし、「グローバルロジスティクス事業の更なる拡大」に努めます。
・開業予定:2019年3月
東京ガス(株)
電子商取引(EC)サイト「東京ガスWebショップ」開設について~ガス機器・ガス機器関連部品のウェブ販売を開始~(2月19日)
東京ガス株式会社(以下「東京ガス」)は、このたび、ガス機器*¹およびガス機器関連部品を販売する電子商取引(EC)サイト「東京ガスWeb(ウェブ)ショップ」(以下「本サイト」)を開設し、2月20日より、販売を開始します。
東京ガスは、これまで長年に亘り、ガス機器の販売・修理等を通じ、安全かつ快適にご使用いただけるガス機器の普及促進に取り組んできました。今回、「ウェブで申し込みや決済を行いたい」といった共働き・子育て世帯を中心としたお客さまニーズを踏まえ、本サイトを開設しました。
本サイトは、24時間365日、注文からクレジットカードによる決済に至るまで、パソコンおよびスマートフォンからの手続きが可能な電子商取引サイト*²です。また、支払い金額に応じて「パッチョポイント*³」を付与し、貯まったポイントは、本サイトでの新たな支払いとしての使用、東京ガスオリジナルグッズおよび提携ポイント等への交換が可能となります。
なお、2018年度中に、新たにガス給湯器、ビルトインコンロおよび関連部品・グッズの販売を開始するとともに、ガス機器の販売・修理等により東京ガスグループとして積み重ねてきたノウハウおよび情報、ならびにガス機器に関する情報管理サービス*⁴と、本サイトにおけるサービスを組み合わせることで、お客さまに最適な商品の提案を行っていく予定です。さらに、将来的には、購入時の会員登録等の手間をより簡便化するといった利便性の向上に努めるとともに、暮らしに役立つ様々な商品およびサービスも取り扱う等、本サイトの拡充・拡大を図っていきます。
東京ガスは、今後も、本サイトにおいてお客さまのご要望に応じたサービスを提供することを通じ、お客さまの安心・安全かつ豊かな暮らしづくりに貢献してまいります。
*1 ガステーブルおよびファンヒータ等が取り扱い商品。
*2 本サイトの利用対象は、東京ガスとガス・電気いずれかの契約があり、毎月のガス・電気の使用量や料金の確認が可能な、ご家庭向けWeb無料会員サービス「myTOKYOGAS」へ登録しているお客さま。
*3 「myTOKYOGAS」の会員向けポイントサービス。
*4 株式会社トライグルが提供する、家電製品の取扱説明書や様々な情報を簡単に一元管理できるスマートフォンアプリ「トリセツ」と「myTOKYOGAS」の連携による、ご自宅のガス機器と家電製品の情報を一元管理できる無料サービスで、2017年10月より提供中。
昭和電工(株)
消防競技会選抜大会を開催しました(川崎事業所)(2月19日)
1月23日、昭和電工(株)川崎事業所 扇町地区にて、消防競技会選抜大会を開催しました。この競技会は、自衛消防隊の消火技能向上のために毎年開催しているもので、今回は扇町・大川・千鳥各地区の予選大会を勝ちあがった合計10チームが出場しました。
競技は1チーム3名で、延長したホースを用いて火事に見立てた的を放水して倒し、ホースを元通りに収納するまでの迅速さと正確さを競います。競技中、ホースのよじれや巻きの不良、伝達の不良などがあった場合には減点となり、競技タイムと減点タイムを合算した総合タイムで順位を決定します。
当日は、くじ引きで決定した順番で、1チームずつ競技を行いました。どのチームも日頃の訓練の成果を発揮し、キビキビとした動作と息の合ったチームワークで所定の動作をこなしていきました。
今後も川崎事業所では自衛消防隊の技能向上に取り組んでいきます。
JFEエンジニアリング(株)
タイで産業廃棄物発電プラントを受注(2月16日)
JFEエンジニアリング株式会社は、このたび丸紅株式会社(以下「丸紅」)から、廃棄物発電プラント(発電容量 8,630kW)を受注しました。このプラントは、タイ国南東部のへマラートチョンブリ工業団地内に建設され、産業廃棄物を受け入れる計画です。
今回受注したプロジェクトは、スエズ エンバイロメント社(仏)、WHA ユーティリティーズ アンド パワー社(泰)及びグロウエナジー社(泰)の合弁会社であるチョンブリ クリーン エナジー社が計画するものです。タイ国で発電プラントの建設実績を豊富に有する丸紅が元請となり、当社は主要機器の設計・調達および据付・試運転時のスーパーバイザー派遣を行います。
本件は、全世界で水処理・廃棄物発電事業を行う業界最大手スエズ エンバイロメント社が東南アジアで初めて実施する産業廃棄物発電事業で、排ガス規制値について欧州と同等レベルの厳しい基準が求められています。当社は、廃棄物の安定燃焼を実現する「ハイパー火格子」に加え、排ガス中のダイオキシン類や一酸化炭素を低濃度に抑制する「2回流ガス流れ」などの燃焼技術を保有しています。こうした技術の豊富な実績が高く評価され、今回の受注に至りました。
タイ国は、廃棄物の不法投棄の取締りを強化するとともに、固定価格買取制度(FIT)による再生可能エネルギーの導入を促進しています。同国をはじめとする東南アジア諸国では、一層廃棄物発電プラントの需要が高まることが予想されています。これからも当社は、世界各地のニーズに合わせ様々な環境プラント技術を提供し、循環型社会の形成及び環境保全へ貢献してまいります。
■受注概要
(1) 発注者   : 丸紅株式会社
(2) 最終需要家 : チョンブリ クリーン エナジー社
(3) 建設場所  : チョンブリ県シラチャー市ボーウィン地区
(4) 処理規模  : ストーカ式360t/日×1炉(最大処理量)
(5) 契約納期  : 2019年12月末
(株)浜銀総合研究所
「わが国経済の見通し2018年度・2019年度(2018年2月改訂)」(2月16日)
-18年度の成長率が+1.2%、19年度が+1.0%と景気の回復基調が続く-
2017年10~12月期の実質GDP(国内総生産、1次速報)は、前期比+0.1%(同年率+0.5%)と、小幅ながら8四半期連続のプラス成長となった。内訳をみると、個人消費は雇用・所得情勢の着実な改善に加え、耐久財の買替え需要の発現なども後押しとなり、前期比+0.5%と再び増加した。また世界経済の回復や好調な企業業績を背景に、設備投資が前期比+0.7%と5四半期連続で増加した。さらにアジア向けの資本財・部品輸出が全体を けん引する形で、輸出も同+2.4%と6四半期連続で増加した。
今後の景気を展望すると、2018・2019年度の日本経済は回復基調で推移すると見込まれる。すなわち、企業部門では米国を中心とする海外経済の拡大や、世界的な半導体の需 要増加などに支えられ、輸出が増加基調で推移しよう。また良好な収益環境の中、企業の投資に対する前向きな姿勢も崩れず、設備投資も堅調に推移するとみている。他方で、家計部門では雇用・所得情勢の改善が今後も個人消費を下支えしよう。加えて、東京オリンピックなどの各種イベントが消費マインドの改善に寄与し、耐久財の買替え需要と相まって個人消費を押し上げると見込んでいる。また、2019年10月に予定されている消費税率の引き上げ(8%→10%)は個人消費に逆風として働くものの、前回2014年と比べ引き上げ幅が小さいことなどを勘案すると、個人消費の腰折れにつながることはないと考えられる。なお、政府部門では国内経済が堅調に推移する中で、大型の経済対策が今後打ち出される可能性は低いとみられ、公共投資は先行き減少を予測する。以上を踏まえて、2018年度の実質GDP成長率を+1.2%、2019年度を+1.0%と予測した。
こうした状況下、日本経済のリスク要因として、まず「米長期金利の上昇」が挙げられる。財政悪化懸念などにより米長期金利が急上昇すれば、米国株の大幅な調整を伴って、世界経済のけん引役である米国経済の拡大にブレーキがかかろう。また、2018年11月の「米中間選挙」もリスク要因である。その結果次第では、トランプ米大統領の政策実現性に対する不透明感が高まり、世界的な株安など混乱が生ずる恐れがある。
東京電力パワーグリッド(株)
大雪により被災された皆さまに対する託送供給料金等の特別措置について(2月16日)
このたびの大雪により被災された皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。
当社は、連日の降雪の影響により、災害救助法が適用された地域に隣接する当社供給区域内の地域において、託送供給等約款における特別措置の設定を経済産業大臣に申請し、認可を受けました。
内容は以下のとおりです。
<対象>
本年2月14日、災害救助法が適用された地域(新潟県魚沼市)に隣接する地域(群馬県利根郡みなかみ町、同郡片品村)において被災された方に対して電気の供給を行なう小売電気事業者等の皆さまからのお申し出に応じて適用させていただきます。
<措置内容>
託送供給料金
1.接続送電サービス料金等の料金算定日の1ヵ月延長
2018年1月分(2月14日以降に支払期日を迎えるものに限る)、2月分および3月分の接続送電サービス料金,臨時接続送電サービス料金および予備送電サービス料金について、料金算定日を各々1ヵ月間延長いたします。
2.不使用月の接続送電サービス料金等の免除
被災時から引き続き全く電気を使用しなかった月の接続送電サービス料金,臨時接続送電サービス料金および予備送電サービス料金を6ヵ月間に限り、申し受けません。
3.工事費負担金の免除
被災時から引き続き全く電気を使用しないで、被災前の契約をこえない内容で新たに申し込まれた場合で、2018年8月末日までにお申し込みいただいたものについては、工事費負担金を申し受けません。
4.臨時工事費の免除
再建等のため、臨時接続送電サービスの利用を申し込まれた場合で、2018年8月末日までにお申し込みをいただいたものについては、臨時工事費を申し受けません。
5.被災により使用できなくなった設備の基本料金免除
災害により電気設備が一時使用不能となった場合、2018年8月末日までの間は、復旧するまで使用できない設備に相当する接続送電サービス料金および臨時接続送電サービス料金の基本料金ならびに予備送電サービス料金を申し受けません。
6.計量器等の取付工事費の免除
災害により引込線、計量器などの取付位置の変更を申し込まれた場合で、2018年8月末日までにお申し込みをいただいたものについては、初回の工事費を申し受けません。
なお、電気最終保障供給約款についても同様に、本日、特別措置に関する特例承認申請を経済産業大臣に行い、承認を得ました。
昭和電工(株)
近隣の中学校への出前授業を行いました(川崎事業所)(2月16日)
川崎事業所では、2017年12月1日に川崎市立京町中学校への出前授業を実施しました。この出前授業は、川崎区臨海部の多くの企業が参画している「川崎区企業市民交流事業推進委員会」が企画し、近隣の中学校を対象に年2回実施しているものです。
今回は当社を含め17の企業や団体が参画し、「働くこと」をテーマとした50分間の授業をそれぞれの教室で行いました。対象の中学2年生87名が各4~5名の班に分かれて参加し、講師と生徒一人ひとりの距離がとても近い授業となりました。
川崎事業所からは、講師として1名参加しました。授業の前半では、自身の学生時代の話を交えた自己紹介、工場で製造している製品やその身近な用途の紹介、現在の仕事についての紹介をし、後半で、『働くこと』について、ご本人や職場の意見をまっすぐな言葉で生徒たちに伝えていました。生徒たちは、工場特有の聞きなれない言葉にはやや首をかしげながらも、全体を通して真剣に耳を傾けていました。
授業終了後、代表の生徒から『働くことは大変なことだけど、頑張って取り組んでいけば、その分楽しいこともあるのだということが分かった』との感想があり、働くことに対して自分事として考えるきかっけになっていたようでした。
川崎事業所では、これからも地域貢献の一環として、同様に出前授業に積極的に協力していきます。
JFEスチール(株)
「1.5ギガパスカル級自動車用冷延鋼板」で平成29年度省エネ大賞を受賞~製品・ビジネスモデル部門で初受賞~(2月15日)
当社はこのたび、「省エネと衝突性能を両立させた1.5ギガパスカル級自動車用冷延鋼板」の功績により、「平成29年度省エネ大賞 製品・ビジネスモデル部門」(主催:一般財団法人 省エネルギーセンター、後援:経済産業省)の「資源エネルギー庁長官賞」を受賞し、2月14日に東京ビッグサイト(東京・江東区)にて表彰式が行われました。
「省エネ大賞」は、事業者や事業場等において実施した、他者の模範となる優れた省エネへの取り組みや、省エネルギー性に優れた製品並びにビジネスモデルを表彰するもので、日本全体の省エネ意識の拡大、省エネ製品の普及などによる、省エネ型社会の構築に寄与することを目的としています。うち「製品・ビジネスモデル部門」は、日本の産業、業務、運輸各部門において、国内で購入可能な優れた省エネルギー性を有する製品(要素製品及び資材・部品などを含む)、および省エネルギー波及効果の高いビジネスモデルなどを表彰する制度です。
1.受賞件名 「省エネと衝突性能を両立させた1.5ギガパスカル級自動車用冷延鋼板」
2.受賞理由 鉄鋼製造・輸送・プレス加工・自動車走行の各工程で、大きな省エネ効果が得られたことが高く評価されたため。
3.受賞概要 当社は、西日本製鉄所(福山地区)にある独自のWQ方式*連続焼鈍プロセス(JFE-CAL)を活用し、冷間加工用の鋼板としては世界最高強度の1470MPa級冷延ハイテンを2014年に量産開始しました。WQ方式の極めて高い冷却速度(1000℃/秒以上)を利用して高強度化し、遅れ破壊の原因となる合金の添加を極限まで低減することで、1470MPa級の高強度と優れた耐遅れ破壊特性を両立させています。 1470MPa級冷延ハイテンは、従来の980MPa級ハイテンに対し、2倍の降伏強度を有しており、優れた衝突性能を維持して大きな部品軽量化効果が得られます。同一の部品性能を従来よりも2割少ない素材の量で実現でき、鋼材製造・輸送・自動車走行の各工程で省エネに貢献します。また、室温でのプレス加工が可能であり、熱間成形工法で必要だった加熱工程を省略することで、生産性向上・省エネに貢献します。
* WQ方式:水焼入れ。Water Quenchの略。
東京電力パワーグリッド(株)
「株式会社エナジーゲートウェイ」の設立について~4月1日よりIoTプラットフォームサービスを開始~(2月15日)
東京電力パワーグリッド株式会社(以下、「東電PG」)は、本日、住宅内等の電気使用状況などの情報を収集・蓄積・分析・加工することのできるIoTプラットフォーム*¹を提供する新会社「株式会社エナジーゲートウェイ」(以下、「エナジーゲートウェイ」)を設立し、4月1日より営業を開始いたします。
東電PGは、情報技術の急速な進化、分散型電源の普及、高齢化など大きく変化する事業環境においても、新たな価値を創出し続けるため、送配電事業で培った技術・ノウハウやアセットなどを最大限に活用し事業領域拡大の取り組みを進めています。
このたび、昨年度から行ってきた実証試験*²で事業化の見通しを得られたことから、変革著しいIoTビジネス業界に追従する経営スピードを実現し、更なるサービス拡大を図るため、IoTプラットフォームでサービスを提供する新会社を設立することとしました。
エナジーゲートウェイは、センサーから得られた電力等のデータを、IoTプラットフォームで収集・分析・加工し、サービスを行う事業者に提供することで、事業者とそのサービスの利用者を繋ぎ、新たな価値の創出を実現していきます。
具体的には、これまで賃貸住宅事業者と実証試験を行ってきたIoTプラットフォームによる、電力等のセンサーデータの収集およびその加工結果の提供や、スマートスピーカーとの連携による新たなサービスなどを4月1日より提供します。将来的には医療・介護や警備などの多様なサービスの創出に貢献していきます。
また、エナジーゲートウェイは、機器分離技術*³を保有するインフォメティス株式会社との業務提携(2017年6月20日お知らせ済み)をより一層強固にするとともに、新たな技術の取り込みや各種プラットフォームとの連動など、あらゆるパートナーとの連携を積極的に進め、様々な事業者に新たなビジネス環境を提供していきます。
エナジーゲートウェイは東京電力グループの事業領域拡大へ向け、さらなる競争力強化・企業価値向上に取り組むとともに、IoTプラットフォームを通じてさまざまな事業者と連携し、全国のお客さまの便利で安心な暮らしの実現に貢献していきます。
*1 センサーデータを収集・蓄積・加工するためのシステムおよびサービスの総称
*2 プレスリリースにてお知らせ済み
(2016年11月7日、2017年6月20日、2017年10月11日)
*3 住宅全体の電気使用状況から家電製品の種類ごとの利用情報を抽出する技術
東京ガス(株)
都市生活レポート 東京ガスの「浴育のすすめ」シリーズ『親子入浴のすすめ』・『「入浴×美容」のすすめ』を発行(2月15日)
東京ガス株式会社(以下「東京ガス」)都市生活研究所*¹は、都市生活レポート東京ガスの「浴育のすすめTM」*²シリーズ『親子入浴のすすめ』、ならびに『「入浴×美容」のすすめ』を発行しました。
入浴は、欠かせない生活行為の一つであり、生涯続くものです。東京ガスは、幼い時期から高齢期までライフステージに合わせた効果的な入浴方法やお風呂の楽しみ方について、「浴育のすすめTM」シリーズとして提案しています。
『親子入浴のすすめ』では、アンケート結果を分析し、お風呂ならではの親子の過ごし方や快適な親子入浴のための環境づくりについて、また、『「入浴×美容」のすすめ』では、アンケート結果や被験者実験の結果をもとに、洗面室に着目した美容視点のニーズや、入浴による肌への効果を引き出すための入浴後の過ごし方について、ご紹介します。
*1 東京ガス都市生活研究所は、1986年に社内シンクタンクとして設立されて以来、生活者の立場から食生活や入浴、家事、室内環境など、エネルギー利用に関わる暮らしのあり方を考え、提言することを目的に研究を行っています。
*2 「浴育のすすめ」は東京ガスの登録商標です。(登録第5307196号等)
都市生活レポート『親子入浴のすすめ』、『「入浴×美容」のすすめ』は、以下の都市生活研究所ホームページよりダウンロードが可能です。
『親子入浴のすすめ』http://www.toshiken.com/report/hot38.html
『「入浴×美容」のすすめ』http://www.toshiken.com/report/hot39.html
東亜建設工業(株)
モザンビークで大型港湾工事を受注(2月15日)
五洋建設株式会社と東亜建設工業株式会社の共同企業体は、このほどモザンビーク共和国運輸通信省より「ナカラ港開発Ⅰ・Ⅱ期工事」を受注しました。当工事は既存のナカラ港を浚渫(土量260,000m³)および埋立(土量214,600m³)することにより港湾エリアを拡張するとともに、コンテナ専用埠頭、アクセス道路および構内鉄道等を整備するものです。受注金額はJVで約256億円、工期は36ヶ月の予定です。
モザンビーク北部に位置するナカラ港は、水深が深く、静穏度の高いアフリカ南東部随一の天然の良港です。背後地には豊富な天然資源や肥沃な農地を抱えており、民間ベースの投資活動や資源探査等も活発化しています。また、海を持たない内陸国のマラウイやザンビアにも通じており、ナカラ港の輸送能力を強化することは、同港を起点とするナカラ経済回廊地域の発展・活性化のみならず、日本への天然資源や農産物の供給基地としても大いに期待されます。
ナカラ港は完成から約40年が経過して施設および機材の老朽化が著しく、荷役効率や運営維持管理能力、安全性など多くの課題を抱えています。今回の工事は、わが国の円借款により、コンテナ専用埠頭(-14m岸壁、延長400m)などを整備し、ナカラ港の機能拡充を図るものです。
日本政府は「質の高いインフラ輸出」を通じて、アジアとアフリカの連結性強化を推進しており、2016年8月に開催された第6回アフリカ開発会議(TICAD Ⅵ)において、アフリカに対する官民約300億ドル規模の投資が表明されています。モザンビークに対しては「回廊開発を含む地域経済活性化」が援助重点分野として掲げられており、わが国のODA無償援助による「ナカラ港緊急改修工事」(五洋建設株式会社施工、2015年10月竣工)に続く当工事によって、ナカラ港が現代的設備を備えたナカラ経済回廊のゲートウェイとして、地域の発展、活性化に貢献することが期待されます。
五洋建設ならびに東亜建設工業は、国内外で培ってきた技術力を活かして、今後も同国のみならずアフリカの更なる発展に貢献してまいります。
旭化成(株)
旭化成とエアークローゼットが共同で製品開発!(2月14日)
旭化成株式会社は株式会社エアークローゼット*¹と、ファッションレンタルサービス『airCloset』の3周年を感謝したキャンペーン『3周年ありがとうキャンペーン』の第2弾のタイアップ施策としてオリジナル製品の共同開発を実現しました。
<キャンペーン概要>
・キャンペーン名 「『airCloset』3周年ありがとうキャンペーン」第2弾
・対象期間 2018年2月14日(水)~2月28日(水)23:59
・対象者 airCloset月額会員(レギュラープラン・ライトプランいずれも対象)
*キャンペーン期間中に新規会員登録された方も対象
・内容 キャンペーンページの「製作秘話」を読んで専用フォームよりご応募いただいた方の中から、1,500名様にairCloset×Asahi Kasei共同開発のオリジナルペチコートをプレゼント。当選者へは3月以降、クロネコDM便にて順次発送。
<背景>
今回タイアップするにあたり、両社の「いちキャンペーンに止まらず、女性が本当に心から喜んでいただけることをしたい」という思いが一致し、共同開発に至りました。
『airCloset』では女性のファッションライフのワンランクアップを応援するサービスを提供しており、当社も「ベンベルグ」*²を通じて女性向けアイテムの着心地を日々研究しております。今回の共同開発では「繊維から女性のライフスタイルを考える」ことをテーマに、さらに毎日のファッションの楽しみを広げるアイテムであるインナーを開発し、これまでにない新しい切り口で女性のライフスタイル支援を目指しました。そこで、製品開発にあたり、かねてから『airCloset』によせられていた、「スカートの静電気が気になる」ことや「表地への汗染みが心配」という女性のファッションのお悩みを解決するために、「ベンベルグ」の肌触りの良さや、制電性、吸湿性能などの特性と、『airCloset』のこれまでに蓄積してきたお客様からのフィードバックを分析したデータを組み合わせることで、多くの女性がどんなシーンでも利用できる最適なデザインのオリジナルペチコートを開発しました。
共同開発秘話を大公開!特設キャンペーンページはこちら
<オリジナルペチコート概要>
ペチコートは、裏地のない洋服や静電気の起こりやすい冬のコーディネートに合わせるだけで、洋服自体の着用感を快適にするお助けアイテムです。「幅広い洋服で使っていただける万能デザイン」をコンセプトに開発しました。一着あるだけでこれまでのファッションのお悩みを解消し、毎日の着こなしをワンランクアップするアイテムを新たに提案します。
こだわりポイント
・デザイン・機能
 大人の女性が使いやすい50cm丈(ミモレスカートや膝丈スカートにぴったり)
 サイドスリットで、働く女性や子育て・家事に動き回るママの「体の動き」にもフィットするデザイン
 ブラックカラーでダークトーンが増える寒い時期のファッションに
・スタイリング
 タイトからフレアまで、様々な洋服のシルエットに似合うデザイン
 着用時の「静電気」や「花粉・ほこりの寄せ付け」を防ぎ、快適な着用感に
・繊維
 世界で旭化成だけの技術による「ベンベルグ」を使用
 安心安全の日本製
 寒い時期の女性のナイーブな肌に優しい製品
 自宅で洗濯ができて安心。洗濯をしても機能が低下しにくく長年使用が可能
・株式会社エアークローゼット:
 日本初・国内最大級、女性向けの月額制ファッションレンタル『airCloset(エアークローゼット)』をメインとするプロのスタイリストによるパーソナルスタイリングサービスの運営会社です。その他、実店舗の『airCloset×ABLE(エアークローゼットエイブル)』、新しい購買体験をしていただける『pickss(ピックス)』で、全国の女性のライフスタイルに寄り添うファッションとの新しい出会いをお届けし続けています。
<会社概要>
・社名 株式会社エアークローゼット(airCloset, Inc.)
・設立 2014年7月15日
・代表者 代表取締役社長 兼 CEO 天沼 聰
・所在地 〒107-0062 東京都港区南青山3-1-31 NBF南青山ビル5F
・URL https://corp.air-closet.com
「ベンベルグ」:
コットンリンターから生まれたキュプラ繊維のブランド名。天然繊維が持つやさしさと、化学繊維が持つ機能性を兼ね備えた希少な繊維として世界のトップブランドで最高級裏地として採用されている。また、高機能性とエコロジー性という素材特性を活かし、ファッション衣料のみならず、インナーウエア、スポーツウエア、寝装分野など、様々な用途分野で製品化されている。当社は1931年より製造を開始。現在では旭化成が世界で唯一の製造販売者となっている。
JFEエンジニアリング(株)
東京ガス株式会社の茨城幹線ガスパイプライン工事を受注(2月13日)
JFEエンジニアリング株式会社は、このたび東京ガス株式会社(以下「東京ガス」)より、茨城幹線ガスパイプライン工事を受注しました。
東京ガスは、エネルギーインフラの整備を加速させており、日立LNG基地と茨城県神栖市を結ぶガスパイプライン「茨城幹線」の建設を進めています。茨城幹線の開通により、関東圏全域に張り巡らせる高圧ガスパイプラインのループ化が完成し、エネルギー供給の安定性が向上します。
また、今後さらに導管延伸が進むことにより、天然ガスの普及拡大や発電需要が喚起されることになると考えられます。
このプロジェクトは2020年度の竣工を目指すため、従来のガスパイプライン工事と比較し工期を約2/3に短縮する必要があります。当社は、これまでに培ったパイプライン施工技術に加え、短工期に応える施工能力が評価され、全長約92kmのパイプラインのうち約80km を受注しました。
電力・ガス自由化により、様々なエネルギー事業者のパイプライン網の整備需要は今後ますます高まると予想されます。当社は、これからも国内外で拡大の見込まれる天然ガス関連施設の需要に、豊富な実績と最先端の技術で積極的に対応してまいります。
■受注概要
・工事件名:茨城幹線 ガス管埋設・溶接工事
・工事内容:ガス管敷設工事 口径600A×圧力7Mpa×約80Km
・竣工  :2021年3月
昭和電工(株)
アルミ缶リサイクル活動チャリティ基金を彦根市社会福祉協議会に寄付しました(彦根)(2月13日)
1月25日、昭和電工(株)彦根事業所と彦根地区の関係会社*¹ の従業員より、アルミ缶リサイクル活動で得たチャリティ基金104,552円を彦根市社会福祉協議会へ寄付しました。寄付金は同協議会を通じて、市内6カ所の「子ども食堂」*² の運用等に役立てられます。彦根地区では、地域との協調を大切にしており、今後も活動を継続して地域に貢献していきます。
*1 昭和アルミニウム缶(株)彦根工場、昭和電工パッケージング (株)彦根工場、FSP(株)彦根工場
*2 子どもやその親に対し、無料または安価で栄養のある食事や温かな団らんを提供するための社会活動
JFEエンジニアリング(株)
英国スコットランドで廃棄物発電プラントを受注~高稼働率プラントをフルターンキーで提供~(2月9日)
JFEエンジニアリング株式会社の子会社スタンダードケッセル・バウムガルテ社(以下「SBG社」)は、このたびMVVエンバイロメントサービス社*¹より英国スコットランド、ダンディー市で廃棄物発電プラントの設計・建設・試運転をフルターンキーで受注しました。
英国では、依然として約50%のごみが埋立処理されており、同国の環境政策と処分場の逼迫により、大きな問題となっています。こうした背景に加え、ごみ焼却時の廃熱も有効活用できる廃棄物発電プラントの建設が進んでいます。
今回SBG社が受注したプラントは、1炉で日量329tの廃棄物を処理し、一般家庭約2万世帯分の電気を発電するとともに、隣接するミシュラン社タイヤ工場へ蒸気を提供します。
SBG社はこれまで、欧州を中心に115件に及ぶ廃棄物発電プラントの建設を行なってまいりました。こうした実績に加え、ボイラの熱回収率を高水準で維持できるボイラクリーニング技術や、英国プリマス市に納めた廃棄物発電プラント*²が高稼働率で維持していることが高く評価され、今回の受注に至りました。
JFEエンジニアリンググループは、グループの総合力を結集し、今後も世界各国で廃棄物発電プラントの提案を進め、循環型社会の形成に貢献してまいります。
*1 ドイツの大手ユーティリティ企業MVVエナジー社が設立した特別目的事業体。
*2 2015年にSBG社が建設したMVVエンバイロメントサービス社が運営する廃棄物発電プラント。
■受注概要
(1)発注者 MVV Environment Services Ltd.
(2)受注範囲 フルターンキーEPC(土建含む)
(3)処理規模 329 t/日×1炉
(4)発電出力 11MW
(5)工  期 2017年11月~2020年
■MVVエナジー社 会社概要
(1)本  社 ドイツ国マンハイム市
(2)従業員数 約6,100人
(3)事業内容 再生可能エネルギー発電所の開発・運営
日本通運(株)
台湾日通、創立30周年記念式典を開催(2月9日)
当社の現地法人、台湾日通国際物流股份有限公司(董事長兼総経理:梶井雅章 以下、台湾日通)は、創立30周年を記念し、2月3日(土)、台北市にて記念式典を開催しました。
式典には、横田光弘日本台湾交流協会副代表、経済部(経済産業省)の沈榮津部長(経済産業相)や中華民国工商協進会名誉理事長の黄茂雄東元グループ会長など台湾政財界をはじめ、当社と関係の深いお客様やパートナー企業などを来賓として迎え、当社の齋藤充社長、東アジアブロック地域総括の杉山龍雄常務執行役員ら総勢約200名が出席しました。
式典で台湾日通の梶井董事長は、これまでご支援を頂いたお客様や関係先、パートナー企業、従業員に感謝を申し上げるとともに、新たな事業展開としてトラック事業ライセンスを取得し、自社トラックによる台湾国内の輸送業務を開始、また桃園エリアの倉庫において保税ライセンスを取得し、保税物流サービスを展開すると述べました。
台湾日通は、お客様、そして台湾のより良い未来の実現に向けて、新たなサービスを提供し、グループ企業理念に掲げる「物流から新たな価値を創る」ことを目指します。
東京ガス(株)
四街道12A地区における供給ガスの13Aガスへの熱量変更時期の変更について(2月9日)
東京ガス株式会社(以下「東京ガス」)は、四街道12A地区(千葉県四街道市)において、2020年3月より、東京ガスのガス導管からの13Aガス供給に切り替える*こととしていましたが、このたび、全社システム改修の影響を考慮し、供給切り替え時期を2020年8月に変更することといたしました。
* 四街道12A地区に供給しているガスは、国際石油開発帝石株式会社および関東天然瓦斯開発株式会社から 受け入れていますが、供給安定性の向上やお客さまのガス機器購入の際の選択肢拡大等を目的として、東京ガスのガス導管からの供給に切り替えることにより、標準熱量が現行の約38.5MJ(メガジュール)/m3から 45MJ/m3に引上がり、ガスの種類が13Aになるもの。
・お客さまのお問合わせ先
(1)お問合わせ先:043-483-0800 (東京ガス佐倉支社)
(2)受付時間:午前8時45分から午後5時30分(土日祝日・年末年始等は受付いたしません。)
・今後のスケジュール(予定)
 2017年4月~2018年8月:準備作業(ガス機器の使用状態調査等)
 2018年9月~2020年8月:熱量変更作業(ガス機器の調査・点検・調整等)
 2020年8月:13Aガス(45MJ/m3)への切り替え
 2020年8月~2020年11月:13Aガス供給後のガス機器の点検作業
昭和電工(株)
人権講演会を開催しました(大町事業所)(2月9日)
1月15日、大町事業所では人権講演会を開催しました。2016年度に施行された人権課題に関わる3つの法律*の中から“障害者差別解消推進法”を取り上げ、中信教育事務所生涯学習課から講師をお招きして「ともに働き、ともに生きる職場・社会をめざして」というテーマでご講演いただきました。
講演は、「見ようとすること、知ろうとすることは、正しく相手を理解することにつながる」というメッセージから始まり、障害者差別解消推進法への理解を深めるだけでなく、「相手を理解する」ということを見直す講演会となりました。
講演の中で、障害者差別解消推進法が役立ったケースとしてメディアでも大きく報道された、格安航空会社と車いすを利用する乗客とのトラブルが紹介されました。このトラブルがきっかけとなって航空会社が障がい者への配慮に関する業務改善を行うことにつながった一方で、当事者とは関係ない人たちによって乗客に対する非難・中傷が拡散された事実や車いすを利用する第三者の意見が紹介され、法律が施行されてもまだまだ障がい者や障がい者を取り巻く環境への理解が足りていないことを感じました。
また、講演のところどころで隣の人と意見交換をするワークも行われました。参加者は4つの図形を見比べて仲間外れを見つけるワークや、宇宙人に「人間」を紹介するとしたらどのように伝えるか といったワークに挑戦しました。参加した皆さんは自分の考えを交換し合う中で、自分と他の人との視点の違いや、一人一人が「思い込み」を潜在的に持っていることに気づきました。
参加者は、講演会を通して障害者差別解消推進法への理解を深めるとともに、思い込みにとらわれず様々な立場に立って物事を見る・知ることの大切さを感じたようでした。
大町事業所では、今後も講演会などの機会をつくり人権や人権問題に対する理解を深めます。
* 2016年度に施行された人権課題に関わる3つの法律
障害者差別解消推進法  ヘイトスピーチ解消法  部落差別解消推進法
JXTGエネルギー(株)
東京2020ライブサイトin 2018 東京都内3会場に「ENEOSブース」を出展!!(2月8日)
当社は、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(以下、組織委員会)と東京都が主催する「東京2020ライブサイトin 2018」東京都内3会場に「ENEOSブース」を出展しますので、お知らせいたします。
本イベントは、平昌2018オリンピック・パラリンピック冬季競技大会期間中に全国各地の会場にて開催されます。平昌2018冬季大会の生中継を行うほか、様々なオリンピック・パラリンピック競技の体験、東日本大震災の被災3県や熊本県、区市町村と連携したイベント、東京2020大会・競技に関わる展示や飲食販売等が実施されます。
当社は、東京都内3会場で「ENEOSブース」を出展し、当社キャラクターであるエネゴリくんを用いたフォトスポットやオリジナルグッズを準備して皆さまをお待ちしております。また、1月13日から放映を開始したテレビCM「ENEOSエネルギーソング スピードスケート編・フィギュアスケート編」を放映します。ぜひお立ち寄りください。
当社は、平昌2018冬季オリンピック・パラリンピックで活躍が期待される日本代表選手団を応援するとともに、東京2020ゴールドパートナー(石油・ガス・電気供給)として、「ENERGY for ALL」を合言葉に、すべての人に「熱いエネルギー」をお届けする様々な活動を展開し、東京2020大会の成功に貢献してまいります。
<イベント概要>
1. 名称 東京2020ライブサイトin 2018
2. 内容
 ・平昌2018冬季大会の競技の生中継
 ・オリンピック・パラリンピック競技体験
 ・東日本大震災の被災3県や熊本県、区市町村と連携したイベント
 ・東京2020大会・競技に関わる展示
 ・飲食販売  等
3. 会場・日程
昭和電工(株)
第24回京浜地区人権問題研修会を開催しました(本社・川崎事業所・横浜事業所)(2月8日)
1月19日、川崎市産業振興会館にて、昭和電工(株)本社・川崎事業所・横浜事業所共催による「京浜地区人権問題研修会」を開催しました。
今回は、昨今の人権促進の大きなムーブメントの一つである『性的マイノリティ』をテーマとして取り上げ、「LGBTも働きやすい環境づくり ~職場のダイバーシティを考える~」という演題で、LGBTコンサルタントの増原裕子(ますはら ひろこ)様にご講演いただきました。
講演では当事者(レズビアン)であるご自身の生い立ちや、友人・家族へ初めてカミングアウトした際のエピソード、その一方で職場にはカミングアウトできずに常に葛藤やストレスを抱えながら働いていたというご自身の体験談をお話いただきました。続いて、LGBTの基礎知識について、LGBTと職場の課題について、LGBT対応の具体的なアドバイスについてコンサルタントとしての視点から講演いただきました。講演の最後には質疑応答の時間を設けていただき、参加者の質問に直接お答えいただきました。
参加者からは「自分の周りにLGBTの人は存在しないという思い込みがなくなりました」、「誰もが安心して働ける職場づくりのため、まず自分がアライ(理解者であることを示すこと)することから始めたい」といった肯定的な意見が多く寄せられました。
この『性的マイノリティ』というテーマはとてもセンシティブなテーマですが、本テーマを一過性の取り組みで終わらせることなく、継続課題として、引き続き取り組みたいと思います。
昭和電工グループは「社員の多様性(ダイバーシティ)を尊重した経営」を経営戦略の一つに掲げており、人権尊重をその根幹においています。今回取り上げた『性的マイノリティ』のテーマだけでなく、あらゆる視点から社員の多様性を尊重するための取り組みを今後も努めてまいります。
昭和電工(株)
「第3回 外食 FOOD TABLE」に出展いたします(2月8日)
昭和電工株式会社は、2月14~16日に幕張メッセで開催される「第3回 外食FOOD TABLE」にて植物工場システムを紹介します。
当社独自の高速栽培技術S法(SHIGYO®法)を実現する植物工場システムは、野菜の生産性が高く、低コスト生産が可能です。また高品質の葉菜類を安定的に高効率で生産することが可能です。展示会では植物工場システム、S法等のご紹介させていただきます。是非ご来場の際には当社ブースにお立ち寄り下さい。
【FOOD TABLE JAPAN 2018 「第3回 外食 FOOD TABLE」】
 ・会期:2018年2月14日(水)~16日(金) 10:00~17:00(最終日は16:00まで)
 ・会場:幕張メッセ ブース番号 1-204
旭化成(株)
国産初の腹部大動脈瘤ステントグラフトの共同開発契約を締結(2月8日)
東京慈恵会医科大学外科学講座統括責任者兼血管外科教授 大木 隆生、マニー株式会社(以下「マニー」)、旭化成株式会社(以下「旭化成」)、川澄化学工業株式会社(以下「川澄化学」)、および株式会社日本医療機器開発機構(以下「JOMDD」)は腹部大動脈瘤ステントグラフトに関する共同開発契約を締結しましたのでお知らせいたします。
本製品は、国産初の腹部大動脈瘤ステントグラフトであり、現在市販されている製品より、さらに細径化をはかることでより安全により多くの患者さんに低侵襲治療を提供できるという特長を有するものとして、日米欧の三極同時となる薬事承認取得を目指し研究開発を進めております。
今後5者は、大木教授を医学的アドバイザーとして、旭化成およびマニーの素材力と川澄化学のステントグラフト製造販売実績を活かし、JOMDDのサポートを受けて、まずは2020年の非臨床試験完了を目標に、開発を行ってまいります。
【腹部大動脈瘤治療および本製品の特長】
腹部大動脈瘤については、開腹し瘤を切除して人工血管に置換する手術(人工血管置換術)もしくは、ステントグラフトによる治療(ステントグラフト内挿術)が行われています。本製品は、現在市販されている製品と比較してデリバリーシース(カテーテル)の細径化を実現し、これまでの全身麻酔と外科的切開術(カットダウン法)とは異なる経皮的アプローチによりステントグラフトを挿入できることで、より低侵襲での施術がより多くの患者さんに可能になると考えられます。
JFEエンジニアリング(株)
ドイツで廃熱回収ボイラを受注(2月7日)
JFEエンジニアリング株式会社の子会社スタンダードケッセル・バウムガルテ社(以下「SBG社」)は、このたびドイツ国ケルン市の石油化学メーカーであるイネオス マニファクチャリング ドイチュランド社(以下「イネオス社」)より廃熱回収ボイラを受注しました。
イネオス社は、ナフサと天然ガスからエチレン等の製品を生産するプラントにおいて、生産過程で発生する残余ガスを燃料とするボイラを使用しています。同社は、更なるエネルギー効率の向上と環境負荷の低減のために、このボイラの更新を検討していました。
今回SBG社が受注したのは、圧力108気圧、温度530℃の蒸気を毎時240t生成する廃熱回収ボイラで、既存のボイラを置き換えるものです。発生する蒸気は、発電と石油化学製品の製造に用いられます。発電された電力は、同プラントで使用される電力の1/3を賄います。
SBG社はこれまで、欧州を中心に100件以上の廃熱回収ボイラの建設を行なってまいりました。こうした実績に加え、今回のプロジェクトでは、残余ガスを適正に燃焼させる高温燃焼技術等が高く評価され、受注に至りました。
JFEエンジニアリンググループは、今後も世界各国で多様化するお客様のニーズに最適な技術を提供してまいります。
■受注概要
(1)発注者 イネオス マニファクチャリング ドイチュランド社
(2)受注金額 約80億円
(3)工期 2017年11月から35ヶ月
■イネオス マニファクチャリング ドイチュランド社 会社概要
(1)資本金 551百万ユーロ
(2)従業員数 約2,000人
(3)事業内容 化学工業用の主要製品の供給、石油精製品の製造、液体・気体燃料および関連製品の卸売
昭和電工(株)
中国現法コンプライアンス研修を開催しました(昭和電工管理(上海))(2月7日)
昭和電工管理(上海)では、2017年8月25日から4カ月をかけて、10社の中国現法の従業員を対象としてコンプライアンス研修を開催しました。
研修は各現地法人において計12回行いました。内容は「国際社会一人として自覚的誠実的に行動を行おう」、「グループ全従業員が実力を発せる企業環境を構築しよう」の2つで構成され、具体的には契約内容の交渉、締結、押印時の注意点、会社の資産利用時の注意点、商業賄賂、収賄等について講義しました。
参加者は、研修の内容が自己の仕事に密に関わる内容と理解し、説明者に対して積極的に質問をしたり、写真を撮るなど、研修内容を学んで仕事に活かそうという意欲が表れていました。
コンプライアンス研修終了後に感想を調査した結果、参加者から高い満足をいただけたことが分かりました。2018年から、その他の中国現地法人にも普及していく予定です。
JXTGエネルギー(株)
釧路LNGターミナルの共同利用および基地運営会社設立について(2月6日)
当社と北海道ガス株式会社は、当社所有の釧路LNGターミナルを本年4月から共同利用することに合意し、同ターミナルの運営を行う「釧路エルエヌジー株式会社」を設立しましたので、お知らせいたします。
これまで両社は、釧路LNGターミナルの運営効率の向上と北海道道東地区における天然ガス・LNG供給体制のさらなる強化および普及拡大を目指し、釧路LNGターミナルの共同利用および両社共同出資の基地運営会社の設立について、検討を進めてまいりました。
今後は、本年4月からの釧路LNGターミナルの共同利用および新会社の事業開始に向け、準備を進めてまいります。
東京ガス(株)
住友化学愛媛工場内でのLNG基地事業の事業化決定について ~「新居浜LNG株式会社(仮称)」の設立~(2月6日)
東京ガスエンジニアリングソリューションズ株式会社(以下「TGES」)、四国電力株式会社(以下「四国電力」)、住友化学株式会社(以下「住友化学」)、住友共同電力株式会社(以下「住友共同電力」)、および四国ガス株式会社(以下「四国ガス」)は、住友化学愛媛工場内に新たにLNG基地を建設し、住友化学愛媛工場構内および住友共同電力が新設する天然ガス火力発電所へガスを供給することを主とする事業(以下「本事業」)に関して、事業化決定したため、本日、共同事業契約を締結いたしました。
本事業は、2017年5月にTGES、四国電力、住友化学、住友共同電力の4社で共同検討を開始し、その後、地元企業である四国ガスもパートナーに加わり、5社で検討を深化してまいりました。
今後、5社の共同出資にて、2018年4月を目途に合弁会社「新居浜LNG株式会社(仮称)」(以下「新居浜LNG」)を設立し、LNG基地の建設を開始します。新居浜LNGは、同基地におけるLNGの受け入れやガス化等の基地操業を担うとともに近隣地区へのガス/LNG供給を目指していきます。
本事業は、LNG基地建設・運営等のエンジニアリングに関するノウハウを有するTGES、エネルギー供給を通じて四国地域の成長を目指す四国電力ならびに四国ガス、および省エネ・CO2削減によって環境負荷の低減を目指す住友化学ならびに住友共同電力が連携し、環境に優しい天然ガスの普及・拡大を図るとともに、安定的かつ効率的なエネルギー利用を行っていくものです。
これらを通じ、TGES、四国電力、住友化学、住友共同電力、四国ガスの5社は、地域の皆さまとの共生や、四国地域の発展に貢献してまいります。
・設立会社の概要
項目 内容
会社名 新居浜LNG株式会社(仮称)
本店所在地 愛媛県新居浜市
設立時期 2018年4月(予定)
役員 出資企業から派遣
資本金 107億円
出資比率 TGES50.1%
四国電力30.0%
住友化学9.9%
住友共同電力 5.0%
四国ガス5.0%
事業内容 ガス受託加工、LNG基地オペレーション&メンテナンス、ガス/LNG販売等

・LNG基地の概要
項目 内容
建設予定地 愛媛県新居浜市惣開町5番1号
設備概要 LNGタンク(23万kl)
外航船用海上バース
LNG気化器
ローリー出荷設備等
今後の主なスケジュール(予定) 2018年4月 合弁会社設立
2018年6月 建設工事着工
2022年2月 LNG基地操業開始
2022年7月 新居浜北火力発電所操業開始

・東京ガスエンジニアリングソリューションズ株式会社の概要
名称 東京ガスエンジニアリングソリューションズ株式会社
所在地 東京都港区海岸1丁目2番3号
代表者 代表取締役社長 高木 信以智(タカギ シンイチ)
事業内容 LNG受入基地、高中圧導管、ガス供給設備、発電設備、エネルギー利用設備等のエネルギー関連設備の計画・設計・施工・オペレーション・メンテナンス、関連する機器等の販売に関する事業、マッピング・周辺業務に関する事業、オンサイト・エネルギーサービス事業、地域冷暖房事業等
資本金 100億円(東京ガス株式会社100%出資)
設立年月日 2015年4月1日

・四国電力株式会社の概要
名称 四国電力株式会社
所在地 香川県高松市丸の内2番5号
代表者 代表取締役社長 佐伯 勇人(サエキ ハヤト)
事業内容 電気・情報通信・ガス供給事業 他
資本金 1,455億円
設立年月日 1951年5月1日

・住友化学株式会社の概要
名称 住友化学株式会社
所在地 東京都中央区新川2丁目27番1号
代表者 代表取締役社長 十倉 雅和(トクラ マサカズ)
事業内容 石油化学、エネルギー・機能材料、情報電子化学、健康・農業関連事業、医薬品、その他
資本金 896億99百万円
設立年月日 1925年6月1日

・住友共同電力株式会社の概要
名称 住友共同電力株式会社
所在地 愛媛県新居浜市磯浦町16番5号
代表者 代表取締役社長 山本 一心(ヤマモト カズムネ)
事業内容 電気および蒸気供給事業 他
資本金 30億円(住友化学株式会社52.5%出資)
設立年月日 1919年2月15日

・四国ガス株式会社の概要
名称 四国ガス株式会社
所在地 愛媛県今治市南大門町二丁目2番地の4
代表者 代表取締役社長 眞鍋 次男(マナベ ツグオ)
事業内容 ガスの製造、供給および販売 他
資本金 18億34万7,400円
設立年月日 1912年11月15日

・参考:住友共同電力が新設する天然ガス火力発電所の概要
名称 住友共同電力 新居浜北火力発電所
所在地 愛媛県新居浜市惣開町5番1号
原動力の種類 ガスタービンおよび汽力
発電出力 約15万kW
燃料の種類 天然ガス、副生ガス(水素)
運転開始予定時期 2022年7月
昭和電工(株)
「日中省エネルギー・環境総合フォーラム」で水素社会への取り組みについて紹介(本社)(2月6日)
2017年12月24日、東京で「第11回日中省エネルギー・環境総合フォーラム」が開催されました。
当日は、午前中に全体会議が行われ、世耕経済産業大臣をはじめとして日中両国の政府・企業・団体・専門家等、官民関係者合わせて約860名が参加して23案件の協力プロジェクトが紹介され、午後からは6つの分科会が開催されました。
その一つである「資源循環利用・ごみ分別処理等」分科会には約100名が参加し、日中双方から11の事例が紹介されました。当社からは『昭和電工川崎事業所の水素社会への取り組み』というテーマで、使用済みプラスチックのケミカルリサイクルによる水素の精製と、それを利用した環境負荷低減アンモニア(ECOANN ®)について講演しました。加えて、環境省が推進する地域連携・低炭素水素技術実証事業の一環としての当社と川崎市との取り組みなども紹介しました。
翌25日には当分科会の中国側メンバー約60名が川崎事業所に来場され、使用済プラスチックリサイクルプラント(KPR)を見学しました。使用済プラスチックの回収や水素の精製について専門的な質問も多く、中国における資源循環利用への関心の高さが伺われました。
(株)浜銀総合研究所
神奈川消費総合指数(2017年12月)(2月5日)
2017年12月の神奈川消費総合指数(実質)は前月比0.2%低下の102.1と低下に転じた。内訳をみると、乗用車の購入などは増加した一方で、生鮮野菜の価格高騰が響き食料の購入が手控えられた。また、エアコンなど家庭用耐久財への支出も減少した。
ただ、月々の振れをならした3か月後方移動平均値は同0.5%上昇と2か月連続で上昇しており、県内消費は持ち直し基調にあると判断される。
東京ガス(株)
「親子で学ぼう!東京ガスの防災体験ツアー」の開催 ~生き抜くための知識と技を身に付ける~ (2月5日)
東京ガス株式会社(以下「東京ガス」)は、2011年の東日本大震災から7年目となる3月11日に親子を対象とした防災体験ツアーを実施します。
東京ガスでは、快適で心豊かに暮らせる持続可能な社会の実現をめざし、お客さまや地域社会とともに、暮らしに関わる課題解決に向けて地域貢献活動を進めています。その活動の一環として、防災対策に関する情報提供や、体験型プログラムを通じて自助・共助の防災力を高めることを目的に防災イベントなどを開催しています。
今回は、品川区が運営する「しながわ防災体験館」と江東区にある「がすてなーにガスの科学館」をバスで移動し、さまざまな防災体験プログラムを体験します。発災時、発災後に自力で生き抜くために必要なことを、親子で一緒に体験プログラムやクイズをしながら学びます。実践的な知識や技を身に付けて「自助・共助」の防災力を高める機会にご活用下さい。
昭和電工(株)
八王子労働基準監督署長表彰を受けました(日本ポリテック)(2月5日)
2017年11月21日、八王子労働基準監督署にて、日本ポリテック(株)が「平成29年度八王子労働基準監督署長表彰」を受けました。
八王子労働基準監督署では、労働安全衛生活動が活発な会社を他社のモデルとし、社会的な労働安全衛生意識の啓発を目的に毎年1社を表彰しています。
当社は、労使が協力して労働安全衛生活動を活発に推進し、安全衛生水準の向上が顕著であり、他社の参考となる好事例の実績多数であることが評価されての受賞となりました。
また、八王子労働基準監督署からのご依頼とご協力を受け、12月8日に開催された八王子労働基準協会年末年始無災害決起集会では、当社の安全衛生の取り組みと事例について、講演を致しました。
当社は、今回の表彰を糧として、安全衛生活動のさらなるレベルアップに取り組んで参ります。
旭化成(株)
関節リウマチ治療薬「ケブザラ皮下注」発売のお知らせ(2月5日)
旭化成ファーマ株式会社(以下「旭化成ファーマ」)は、本日、関節リウマチ治療薬「ケブザラ皮下注150mgシリンジ、同皮下注200mgシリンジ」(以下「ケブザラ」)を発売しましたのでお知らせします。
「ケブザラ」はインターロイキン 6(IL-6)受容体に対するヒト型モノクローナル抗体で、関節滑膜での炎症に重要な役割を果たしていると考えられているIL-6の作用を抑制する薬剤です。「ケブザラ」はサノフィ株式会社(以下「サノフィ」)とRegeneron社が共同で開発を行い、米国、カナダ、欧州では2017年に承認されています。日本ではサノフィが2017年9月27日、「既存治療で効果不十分な関節リウマチ」の効能・効果において製造販売承認を取得し、2017年11月22日に薬価基準に収載されています。
関節リウマチは、痛みや腫れを伴う自己免疫の異常による慢性の全身性炎症疾患であり、日本には70万人以上の関節リウマチ患者さんがいると言われています(厚生労働省 リウマチ・アレルギー対策委員会報告書 平成23年8月)。現在は、メトトレキサートや生物学的製剤での早期の寛解導入を目指す治療が行われていますが、既存の治療では十分な効果が得られないケースもあり、新たな治療選択肢が必要とされています。旭化成ファーマは、関節リウマチ患者さんに新しい治療の選択肢を提供することで、日本の患者さんや医療関係者へ更なる貢献をしていきたいと考えています。
<「ケブザラ」の製品概要>
・製品名 「ケブザラ皮下注150mgシリンジ、200mgシリンジ」
・一般名 サリルマブ(遺伝子組換え)
・効能・効果 既存治療で効果不十分な関節リウマチ
・用法・用量 通常、成人にはサリルマブ(遺伝子組換え)として1回200mgを2週間隔で皮下投与する。なお、患者の状態により1回150mgに減量すること。
・製造販売元 サノフィ株式会社
・発売元 旭化成ファーマ株式会社
・承認日 2017年9月27日
・薬価収載日 2017年11月22日
・発売日 2018年2月5日
・薬科 150㎎ 1シリンジ 45,467円 、200㎎ 1シリンジ 60,329円
JFEエンジニアリング(株)
JFEテクノスとJFEレールリンクの統合について(2月2日)
JFEエンジニアリング株式会社は、子会社のJFEテクノス株式会社とJFEレールリンク株式会社を本年4月1日に統合することを決定しました。統合会社は、JFEテクノス株式会社となります。
JFEテクノスは、環境・エネルギープラント、鋼構造物、搬送機械等のメンテナンスを総合的に展開するJFEエンジニアリンググループの中核メンテナンス事業会社です。一方、JFEレールリンクは、レール溶接分野のリーディングカンパニーです。
近年、増加傾向にある公共インフラのメンテナンスにおいては、安全性や高い品質に加え、工事会社に対する高い信頼性が求められます。こうした中、JFEエンジニアリングは、レール溶接事業の財務基盤および内部統制の一層の充実を図るため、今回の統合を決定しました。
また、昨年11月にJFEテクノスにリバースチール株式会社(JFEスチール(株)の子会社)から橋梁補修事業を分割承継することが決定しています。これらの企業統合により、同社はメンテナンス事業のサービスラインナップ拡充を実現し、一層安心いただけるサービスの提供が可能となります。
これからもJFEエンジニアリンググループは、高いメンテナンス技術をもって社会に貢献してまいります。
【JFEテクノス株式会社の概要】
(1)所在地  神奈川県横浜市鶴見区末広町二丁目1番地
(2)代表者  代表取締役社長 松本 広司
(3)事業内容 各種プラント等の設計・施工・メンテナンス
(4)資本金  301百万円
(5)株主   JFEエンジニアリング株式会社100%

【JFEレールリンク株式会社の概要】
(1)所在地  神奈川県横浜市鶴見区弁天町3番地1
(2)代表者  代表取締役社長 川畑 篤敬
(3)事業内容 レール溶接事業
(4)資本金  20百万円
(5)株主   JFEエンジニアリング株式会社100%

【4月1日からの新会社の概要】
(1)所在地  神奈川県横浜市鶴見区末広町二丁目1番地
(2)代表者  未定
(3)事業内容 各種プラント等の設計・施工・メンテナンス
(4)資本金  301百万円
(5)株主   JFEエンジニアリング株式会社100%
昭和電工(株)
リチウムイオン電池用導電助剤VGCF ®が「低CO2川崎ブランド’17」で大賞(2月2日)
昭和電工株式会社は、川崎事業所で製造しているリチウムイオン電池(LIB)用導電助剤「VGCF®」がこのたび川崎市の「低CO2川崎ブランド’17」の製品・技術部門で大賞に選定されました。2月1日(木)・2日(金)に開催される「川崎国際環境技術展2018」において認定結果発表会が行われ、認定証が授与されました。
当社グループは、これからも環境への負荷を低減する製品の開発に努め、事業を通じて社会に貢献してまいります。
【「低CO2川崎ブランド」とは】
川崎市の「環境と経済の好循環による持続可能な低炭素社会の構築」を目指した取り組みの一環として2009年度から開始されたものです。ライフサイクル全体でCO2削減に貢献している川崎発の製品・技術を評価し、広く発信することを通して地球温暖化防止を図り、CO2削減効果の考え方を普及させることで、川崎市全体の環境意識・スキルの向上を目指しています。
当社では過去、2011年度の「低CO2川崎パイロットブランド’11」で液化アンモニア「ECOANN®」、余剰麻酔ガス処理システム「アネスクリーン®」の2製品が選出されました。
なお、大賞の選定は2012年度から始まり、認定基準*に加え、「川崎の特徴・強みを活かした低炭素社会の構築への貢献度」を総合的に評価し、特に優れたものが選ばれています。
*①ライフサイクルでの環境効率の向上、②独自性・先進性、③市民、社会全体の取り組みの推進、④国際的な貢献
【選定された技術・製品】
「気相法炭素繊維VGCF®」
CVD(化学気相成長)法で合成された高結晶性、高純度の電池用カーボンナノチューブで、LIBの長寿命、高容量化を目的として正極・負極に添加します。細長い形状により電極物質間に良好な導電パスを形成することで、寿命特性とレート特性(充放電あたりの電流量)を向上させます。電池の交換頻度を低減できるため、本製品を使用しない電池と比較し、ライフサイクル全体でCO2の排出量を約45%削減します。
JFEスチール(株)
低CO2川崎ブランド’17の認定について(2月1日)
川崎市(市長:福田紀彦)が制定している「低CO2川崎ブランド」において、当社の「環境調和型溶銑予備処理プロセス」が本ブランドとして認定されました。本日、とどろきアリーナ(川崎市中原区)で開催中の「川崎国際環境技術展2018」内で行われた認定結果発表会にて、証書が授与されました。
「低CO2川崎ブランド」とは、ライフサイクル全体でのCO2の削減を促すことを趣旨として、川崎市内で製造または研究開発された製品・技術の中から、特にCO2排出削減に寄与するものを川崎市が認定する制度です。
当社はこれからも世界最高レベルのエネルギー効率を実現し、更なる省資源・省エネルギーに資する生産プロセスや商品の開発を通じて、地球環境に貢献してまいります。
<認定された技術・製品>
「環境調和型溶銑予備処理プロセス」
今回、製鋼工場の溶銑予備処理*プロセスにおいて開発した「脱硫剤投射法」とは、新たに投射用のランス(ノズル)を設置し、高速の搬送ガスと共に脱硫剤を溶銑上に吹き付ける方法です。これにより、脱硫剤を直径1mm以下の微細の状態のまま直接溶銑内に添加でき、凝集成長を抑制することで、脱硫剤と溶銑との反応促進に繋がり、脱硫効率が1.3倍向上することで、CO2排出を削減することができます。
* 溶銑予備処理とは、高炉から出銑された溶銑に含まれる珪素や硫黄、リンなどの不純物を予め除去(脱珪・脱硫・脱リン精錬)するプロセスで、副原料の使用量削減や歩留り向上を目的としています。機械撹拌式銑脱硫装置は、インペラーとよばれる撹拌羽根で溶銑を撹拌しながら、添加した脱硫剤を溶銑内に巻込ませ、脱硫精錬を行う設備です。
東京電力パワーグリッド(株)
明日(2月2日)の電力需給見通しおよび需給状況改善のための融通の受電について(19時15分時点)(2月1日)
明日(2月2日)の当社サービスエリアにおける電力需給見通しは、気温低下による暖房需要の増加などから、ピーク時間帯(9時~10時)で5,103万kWとなる見込みです。
これに対して、火力発電所の増出力運転などの供給力対策および当社と事業者間で予め締結した契約による所定の需要抑制対策を実施しているものの、当社サービスエリアにおける供給力は5,133万kW、使用率99%(予備率0.6%)と厳しい需給状況になると想定しております。
当社としては、当社サービスエリアの需給状況改善のため、引き続き電力広域的運営推進機関に2月2日0時~2月2日23時までの間、最大250万kWの供給をお願いしております。
これにより、明日のピーク時間帯における当社サービスエリアの供給力は5, 299万kW、使用率96%(予備率3.8%)となる見込みです。
一般のご家庭をはじめ広く社会の皆さまにおかれましては、空調温度の低め設定や使用していない照明の間引き・消灯など、節電への取り組みにご理解、ご協力をお願いいたします。
東京電力パワーグリッド(株)
明日(2月2日)の電力需給見通しおよび需給状況改善のための融通の受電について(15時00分時点)(2月1日)
明日(2月2日)の当社サービスエリアにおける電力需給見通しは、気温低下による暖房需要の増加などから、ピーク時間帯(9時~10時)で5,103万kWとなる見込みです。
これに対して、火力発電所の増出力運転などの供給力対策および当社と事業者間で予め締結した契約による所定の需要抑制対策を実施しているものの、当社サービスエリアにおける供給力は5,133万kW、使用率99%(予備率0.6%)と厳しい需給状況になると想定しております。
当社としては、当社サービスエリアの需給状況改善のため、電力広域的運営推進機関に2月1日16時~2月2日0時までの間、最大250万kWの供給をお願いしております。
なお、これによる明日のピーク時間帯の当社サービスエリアの電力需給見通しは現在精査中のため、別途お知らせいたします。
一般のご家庭をはじめ広く社会の皆さまにおかれましては、空調温度の低め設定や使用していない照明の間引き・消灯など、節電への取り組みにご理解、ご協力をお願いいたします。
東京ガス(株)
「和の美学」料理教室~旬を味わう筍~(3・4月)の開催(2月1日)
京ガス株式会社(社長:広瀬 道明、以下「東京ガス」)は、このたび東京ガス料理教室「和の美学」~旬を味わう筍~(3・4月)を開催します。
「和の美学」はユネスコの世界無形文化遺産に登録された「和食」にスポットをあてた教室です。旬の和食材や和の道具など、それぞれのテーマのもと和食文化をお楽しみいただきます。
食卓を豊かにしてくれる「季節の手仕事」は、四季のある日本ならではのものです。「和の美学」料理教室では、炎の調理による「和食」継承活動の取組みのひとつとして、1年を通じて季節ごとの手仕事をシリーズとしてご紹介しています。
今回は春の訪れを感じる筍料理をご紹介します。旬の美味しさを活かしたメニューで、食卓を豊かに演出しましょう。季節の移ろいが感じられる豊かな暮らしをお楽しみください。
東京ガス(株)
「ごちそうごはん」料理教室~おうちで飲茶タイム~(3月)の開催(2月1日)
東京ガス株式会社(以下「東京ガス」)は、このたび東京ガス料理教室「ごちそうごはん」~おうちで飲茶タイム~(3月)を開催します。
「ごちそうごはん」は、日々の献立に取り入れやすく、食卓ですぐに活かせるメニューを中心にご紹介するコースです。
今回は、中国料理でも人気のある点心を紹介します。本格的なメニューを家庭向きにアレンジしました。手作りならではの美味しさを堪能しながら、家族や友人とお集まりの機会にご活用下さい。
東京ガス(株)
キッズ イン ザ キッチン「親子クラス」「子どもクラス」(3・4月)の開催(2月1日)
東京ガス株式会社(以下「東京ガス」)は、このたび、キッズ イン ザ キッチン「親子クラス」「子どもクラス」(3・4月)~春の食材で和食を作ろう!~を開催します。
「キッズ イン ザ キッチン」は、1992年から続いている東京ガスの食育プログラムです。「食材の選択・調理・食べる・片づけ」という一連の食の体験を通じて、「環境に配慮した食の自立」とガス火調理を通じた「五感の育成」の大切さをお伝えしています。
「親子クラス」は、4歳から小学校2年生の子どもと保護者の方、2人1組で調理を体験する教室です。保護者の方々には、お子さまと調理をする上でのポイントをお伝えします。
「子どもクラス」は、小学校3年生から6年生の子どもたちだけで、調理を体験する教室です。炎の扱い方や包丁の使い方はもちろん、「五感」や「エコ・クッキング」についても学びます。
今回は彩りよく仕上げる三食丼に、旬の魚と野菜を包んだホイル焼き、だし汁の旨みを味わうお吸い物、甘い香りのいちごのソースをかけたゼリーと、和食の献立をご紹介します。盛りだくさんの和食をみんなで作って、春を感じながらお召し上がりください。
東京ガス(株)
「ヒートショック予報」の法人等に向けた情報提供の開始について(2月1日)
東京ガス株式会社(以下「東京ガス」)は、一般財団法人 日本気象協会(以下「日本気象協会」)と共同で開発した「ヒートショック予報」(以下「本予報」)の法人等向けおよび東京ガスのwebサービス「myTOKYOGAS*」での情報提供を本日から開始します。
本予報は、東京ガスと日本気象協会が2017年2月に共同開発・発表した、気象予測情報に基づき家の中で生じる温度差などから算定した「ヒートショックのリスクの目安」を知らせる情報で、天気予報専門メディア「tenki.jp(てんきじぇーぴー)」にて、標準的な戸建住宅を想定した情報を提供しています。このたび、法人等のお客さま向けおよび「myTOKYOGAS」に提供する情報は、住宅種別や住宅の築年数等を選んでいただくことにより、お客さまのお住まいに合った「ヒートショック予報(パーソナル予報)」になります。
東京ガスは、安全で快適な入浴方法に関する情報発信や浴室暖房・脱衣室暖房の提案により、引き続き冬の入浴事故の低減に取り組むとともに、新たなサービスの開発・提案と組み合わせることにより、安心・安全で快適な暮らしづくりに貢献してまいります。
*myTOKYOGAS: 東京ガスが提供する、毎月のガスや電気の使用量や料金を確認できる登録無料の会員サービス。
東京ガス(株)
タイ王国におけるガス配給事業会社への出資について(2月1日)
東京ガス株式会社(以下「東京ガス」)100%出資子会社の東京ガスアジア社(以下「東京ガスアジア」)は、1月31日、三井物産株式会社(以下「三井物産」)と新たに設立した合弁会社であるエムアイティージー(以下「MITG」)を通じ、タイ王国国内の工業団地内においてガス配給事業を行う事業会社の持株会社であるガルフ・ダブルエイチエー・エムティー・天然ガス配給会社(以下「GWHAMT社」)の株式30%を取得しました。
タイ王国政府がガス市場の民間開放を推進している中、GWHAMT社は、タイ王国において民間企業のみによる初めてのガス配給事業者となります。また、日本企業として、タイ王国における初めてのガス配給事業への参画となるとともに、東京ガスの海外におけるガス配給事業会社への出資は、マレーシアにおけるガスマレーシア社、ベトナムにおけるペトロベトナム低圧ガス販売会社およびインドネシアにおけるパンジ・ラヤ・アラミンド社に続き4例目となります。
タイ王国は、東南アジア他国と比べてエネルギーインフラが整備されていることと併せて、政府による経済政策の下、工業団地等における産業需要家向けのエネルギー需要が拡大しています。東京ガスおよび東京ガスアジアは、日本国内において長年の歴史と経験を持つガス配給事業のノウハウを活用することで、GWHAMT社の更なる事業価値の向上を推進します。
GWHAMT社は、タイ王国における民間大手の発電事業者であるガルフ・エナジー・デベロップメント社(CEO:サラット・ラタナバディ、以下「GED」)および民間大手の工業団地向けユーティリティ供給事業者であるダブルエイチエー・ユーティリティ・アンド・パワー社(CEO:ウィサート・チュンワタナー、以下「WHAUP」)、新たに設立したMITGの3社による持株会社です。傘下のガス配給事業会社を通じ、WHAUPの親会社であるヘマラート・ランド・アンド・デベロップメント社が保有する工業団地の産業需要家向けにガス配給事業を行います。
東京ガスグループは、今後も総合エネルギー事業に関わる技術・ノウハウを活かし、東南アジア・北米等において事業展開するお客さまへのエネルギーソリューションや、現地のエネルギーインフラ構築などに貢献していくとともに、現地エネルギー会社とのアライアンスなどを通じて、現地におけるバリューチェーン展開にもチャレンジしてまいります。
昭和電工(株)
回収したアルミ缶の収益金で地元小学校に備品を寄贈しました(伊勢崎事業所)(2月1日)
2017年12月22日、昭和電工(株)伊勢崎事業所はアルミ缶回収による収益金で地元の坂東小学校に熱中症対策備品を寄贈しました。
伊勢崎事業所では約110名の全従業員がアルミ缶回収活動に参加しており、回収代金が一定金額に到達した際に寄付や物品の寄贈を行っています。
今回は2015年半ばからの約2年分の回収代金を用いて、体育館用の大型扇風機2台と温湿度計3台を購入し、坂東小学校への寄贈を行いました。
当日は伊勢崎事業所長を含め従業員2名で学校を訪問し、終業式後に併せて贈呈式を行いました。
贈呈後には事業所長から児童のみなさんへと話をする時間を頂きました。「アルミ缶を1缶リサイクルすると、みなさんが見ているテレビ4時間分と同じくらいの電気代が削減できます」と話をすると、児童のみなさんの目が驚きにあふれていました。
校長先生からは、寄贈への感謝とともに、「近くに大きな化学会社があることを知る良い機会となりました。機会があればぜひ交流などを行いたいです」とのお言葉を頂きました。
伊勢崎事業所は地域社会の一員として次世代育成支援活動をこれからも推進していきます。
旭化成(株)
「ジップロック シリーズ ディズニーデザイン 2018年春」2018年3月1日(木)より全国で発売開始(2月1日)
旭化成ホームプロダクツ株式会社は、ディズニーキャラクターをあしらった限定商品、「ジップロック フリーザーバッグ」、「ジップロック イージージッパー」、「ジップロック スクリューロック」、「ジップロック コンテナー」の4種5商品を、2018年3月1日(木)より発売いたします。
毎回人気のディズニーキャラクターデザインの「ジップロック」シリーズ。今回は、「ミッキーマウス」や「ミニーマウス」を中心としたデザインが施されています。「スクリューロック」は、赤や黄色のカラフルなフタを採用し、気持ちが弾む楽しいデザインです。
また、今回もウェブ限定の「スクリューロック」を発売いたします。今回は『リトルマーメイド』の「アリエル」が「ジップロック」シリーズに初登場いたします。
「ジップロック」は食品保存だけでなく、整理整頓などの家事のほか、アウトドアやピクニックなどでも活躍します。ディズニーの仲間たちと一緒なら、家事や趣味がさらに楽しくなること間違いなしです。
旭化成(株)
スウェーデンSenseair ABの株式取得について(2月1日)
旭化成エレクトロニクス株式会社は、スウェーデンのNDIR方式*ガスセンサモジュールメーカーである、Senseair AB(以下、「センスエアー社」)の株式を取得する契約を本年1月26日に締結しましたので、お知らせいたします。
1.本株式取得の背景
当社は、コア技術の1つである化合物半導体技術を用いて可視外光領域でのビジネス展開を加速しています。特に当社の赤外線発光素子および受光素子は、その小型、高感度、高品質な特性から、ガス濃度を検知するガスセンサ製品への搭載例が増加しています。これは住居内およびオフィス・工場等における空気質モニターのニーズの高まりを受けたものです。当社では、地球温暖化防止対策のためのさまざまな施策に伴い、とりわけ二酸化炭素(CO2)濃度をモニタリングする市場が今後急速に立ち上がるであろうと予測しております。この予測に基づき、当社は2016年よりNDIR方式CO2ガスセンサモジュールの分野において25年の経験と実績をもつセンスエアー社との間で共同開発契約を締結し、新たなCO2センサの開発に取り組んできました。この共同開発の成果として、センスエアー社より次世代の超低消費電力センサが間もなくリリースされる予定です。
2.本株式取得の理由
センスエアー社との共同開発を通し、同社が有するガスセンサ用の光路設計技術と、それを製造するノウハウを、当社のコア技術である化合物半導体技術を用いた小型かつ高品質な赤外線受発光素子と組み合わせるだけでなく、両社が有する技術的知見と営業ネットワークを深いレベルで相互活用することにより、住居内の空気質モニターだけでなく、アルコール検知や室外環境のモニタリングなど、今後の急速な立ち上がりが期待されるガスセンサ市場において、当社の事業活動を拡大できると考えています。
3.本株式取得の概要
今回締結した契約は、当社と、センスエアー社の創業者を含む既存主要株主との間のものです。この契約に従い、当社は主要株主以外の株主に対し株式取得申し込みを行います。これに応じた株主が保有する株式と、主要株主が保有する株式の数の合計が、旭化成株式会社の保有株式と合わせてセンスエアー社の発行済株式総数の90%超となった場合、当社は2018年4月4日にこれらの株式を取得する予定です。その後、当社はスウェーデン会社法上の定めに従い、残余の株式を取得する手続きを実施し、最終的にセンスエアー社の全株式を取得する予定です。
4.センスエアー社の概要
・会社名 Senseair AB
・設立 1993年
・所在地 スウェーデン、デルスボ市
・CEO Peter Lageson(ピーター・ラゲソン)
・事業内容 センシングソリューションの提供およびガスセンサモジュールの開発・製造・販売
・売上高 165,740,000 SEK(2016年度)(約22億3千万円 *1SEK=¥13.46 2018年2月1日時点)
・営業利益 27,516,000SEK(2016年度)(約3億7千万円 *1SEK=¥13.46 2018年2月1日時点)
・従業員数 101名(2016年12月31日時点)
・主な拠点 スウェーデン、ドイツ、米国、中国
5.業績への影響について
上記90%超の株式取得が成立した場合、センスエアー社は当社の連結子会社となります。なお、2018年3月期における当社の業績および旭化成株式会社の連結業績に与える影響はありません。
* NDIR方式
Non-dispersive Infrared (非分散赤外線)。光源から発せられた光を分散させずに検体試料に照射し、特定波長の赤外線強度の変化を測定する方式。
2018年1月
東亜建設工業(株)
省エネルギー設計支援ソフト「ZEB評価ツール」を共同開発(1月31日)
青木あすなろ建設株式会社、五洋建設株式会社、株式会社錢高組、西松建設株式会社、三井住友建設株式会社および東亜建設工業株式会社の6社は、ZEB*¹を構成する各種の省エネルギー技術の導入効果を設計段階において評価を可能とするシステム「ZEB評価ツール」を開発し、活用を開始しました。
「再整備の背景」
石油危機以降、わが国の最終エネルギー消費は、民生部門(業務部門、家庭部門)が、3割以上を占め、増加傾向にあることから、徹底的な省エネルギーが課題となっています。このような背景から、室内外の環境品質を低下させることなく、大幅な省エネルギーを実現するZEBが注目されています。2014年4月に閣議決定された「エネルギー基本計画」では、「建築物については、2020年までに新築公共建築物等で、2030年までに新築建築物での平均でZEBを目指す」とする政策目標が設定されました。
ZEBを目指した建築物の設計を行う場合、個々の技術を適用した時の、省エネルギー効果を事前に評価することが必要です。 これまで評価に際しては、「建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律」(以下、建築物省エネ法という)において適合性判定・届出に使用されている「エネルギー消費性能計算プログラム」*²が広く使われてきました。
しかしながら、ZEBを目指す設計を行う上でより高度な省エネルギー技術の導入を考えた際、評価できる省エネルギー技術の種類に制約がありました。
高度な省エネルギー技術の評価が可能なプログラムは他にも見られますが、限られた設計期間で実務設計者が活用していくには、操作に対する専門知識や利用制限等の課題もあり、ZEBを評価する環境が十分とは言えませんでした。
そこで、高度かつ先進的な省エネルギー技術の設計段階での省エネルギー効果の評価が可能で、かつ、実務設計者が利用しやすいツールの必要性が今後高まることを想定して、「ZEB評価ツール」を開発しました。
「ZEB評価ツールの概要」
今回開発したZEB評価ツールには以下の特長があります。
空調用一次エネルギー消費量計算には、多くの熱負荷計算のベースに採用され定評のあるHASPプログラム*³を採用。
ZEBに有効で先進的技術とされる「ダブルスキン」、「自然換気」、「地中熱利用」等の空調の省エネルギー評価が可能。
ZEB評価の対象となっている消費設備(空調、換気、照明、給湯、昇降機)について「年間一次エネルギー消費量」の算出が可能。
建築物省エネ法で定められた性能判断基準である「BEI*⁴」を算出可能。
複数の設計案の評価結果についてグラフ描画、比較が可能。
ZEBの達成度合いを評価できる「ZEBチャート」の自動描画が可能。
「今後の展開」
今後は、さらなる操作性の改善や評価できる省エネルギー技術数の充実を図るシステム開発を継続していく一方、同ツールを顧客への提案に活用していくことで、ZEB化を積極的に推進してまいります。
*1 ZEB:Net Zero Energy Building(ネット・ゼロ・エネルギー・ビルディング)。年間一次エネルギー消費が正味(ネット)で概ねゼロとなる建築物。日本ではZEBの概念が拡張されており、太陽光発電などによる創エネルギー以外の省エネ効果によって、省エネ基準に対して50%以上の削減性能を持つ建築物を指しています。
*2 「エネルギー消費性能計算プログラム」:(独)建築研究所、国土交通省 国土技術政策研究所が公開し、建築物省エネ法において、適合性判定、届出の際に使用されている設計段階における建物の年間一次エネルギー消費量を算出するプログラム。
*3 HASPプログラム:一般社団法人建築設備技術者協会(JABMEE)が提供するHASP/ACLD/8501, HASP/ACSS/8502, NewHASP/ACLDのソースプログラム、実行形式、マニュアル、テスト用入出力データの総称。
参照http://www.jabmee.or.jp/hasp/
*4 BEI(Building Energy Index):設計した建物の省エネ性能を表す指標で、設計一次エネルギー消費量を建築物省エネ法の告示によって建物の室用途ごとに決められている基準一次エネルギー消費量の総和で除した値。
富士電機(株)
知財・特許分野の「Top 100 グローバル・イノベーター2017」に選出(1月31日)
当社は、世界的な情報サービス企業であるクラリベイト アナリティクス社(米国・フィラデルフィア)が選定する「Top 100 グローバル・イノベーター2017」( https://clarivate.jp/news-releases/2017-top-100 )に初めて選定されました。
本アワードは、同社が保有する特許データを基に、特許の「数量」「成功率」「グローバル性」「影響力」の4つの観点から「世界で最も革新的な企業・研究機関100社」が選ばれるもので、2011年に始まり今年で7回目となります。当社は「成功率」「グローバル性」のスコアが大きく伸長した点と、大学などとの積極的なオープン・イノベーションが評価され、受賞に至りました。
2018年1月23日に日本オフィス(港区赤坂)で記者会見が実施され、初受賞企業の代表として技術開発本部 近藤本部長が当社の研究開発と知的財産の取り組みを紹介。パワエレシステムとパワー半導体の技術者が一体となり、一貫した研究開発を遂行している点を伸長要因の一つに挙げました。
昭和電工(株)
人権講演会を開催しました(喜多方事業所)(1月31日)
喜多方事業所では2017年12月8日、「障がい者雇用を考える~自分を活かし、人を活かすということ~」と題し、(株)マルトホールディングス 取締役 石山氏を講師にお招きし、人権に関するご講演をいただきました。マルト様は、いわき市を中心にスーパーやドラックストアなど幅広く事業を展開し、グループ全体で69名の障がい者を雇用して戦力化されています。また、地域全体でも障がい者雇用の取り組みを積極的に推進されています。
講演会ではまず、「2017年人権週間 森川グループCEOメッセージ」を改めて紹介し、喜多方事業所の障がい者雇用の現状について説明をしました。その後の講演では、マルト様での障がい者雇用の取り組みについて、講師ご自身の実体験から苦労したことや良かったこと、また、実際に障がいをお持ちの方がどのように活躍されているのかをご紹介いただきました。写真や映像も交えとても具体的にお話しいただきました。参加者からは、「私たちの意識に問題があったのかもしれない、もう一度障がい者雇用について考えるべきだと感じた。」、「障がい者でも働けるように職場を見直す意識を持てた。」といった感想が聞かれました。
喜多方事業所では、今回学んだことを障がい者雇用の拡大に向けて活用し、障がいの有無に関係なくすべての従業員が活躍できる職場を目指して、取り組みを進めてまいります。
旭化成(株)
「あたたかい暮らし」が体験できる、学べる「快適空間ラボラトリー」2018年2月1日リニューアルオープン(1月31日)
旭化成建材株式会社(以下「旭化成建材」)快適空間研究所*¹では、昨年1月に開設した「快適空間ラボラトリー」*²を2月1日にリニューアルオープンいたしますのでお知らせします。
1.経緯
旭化成建材では、「日本の家は寒い」という事実を社会的課題としてとらえ、断熱材事業を通じて「あたたかい暮らし」(温熱環境に優れた空間での新しいライフスタイル)の実現を図ることを断熱材事業の重要な事業戦略の一つとしています。
快適空間研究所では、その活動の一環として、2017年1月に自社のフェノールフォーム断熱材「ネオマフォーム」を用いた施設「快適空間ラボラトリー」をネオマフォーム工場の近接地に開設しました。
オープン以来、夏・冬ともエアコン1台による全館空調での快適な温熱環境体験や、分かりやすい温熱性能に関する展示が好評を博し、断熱材ユーザーである工務店等の12月末までの来場者が1,400名を超えました。また、来場者からの体験・展示施設としての評価が大変高いことなどから、展示内容を充実させ、リニューアルする運びとなりました。
2.リニューアルの内容
1)「展示棟」
「展示棟」は、断熱材、窓、換気装置などの素材・設備展示の他、説明パネルや実験模型などにより、これまで生活者には分かりにくいとされてきた温熱環境や断熱性能に関する知識を楽しく学ぶとともに、「ネオマフォーム」の良さなどを理解していただく場です。
今回のリニューアルでは、これまで未展示の床用断熱材「ネオマジュピー」と本年1月16日から発売開始した最高性能断熱材「ネオマゼウス」の展示を追加しました。これでネオマブランド3商品のコンテンツが揃ったことになり、断熱材ユーザーのニーズにより幅広く対応したプレゼンテーションができるようになります。*³
2)「体験棟」
「体験棟」は「ネオマフォーム」を用いた高断熱住宅(UA=0.20(W/m2・K))で、夏・冬ともエアコン1台の全館空調で家全体が快適な温熱環境を実現しています。この1年「体験棟」で取得した快適性に関する温熱環境要素である「温度」「周壁温度」「気流速度」などの実測データ(一部実測データをベースとしたシミュレーション)を、数値だけでなく画像や図面、動画などで見える化したことで、通常であれば目に見えない要素を意識しながら、各部屋間の温度差の少なさや快適な気流速度などを体感できるようになり、来場者にとってはより納得感が増すこととなります。
3.今後の活動予定
これまで「あたたかい暮らし」の実現を推進するために、主に工務店等の断熱材ユーザーの皆さまに対して、温熱環境や断熱性能の重要性などの情報発信を行ってきましたが、今後はそれらの方々に加え、建築を学ぶ学生や生活者の方々に対しても「快適空間ラボラトリー」やHP等を活用し、情報を発信していく予定です。
その第1弾として、2018年2月13日、14日の2日間にわたり、「快適空間ラボラトリー」敷地内で、「住まいの断熱」と「セルフビルド」をテーマに「断熱タイニーハウス」ワークショップを実施します。(主催:株式会社エネルギーまちづくり社*⁴他、共催:旭化成建材株式会社、後援:茨城県境町観光協会)このワークショップでは、断熱あり、なしの小屋(タイニーハウス)3棟を参加者と共に学びながら楽しく組み立てていきます。ここでは、地域の方々や学生の参加を見込んでおり、断熱性の異なる小屋を自らの手でつくることや、温熱性能の違いなどを体感していただくことで、より多くの方に温熱環境の良い住まいに興味をもっていただきたいと思っています。
*1 「旭化成建材 快適空間研究所」
2014年設立。生活者の住まいの温熱環境に関する意識、知識を高めていくための調査研究・情報発信の他、より良い製品とサービスの提供を通じて温熱環境に優れた空間やそこでの新しいライフスタイルを提案することを目指しています。
http://www.atatakazoku.com/kaiteki-lab
*2 「快適空間ラボラトリー」
名称:旭化成建材「快適空間ラボラトリー」
所在地:茨城県猿島郡境町陽光台
敷地面積:1451m2
建物概要:①体験棟 木造2階建 延床面積130.1m2 ②展示棟 木造2階建 延床面積225.8m2
断熱性能(体験棟) UA=0.20(W/m2・K)
開設日:2017年1月11日
http://www.atatakazoku.com/kaitekilab/aboutlab/724
*3 「ネオマフォーム」「ネオマジュピー」「ネオマゼウス」
http://www.asahi-kasei.co.jp/asahi/jp/news/2017/co180111.html
*4 株式会社エネルギーまちづくり社(代表取締役:竹内 昌義氏)
http://enemachi.com/
日本通運(株)
【グローバルロジスティクス関連情報】NEXロジスティクスインドネシア、スマランロジスティクスセンターを開設(1月30日)
当社の現地法人、NEXロジスティクスインドネシア株式会社は、中部ジャワ州の州都スマラン市に、「スマランロジスティクスセンター」を開設、2月1日(木)より営業を開始します。
スマラン市は、中部ジャワ州の北岸に位置する商業都市で、首都ジャカルタやインドネシア第二の都市スラバヤと比べて労働力が確保しやすいことから、多くのグローバル企業をはじめ日系企業も20社以上進出しています。
同市内北部にはタンジュンウマス国際港、また西のジャカルタから東のスラバヤまでの幹線道路上に位置し、利便性の良さから中部ジャワエリアの販売拠点として注目されています。今後も多くの企業の進出により、販売物流のニーズが見込まれます。
当社は、今後ますますの成長が見込まれる南アジア地域でのロジスティクス機能を強化し、「グローバルロジスティクス事業の更なる拡大」に努めます。
「新倉庫の概要」
・名称 NEXロジスティクスインドネシア株式会社 スマランロジスティクスセンター
(PT. NEX LOGISTICS INDONESIA SEMARANG LOGISTICS CENTER)
・住所 Kawasan Industri Candi Jalan Gatot Subroto Blok C3 No.8
Semarang Jawa Tengah 50181 Indonesia
・電話番号 +62-24-7643-4032
・敷地面積 4,480m2
・倉庫面積 3,108m2(事務所スペース含む)
・主要設備 高床ホーム、24時間警備、倉庫内監視カメラ、倉庫内無線LAN環境
東京ガス(株)
原料費調整制度に基づく平成30年3月検針分のガス料金について(1月30日)
東京ガス株式会社は、「原料費調整制度」に基づき算定された平成29年10月~平成29年12月の平均原料価格を受け、平成30年3月検針分の単位料金を調整いたします。
東京地区等では平成30年2月検針分に比べ、1m3(45MJ)につき0.52円(消費税込)上方に調整となります。また、群馬地区、および、群馬南地区では平成30年2月検針分と比べ、1m3(45MJ)につき0.33円(消費税込)上方に調整となります。
平成30年3月検針分に適用するガス料金については、当社ホームページ等であらかじめお知らせいたします。
各地区の料金算定方法等、詳細は各地区のプレスリリースをご参照ください。
東京ガスの都市ガス供給エリアについては以下のホームページをご参照ください。
http://home.tokyo-gas.co.jp/gas/userguide/kyoukyuu_area.html
旭化成(株)
吉野 彰 旭化成名誉フェローのJapan Prize(日本国際賞)受賞が決定(1月30日)
このたび、旭化成名誉フェローの吉野 彰が「リチウムイオン電池の開発」における多大なる貢献を称えられ、公益財団法人 国際科学技術財団が顕彰する2018年Japan Prize(日本国際賞)を「資源・エネルギー、環境、社会基盤」分野で受賞することが決定しましたので、お知らせいたします。
吉野名誉フェローは、負極にカーボン、正極にLiCoO2(コバルト酸リチウム)を使用することにより、現在のリチウムイオン電池(以下、「LIB」)の原型を世界で初めて考案し、開発しました。さらに、正極の集電体にアルミニウム(Al)を使用するというLIBの基本技術開発、および実用化のために必要な電極化技術、電池化技術、周辺技術開発を行い、LIBという小型で軽量の新型二次電池を実用化しました。
今回、LIBの開発が90年代初めから始まったデジタル化やIT革命、モバイル革命を支えたこと、また近年、地球温暖化対策の中で、自然エネルギーの供給安定性を解決する手段としてLIBが活用され、今後もさらに社会における重要性が増していくことなど、その独創的で飛躍的な成果が技術・産業面での礎となっていることが評価され、受賞決定に至りました。
Japan Prize(日本国際賞)は1982年に、国際社会への恩返しとして全世界の科学者を対象とした国際的な賞の創設を打ち出した日本政府の構想に、松下電器産業株式会社(現パナソニック株式会社)の創業者松下幸之助氏が寄付を行い実現したものです。その後、閣議了解を得て、1985年に第1回目の授賞式が行われました。Japan Prizeは科学技術の進歩に対する貢献だけでなく、社会的貢献も審査基準として、人類の平和と繁栄に貢献する著しい業績を挙げた者に授与されます。授賞式は本年4月18日に国立劇場で開催される予定です。
Japan Prize(公益財団法人 国際科学技術財団)のHPはこちら
http://www.japanprize.jp/index.html?lng=ja
吉野 彰 名誉フェローのプロフィールについてはこちら
http://www.asahi-kasei.co.jp/asahi/jp/r_and_d/interview/yoshino/profile.html
JXTGエネルギー(株)
家庭用電力「ENEOSでんき」の新テレビCMを放映開始!(1月29日)
当社は、新テレビCM「ENEOSでんき この顔を思い出してください」編の放映(関東1都6県、山梨県、静岡県)を1月30日(火)から開始しますので、下記の通りお知らせいたします。
本テレビCMは、2016年4月の販売開始以来、お客様からご好評をいただいているENEOSでんきをさらに多くの皆さまに知っていただきたいというコンセプトのもと制作しました。CMでは、女優の吉田羊さんとエネゴリくんが「電気といえば、ENEOSでんき」と、コミカルにご紹介しています。
現在、「ENEOSでんき切り替えキャンペーン」を実施中です。3月31日(土)までに新規お申し込みをいただいたお客様にお得な特典をご用意しております。ぜひこの機会に、ENEOSでんきへの切り替えをご検討ください。詳しくは当社ウェブサイトまで!
1.CMタイトル:「ENEOSでんき この顔を思い出してください」編
2.放映開始日:2018年1月30日(火)
3.放映エリア:東京都、神奈川県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県、千葉県、山梨県、静岡県
※1月30日(火)より当社ウェブサイトでもご覧いただけます。
http://www.noe.jxtg-group.co.jp/company/about/tvcm.html
JXTGエネルギー(株)
等々力緑地・清掃活動「クリーン等々力作戦」の実施について(1月29日)
JX-ENEOS野球部は、1月27日(土)に等々力緑地の清掃活動「クリーン等々力作戦」を実施しましたので、お知らせいたします。
JX-ENEOS野球部は、練習グランドに近い等々力緑地を清掃する取り組みを「クリーン等々力作戦」と称し、地域貢献活動の一環として2005年1月から実施しております。
30回目となる今回は、2018年シーズンから加入する新人選手5名を含むJX-ENEOS野球部員・スタッフ総勢34名が自然溢れる等々力緑地内の空き缶やペットボトルなどのごみ回収を行いました。
今後も「クリーン等々力作戦」等を通じ、環境保全活動・地域貢献活動を積極的に推進してまいります。
JXTGエネルギー(株)
毎年恒例!JX-ENEOS野球部による野球教室開催について(1月29日)
JX-ENEOS野球部は、1月27日(土)に「野球教室」を開催しましたので、お知らせいたします。
神奈川県川崎市中原区のとどろきグラウンドを拠点に活動しているJX-ENEOS野球部は、日頃から ご支援をいただいている地元の皆様への感謝の気持ちを込め、2005年度から、地元の中学生球児を対象に野球教室を開催しております。
13回目となる今回は73名を招待し、当社野球部コーチ・現役選手がピッチングや守備・打撃の指導を行いました。参加した生徒からは、「打撃指導により強い打球が打てるようになった。」、「知らないことをたくさん学べて勉強になった。」、「基本の大切さを改めて認識した。」といった声をいただきました。
JX-ENEOS野球部は、川崎市に加え、キャンプ地や遠征先・当社事業所にて野球教室を開催するなど、未来を担う次世代育成に積極的に今後とも取り組んでまいります。
JFEスチール(株)
「第7回ものづくり日本大賞」内閣総理大臣賞をダブル受賞
~「Super-SINTER®」と「構造アレストで実現したメガコンテナ船」~(1月26日)
このたび、第7回ものづくり日本大賞の製造・生産プロセス部門にて「Super-SINTER®」が、製品・技術開発部門にて「構造アレストで実現したメガコンテナ船」が、それぞれ内閣総理大臣賞を受賞しました。内閣総理大臣賞は、各部門における最高位の賞です。当社は、ものづくり日本大賞をこれまで6件受賞しておりますが、内閣総理大臣賞の受賞は今回が初で、かつ二部門でのダブル受賞となりました。表彰式は、1月22日に開催される予定です。
ものづくり日本大賞は、日本の産業・文化の発展を支え、豊かな国民生活の形成に大きく貢献してきたものづくりを着実に継承し、さらに発展させていくため、製造・生産現場の中核を担っている中堅人材など、ものづくりの第一線で活躍する各世代のうち、特に優秀と認められる人材などを顕彰する制度です。特に、昨今日本の製造業が直面している様々な事業環境の変化に柔軟に対応し、新たな付加価値を提供する人材にスポットライトを当て、広く発信していくことを目的とし、それによって、ものづくりに携わる全ての人材の意欲向上、ひいては日本の製造業が今後も力強く成長していくための原動力となることを期待するものです。 製造・生産プロセス部門は、製造・生産工程における画期的なシステムや手法の開発・導入によって、生産の抜本的効率化など、生産革命を実現させた個人又はグループに表彰されるものです。また、製品・技術開発部門は、高度な技術的課題を克服し、優れて画期的な製品若しくは部品や素材等の開発・実用化を実現させた個人又はグループを表彰するものです。
受賞内容は、下記の通り。
【製造・生産プロセス開発部門】
1. 受賞件名
「CO2排出量削減に適した製鉄原料製造プロセス(Super-SINTER®)の開発」
2. 受賞者
JFEスチール(株)スチール研究所 佐藤道貴
JFEスチール(株)製銑技術部 佐藤秀明
JFEスチール(株)技術企画部 大山伸幸
JFEスチール(株)東日本製鉄所(京浜地区)コークス部 渡辺芳典
JFEスチール(株)スチール研究所 製銑研究部 山本哲也
JFEスチール(株)スチール研究所 製銑研究部 樋口隆英
JFEスチール(株)スチール研究所 製銑研究部 岩見友司
3. 受賞概要
「Super-SINTER®」は、高炉の主原料となる焼結鉱の製造工程において、粉コークスの一部代替として炭化水素ガス(都市ガス)を使用することで、焼結層内の最高温度を上昇させることなく最適な焼結反応温度を長時間保持し、製鉄プロセスのエネルギー効率を大幅に向上させます。2009年に東日本製鉄所(京浜地区)焼結工場において、世界で初めて実用化に成功しており、すでに当社保有の国内全焼結機への導入を完了し、安定操業を継続しています。 加えて、当社では炭化水素ガスを吹き込むと同時に酸素富化を行うことで、「Super-SINTER®」効果を向上させた新技術「Super-SINTER® OXY」を開発し、2012年に東日本製鉄所(千葉地区)焼結工場において、世界で初めて実用化に成功しました。
「Super-SINTER®」はJFEスチール(株)の登録商標です。
【製品・技術開発部門】
1. 受賞件名
「革新的構造・施工技術「構造アレスト」で実現した安全・環境性能に優れるメガコンテナ船」
2. 受賞者
ジャパン マリンユナイテッド株式会社 豊田昌信
ジャパン マリンユナイテッド株式会社 木治昇
ジャパン マリンユナイテッド株式会社 鶴田健二
JFEスチール(株)技術企画部 長谷和邦
JFEスチール(株)スチール研究所 接合・強度研究部 半田恒久
JFEスチール(株)スチール研究所 大井健次
株式会社IHI 猪瀬幸太郎
3. 受賞概要
コンテナ船は急速に大型化が進み、それに合わせて鋼板の厚肉化や高強度化、高アレスト性能(亀裂伝播停止性能)が求められています。そこで当社は、ジャパン マリンユナイテッドおよびIHIと共同で、溶接構造体である船体の特徴を活用した革新的な「構造アレスト」技術(世界初)を開発しました。開発した構造アレスト技術は、溶接・設計を含めた新しい構造により、船体のアレスト性能を向上させる技術です。
また、この技術に適用可能な高強度極厚鋼板、および鋼板の極厚化による溶接工数増加を抑制できる、画期的な高能率溶接技術を併せて開発することで、船体の大型化、貨物積載量増加、および船体の軽量化による燃費改善を可能としました。これらの技術開発により、安全・環境性能に優れる世界一のメガコンテナ船を開発しました。
当社は、今後とも世界最高水準の技術をもって、地球環境保護に貢献してまいります。
昭和電工(株)
人権研修会を開催しました(本社)(1月26日)
本社では毎年12月の恒例行事として本社地区人権研修会を開催しています。今年は、“性的マイノリティ”をテーマとする研修を12月13日・18日の2日間、計4回開催し、112名が参加しました。
当日はくじ引きでグループを組み、少人数でテーマについて対話する形式をとりました。まず始めにグループ内で自己紹介をした後、このテーマのキーワードである“LGBT”の意味や、世の中での割合、それぞれが持つ印象などを話し合いました。その後、トランスジェンダーの中学生やゲイの会社員を主人公とするドラマを観賞し、ドラマの感想や性的マイノリティの方たちが偏見や差別を受けず、自分らしくあるために私たち一人ひとりができることについて話し合いました。
日本においてもLGBTの理解促進に向けた活動が盛んです。LGBTの理解者・支援者を「Ally(アライ)」と呼び、Ally(アライ)であることを表明する人や企業が増えています。今回の研修にあたって、理解者であることを周囲に表明する「Allyステッカー(本社限定)」を作成し、今回の研修参加者に配布しました。
本社ではこれからも研修会の開催を通じて、人権の取り組みを広げていきます。
東京電力パワーグリッド(株)
明日(1月26日)の電力需給見通しおよび需給状況改善のための融通の受電について(19時00分時点)(1月25日)
明日(1月26日)の当社サービスエリアにおける電力需給見通しは、気温低下による暖房需要の増加などから、ピーク時間帯(18時~19時)で5,054万kWとなる見込みです。
これに対して、火力発電所の増出力運転などの供給力対策および当社と事業者間で予め締結した契約による所定の需要抑制対策を実施しているものの、当社サービスエリアにおける供給力は5,164万kW、使用率97%(予備率2.2%)と厳しい需給状況になると想定しております。
当社としては、当社サービスエリアの需給状況改善のため、電力広域的運営推進機関に1月26日0時~1月27日0時までの間、最大100万kWの供給をお願いしております。
これにより、明日のピーク時間帯における当社サービスエリアの供給力は5,313万kW、使用率95%(予備率5.1%)となる見込みです。
一般のご家庭をはじめ広く社会の皆さまにおかれましては、空調温度の低め設定や使用していない照明の間引き・消灯など、節電への取り組みにご理解、ご協力をお願いいたします。

<参考> 需給状況改善のための融通受電後の当社サービスエリアの電力需給見通し(単位:万kW)

今後、予想最大電力や供給力を見直すことがあります。変更後の値は当社ホームページ上の「でんき予報」にも反映いたします。
当社サービスエリアとは、栃木県、群馬県、茨城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、静岡県(富士川以東)です。
東京電力パワーグリッド(株)
本日(1月25日)の電力需給見通しおよび需給状況改善のための融通の受電について(16時30分時点)(1月25日)
本日(1月25日)の当社サービスエリアにおける電力需給見通しは、気温低下による暖房需要の増加などから、ピーク時間帯(18時~19時)で5,050万kWとなる見込みです。
これに対して、火力発電所の増出力運転などの供給力対策および当社と事業者間で予め締結した契約による所定の需要抑制対策を実施しているものの、当社サービスエリアにおける供給力は5,227万kW、使用率96%(予備率3.5%)と厳しい需給状況になると想定しております。
当社としては、当社サービスエリアの需給状況改善のため、電力広域的運営推進機関に融通の受電をお願いしており、これを受けて、1月25日17時~1月26日0時までの間、東北電力、中部電力、関西電力から最大100万kWの供給を受ける指示を電力広域的運営推進機関から受けました。
これにより、本日のピーク時間帯における当社サービスエリアの供給力は5,302万kW、使用率95%(予備率5.0%)となる見込みです。
一般のご家庭をはじめ広く社会の皆さまにおかれましては、空調温度の低め設定や使用していない照明の間引き・消灯など、節電への取り組みにご理解、ご協力をお願いいたします。

<参考> 需給状況改善のための融通受電後の当社サービスエリアの電力需給見通し
昭和電工(株)
桐桜高校機械科1年生の工場見学を実施しました(喜多方事業所)(1月25日)
喜多方事業所では、2017年11月13日、喜多方桐桜高校機械科1年生37名の工場見学を実施しました。
はじめに会社及び事業所の概要説明を行い、その後鋳造工程および押出工程を見学しました。溶けたアルミが型を通って長いビレットに鋳造される様子や、垂直に鋳造された約6メートルのビレットをクレーンで引き上げる様子にみなさん釘づけでした。同じ高校出身の先輩を含む従業員が、チームワークを発揮しながら真剣に作業をしている様子も見てもらうことができました。場内の安全ルールについても事前に説明し、実際に歩行する際は、「指差呼称」マークでみな「右ヨシ・左ヨシ」を実践してくれました。従業員とすれ違った際も、「ご安全に」ときちんと挨拶ができていました。
工場見学後の質疑応答では、「設備の保全はどうしているんですか?」「現場の活動版に書いてあったTPMとはどういう意味ですか?」などの質問があり、生徒がいろいろな側面から工場に興味を持ってくれたことが分かりました。
この工場見学が、生徒にとって将来を考える一助になれば幸いです。今後も、このような取り組みを通して、地域の方々のご要望に積極的に応えてまいります。
東京電力パワーグリッド(株)
2018年度電源I’厳気象対応調整力調達に関する募集結果について(1月24日)
当社は、当社サービスエリアにおける常時の周波数制御・需給バランス調整および10年に1回程度の厳気象発生時の稀頻度な需給ひっ迫対応を実施するための電源等の確保を目的として、電力広域的運営推進機関がとりまとめた「2018年度(平成30年度)向け調整力の公募にかかる必要量等の考え方について」等に基づき、2018年度の調整力電源を募集しておりました。(2017年10月2日お知らせ済み)
先行して募集しておりました電源I周波数調整力および電源I需給バランス調整力の募集結果につきましては、既にお知らせしておりますが(2017年12月1日お知らせ済み)、2017年11月20日~12月19日の期間において募集を実施しておりました、電源I’厳気象対応調整力につきましても、本日、競争入札へ応札いただいた電源等に対して、募集要綱に則った評価等の手続きが完了し、落札者が決定いたしました。
その結果について、「一般送配電事業者が行う調整力の公募調達に係る考え方」*¹(2016年10月17日経済産業省)および第23回制度設計専門会合(2017年10月26日)における議論内容*²に基づき、以下のとおりお知らせいたします。
今後、当社は、落札された事業者さまと、契約締結に向けた協議を進めてまいります。

なお、公募による調達を実施している「電源II周波数調整力」「電源II需給バランス調整力」「電源II’低速需給バランス調整力」については、募集規模は設定せず、多くの電源を確保することで、安価な電源活用の可能性が高まり、かつ安定供給等に資すると考えられることから、今後も募集を継続しております。
当社は、周波数制御・需給バランス調整等に用いる調整力電源を遅滞なく調達し、引き続き、当社サービスエリア全体の電気の安定供給に努めてまいります。
*1 「5.公募調達の実施に伴う情報の公表」では、公募調達の結果について、「一般送配電事業者は、電源I及び電源IIとして契約をした発電事業者等が競争上不利益を被らないように配慮しつつ、以下の情報を適切な時期に公表することが望ましい」としており、具体的には、「電源Iの公募調達の結果として、最高落札額及び平均落札額(容量(kW)価格)」の公表が望ましいとある。また、「競争上不利になることを避けるための配慮」としては、「落札した電源等の保有者、名称、容量、燃料種等については、非公表とすることが考えられる」とある。
*2 電源I’厳気象対応調整力における落札評価方法について、kW価格にkWh価格を加えた総合評価への見直しを実施。
*3 落札入札価格合計金額を落札合計kWで除した加重平均値
昭和電工(株)
アルミ缶リサイクル収益金を寄付しました(昭和アルミニウム缶 大牟田工場)(1月24日)
昭和アルミニウム缶(株)大牟田工場は、2017年12月15日、大牟田市社会福祉協議会を訪れ、アルミ缶リサイクル活動の収益金を寄付しました。大牟田工場では、1997年の工場設立時より社員および地域の方々とともにアルミ缶回収を行っており、社会福祉に役立ててもらうために寄付しています。
「当社は大牟田に進出して20年の節目を迎えました。大牟田の地に工場進出できたのも、地元の方を始め多くの方のご理解とご協力があってのことです。今後も企業としての役割を認識し、地域に貢献したいと思います」と工場長より大牟田市社会福祉協議会の坂口常務理事に収益金をお渡ししたところ、「いただいた収益金は、主旨に沿って社会福祉に使わせていただきます。ありがとうございます」と感謝の言葉をいただきました。
今後も、工場見学者をはじめ多くの方にアルミ缶リサイクルの優位性をPRするとともに、アルミ缶回収活動を推進して、地域社会へ貢献していきます。
JXTGエネルギー(株)
侍ジャパン強化試合「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2018」への協賛について(1月23日)
当社は、2018年3月に開催される野球日本代表「侍ジャパン」トップチームとオーストラリア代表との強化試合『ENEOS 侍ジャパンシリーズ2018』の大会公式スポンサーを務めることになりましたので、お知らせいたします。
今後、当社はNPBエンタープライズが主催する強化試合についても大会公式スポンサーを務め、『ENEOS 侍ジャパンシリーズ』を盛り上げていくとともに、「侍ジャパン」の世界一への挑戦を応援してまいります。
JFEエンジニアリング(株)
平成29年度「省エネ大賞 経済産業大臣賞」の受賞について(1月23日)
JFEエンジニアリング株式会社は、東邦ガス株式会社と共同で実施した「知多緑浜工場へのBOG直接再液化設備の導入による省エネルギーの取り組み」に関して、平成29年度省エネ大賞*¹(主催:一般財団法人省エネルギーセンター)の省エネ事例部門において、最高位である「経済産業大臣賞」を受賞しました。
このたびの受賞は、日本初の「直接混合型の再液化設備」の開発導入により、LNGタンクの内部から発生するBOG*²処理時の大幅なエネルギー削減(1年間の運用実績で従来方式比▲42%にあたる約2,200kL/年(原油換算)の削減)を実現したことが高く評価されたものです。
当社は今後もエネルギーの有効利用に関する様々な取り組みを展開し、快適な都市づくりの形成に貢献してまいります。
*1 「省エネ大賞」は、国全体の省エネ意識の拡大、省エネ製品の普及などによる省エネ型社会の構築に寄与することを目的に、優れた省エネの取り組みや、省エネ性を有する製品やビジネスモデルを表彰するもの。企業あるいは、工場や事務所等での優れた省エネ活動や節電の取り組みを推進し、成果を上げた事業者を表彰する「省エネ事例部門」と、省エネ性を有する製品やビジネスモデルを表彰する「製品・ビジネスモデル部門」の二つに分かれる。
*2 LNGは約-160℃の液体であり、タンク内で貯蔵中に外部からの入熱により蒸発したBOG(Boil Off Gas)が発生します。 このため、タンクの運用圧力を維持するため排出処理する必要があります。
「受賞概要」
テーマ:
知多緑浜工場へのBOG直接再液化設備の導入による省エネルギーの取り組みについて
受賞者:
東邦ガス株式会社 知多製造部 知多緑浜工場 /JFEエンジニアリング株式会社
事例内容:
日本初の「直接混合型のBOG再液化設備」の開発導入により、LNGタンクの内部から発生するBOG処理時の大幅なエネルギー削減を実現したもの。
従来、BOG処理には高圧仕様の圧縮機を使用していたが、その動力(電力消費量)はLNG基地全体の約3分の1程度を占めていた。BOGを液化してポンプで昇圧する場合の動力が、気体のまま圧縮機で昇圧する場合に比べて大幅に動力を削減できるため(図1)、払出LNGの冷熱を利用してBOGを再液化してからポンプ昇圧するシステムの導入検討を行った。
導入に際し、当時開発中であった液体と気体を直接混合する装置(ミキサー)を再液化設備として採用し、日本初となる「直接混合型BOG再液化設備」の実機化に成功して、省エネを実現した。
○導入効果
大幅な省エネルギーの達成。
1年間の運用実績で従来方式比▲42%にあたる約2,200kL/年(原油換算)の削減を実現した(事業所全体の約13%に相当)。
省スペース化
コスト削減
表1.BOG排出処理方法の比較
東京電力パワーグリッド(株)
明日(1月24日)の電力需給見通しおよび需給状況改善のための融通の受電について(21時30分時点)(1月23日)
明日(1月24日)の当社サービスエリアにおける電力需給見通しは、気温低下による暖房需要の増加などから、ピーク時間帯(18時~19時)で4,952万kWとなる見込みです。
これに対して、火力発電所の増出力運転などの供給力対策および当社と事業者間で予め締結した契約による所定の需要抑制対策を実施しているものの、当社サービスエリアにおける供給力は5,000万kW、使用率99%(予備率1.0%)と厳しい需給状況になると想定しております。
当社としては、当社サービスエリアの需給状況改善のため、電力広域的運営推進機関に融通の受電をお願いしており、これを受けて、1月23日22時~1月24日0時までの間、東北電力、中部電力から最大150万kWの供給を受ける指示を電力広域的運営推進機関から受けました。
引き続き、当社としては、1月25日0時まで最大200万kWの供給のお願いをしており、これにより、明日のピーク時間帯における当社サービスエリアの供給力は5,121万kW、使用率96%(予備率3.4%)となる見込みです。
一般のご家庭をはじめ広く社会の皆さまにおかれましては、空調温度の低め設定や使用していない照明の間引き・消灯など、節電への取り組みにご理解、ご協力をお願いいたします。

<参考> 需給状況改善のための融通受電後の当社サービスエリアの電力需給見通し
昭和電工(株)
土浦第一高校の学生が企業訪問しました(本社)(1月23日)
2017年11月24日、本社では、茨城県立土浦第一高等学校1年生10名の企業訪問を受け入れました。
土浦第一高等学校では、キャリア教育を進める一環として、高校1年生を対象にさまざまな企業への訪問・見学を実施しています。今回、学校側から「ぜひ昭和電工を訪問したい」との依頼があり、本社で初めて高校生の訪問を受け入れることとなりました。
当日は、人材開発グループより、化学業界や当社の企業・職種紹介、キャリア開発等に関するレクチャーを行いました。また、同校OBである当社従業員から部活動の思い出や受験勉強、大学生活、就職活動、社会人生活など幅広い分野の経験を皆さんにお話ししました。
また、全員が輪になって自由な雰囲気で会話できる時間を設け、入社の経緯や現在の仕事、学生時代の勉強方法など、従業員に対する多くの質問があがり、大変盛り上がりました。
実施後のアンケートでは、「昭和電工の製品が身近にあることを知り、親近感がわいた」、「将来、大人になって働くのがどういうことなのかが分かって勉強になった」「自分のやりたいことを改めて見つめ直す良い機会になった」などの感想をいただきました。
訪問された皆さんは高校1年生のため、当社への入社という意味ではかなり遠いですが、将来を担う若者に対して、化学産業の意義や将来性について理解してもらえたことは大いに意義があったのではと思います。
昭和電工(株)
「インターネプコン ジャパン2018」に出展(1月23日)
昭和電工グループは、1月17から19日に東京都港区の東京ビッグサイトで開催される「第47回インターネプコン ジャパン」に出展しました。当社グループは、豊かさと持続性の調和した社会の創造に貢献する「社会貢献企業」の実現をめざし、無機・金属、有機化学技術を深化・融合させ、様々な分野において市場をリードする素材や部品・サービスを提供しております。
本展示会では、オープンイノベーションを推進するため「先端部材で新たな価値をプラス」をテーマとし、ディスプレイ、パワーモジュールおよび電池の各分野に適用される先端技術や部材をご紹介いたしました。お客様と私たちの技術・材料・アイディアが融合し、新たな価値の創造につながれば幸いです。このたびは、多数のご来場を頂きましたことに感謝申し上げます。
「ネプコンジャパン2018」
・日 時 2018年1月17日(水)、18日(木)、19日(金) 10:00~18:00(19日は17:00)
・会 場 東京ビッグサイト 〒135-0063 東京都江東区有明3-11-1
ホール ブース番号:東3ホールE19-48
・ネプコンジャパン2018」Webサイト: http://www.nepcon.jp/
昭和電工(株)
パワー半導体用SiCエピウェハー 高品質グレード品の追加増強を決定(1月23日)
昭和電工株式会社は、パワー半導体の材料である炭化ケイ素(以下、SiC)エピタキシャルウェハー(以下、エピウェハー)の高品質グレードエピウェハ―「ハイグレードエピ(以下、HGE)」について、現在進行中の生産能力増強に加え、さらなる増強を決定しました。当社の月産能力は本年4月に現在の3000枚から5000枚に拡大しますが、今回の追加増強により、本年9月には7000枚まで到達する予定です(注)。
SiCパワー半導体は、現在主流のSi(シリコン)製に比べ耐高温・耐電圧・大電流特性に優れた半導体材料で、電力制御に用いるモジュールの軽量・小型化と省エネルギー化に貢献することから、次世代パワー半導体として注目されています。従来の電源用途に加え、車載への実装に向けた動きが具体化しており、鉄道車両のインバータモジュールの他、急速に伸長する電気自動車市場においても、車載充電器や急速充電スタンドでSiCパワー半導体への切り替えが進んでいます。
当社のSiCエピウェハー事業は、業界最高水準である HGEの欠陥密度の低さと高い均一性が評価され、市場成長を上回る伸びを示しています。当社は2017年9月に生産能力の引き上げを決定しましたが、年央には新設備もフル生産となる見込みであることから、今回、さらなる投資を決定しました。
当社は今後も、安定供給体制を構築することで、市場からの要求に応えてまいります。
(注)1200V耐圧用デバイス仕様での換算
JFEスチール(株)
「1.5ギガパスカル級自動車用冷延鋼板」で平成29年度省エネ大賞を受賞
~製品・ビジネスモデル部門で初受賞~(1月22日)
当社はこのたび、「省エネと衝突性能を両立させた 1.5 ギガパスカル級自動 車用冷延鋼板」の功績により、「平成 29 年度省エネ大賞 製品・ビジネスモデ ル部門」(主催:一般財団法人 省エネルギーセンター、後援:経済産業省) の「資源エネルギー庁長官賞」を受賞しました。
「省エネ大賞」は、事業者や事業場等において実施した、他者の模範となる 優れた省エネへの取り組みや、省エネルギー性に優れた製品並びにビジネスモ デルを表彰するもので、日本全体の省エネ意識の拡大、省エネ製品の普及など による、省エネ型社会の構築に寄与することを目的としています。うち「製品・ビジネスモデル部門」は、日本の産業、業務、運輸各部門において、国内 で購入可能な優れた省エネルギー性を有する製品(要素製品及び資材・部品な どを含む)、および省エネルギー波及効果の高いビジネスモデルなどを表彰す る制度です。表彰式は、2018年2月14日に東京ビッグサイト(東京・江東区)にて行われる予定です。
1.受賞件名「省エネと衝突性能を両立させた 1.5 ギガパスカル級自動車用冷延鋼板」
2.受賞理由:鉄鋼製造・輸送・プレス加工・自動車走行の各工程で、大きな省エネ効果が得 られたことが高く評価されたため。
3.受賞概要:当社は、西日本製鉄所(福山地区)にある独自の WQ 方式*連続焼鈍プ ロセス(JFE-CAL)を活用し、冷間加工用の鋼板としては世界最高強度の 1470MPa 級冷延ハイテンを 2014 年に量産開始しました。WQ 方式の極めて高い 冷却速度(1000℃/秒以上)を利用して高強度化し、遅れ破壊の原因となる合 金の添加を極限まで低減することで、1470MPa 級の高強度と優れた耐遅れ破壊 特性を両立させています。 1470MPa 級冷延ハイテンは、従来の 980MPa 級ハイテンに対し、2倍の降伏強度を有しており、優れた衝突性能を維持して大きな部品軽量化効果が得られま す。同一の部品性能を従来よりも2割少ない素材の量で実現でき、鋼材製造・ 輸送・自動車走行の各工程で省エネに貢献します。また、室温でのプレス加工 が可能であり、熱間成形工法で必要だった加熱工程を省略することで、生産性 向上・省エネに貢献します。
* WQ 方式:水焼入れ。Water Quench の略。
昭和電工(株)
インターンシップを実施しました(喜多方事業所)(1月22日)
喜多方事業所では、2017年10月11日~12日に会津工業高校機械科2年生及び11月7日~9日に喜多方桐桜高校機械科2年生のインターンシップを受け入れました。当事業所では毎年、上記2校の生徒を受け入れており、今年は両校とも生産技術部保全チームにて実習を行いました。
実習では、初めに安全教育や工場見学を行い、製品・技術についての説明をしてから現場に行きました。設備の定期修理で部品を清掃する作業では、作業着が真っ黒になるまで一生懸命に取り組んでいました。「自分が不器用だということがわかった。」と言う生徒に対し、見学に来られた学校の先生が「そういう気づきがあるのは大切。学校の実習ではなかなかここまで本格的な作業はできないよ。」とアドバイスをしている場面が印象的でした。保全チームの従業員が専門的な道具を紹介しながら、「設備や機械を扱う職に就いたら、このテープは絶対に使うようになるよ」と取り扱いを説明しているときは、生徒も興味深そうに聞いていました。学校の授業で学んだことを実習の作業で活かせた場面もあったようで、「少しわかることもあってよかった」という声も聞かれました。また、桐桜高校の実習期間には、ちょうど「鞴(ふいご)まつり」*を行う日もあり、生徒のみなさんにも一緒に参加してもらいました。インターンシップを通して、挨拶や時間厳守など社会人の基本的なマナーから、製造現場での仕事や安全に対する意識まで、生徒のみなさんはいろいろなことを感じ、学んだことと思います。今回得た経験が、自らの将来を考えるうえで役に立つことを願っています。
* 鞴(火を起こすための道具)を使って仕事をする職人が、稲荷神または金屋子 (かなやご) 神を祭り、鞴を清めて祝う行事。
昭和電工(株)
複合材料用原料樹脂の販売価格改定について(1月22日)
昭和電工株式会社は、複合材料用原料樹脂の販売価格を次のとおり引き上げることを決定し、お客様との交渉を開始いたしました。
1.価格改定の内容
1)値上げ幅
 不飽和ポリエステル樹脂(商標名:リゴラック®) 25円/kg
 ビニルエステル樹脂(商標名:リポキシ®) 45円/kg
2)実施時期
 2018年2月1日出荷分より
2.価格改定の背景
昨今、ナフサなどの原燃料価格が高水準で推移し、ベンゼンおよびその誘導品価格も急騰が続いております。これらの影響を受け、スチレンモノマーをはじめとした不飽和ポリエステル樹脂およびビニルエステル樹脂の原材料価格は大幅な上昇が相次いでおります。
当社はこれまでも生産の効率化や配送の最適化等コストダウンに努めてまいりましたが、昨今の原材料価格の上昇は当社の努力のみでの吸収が困難であり、価格改定をお願いせざるを得ないとの結論にいたりました。
東京ガス(株)
米国エネルギー技術ベンチャーファンド"アクティベイトキャピタルパートナーズ"への出資について(1月19日)
東京ガス株式会社(社長:広瀬 道明、以下「東京ガス」)100%出資子会社のアカリオ・インベストメント・ワン社(社長:山上 伸、以下「アカリオ・インベストメント」)は、1月18日、米国エネルギー技術ベンチャーファンドのアクティベイトキャピタルパートナーズ(マネージングディレクター:デイビッド リンカーン、以下「アクティベイトキャピタル」)への出資契約を締結しました。アカリオ・インベストメントがベンチャーファンドに出資を行うのは初めてとなります。
このたび出資するアクティベイトキャピタルは、北米を中心にエネルギー、電力、産業技術、電気自動車関連などの分野で高成長しているスタートアップ企業に投資を行うエネルギー技術ベンチャーファンドです。
東京ガスは、グループ2018-20年度経営計画「GPS2020」においてイノベーションの創出を掲げており、スタートアップ企業、エネルギー関連ベンチャーキャピタル等への投資及び協業を検討してきました。このたびのアクティベイトキャピタルへの出資を通じ、外部の知識・技術を活用したオープンイノベーション型の研究開発を推進していきます。
東京ガスグループは、今後とも国内外のスタートアップ企業、エネルギー関連のベンチャーキャピタル等との協業を通じて、イノベーションを創出することで、お客さまや社会に貢献する価値の創造を続けてまいります。
・アクティベイトキャピタルパートナーズの概要
マネージング
ディレクター
デイビッド リンカーン
事業所 アメリカ合衆国ペンシルバニア州
設立 2018年1月
出資先 エネルギー、電力、産業技術、電気自動車関連などのスタートアップ企業

・アカリオ・インベストメント・ワン社の概要
社名 アカリオ・インベストメント・ワン社
代表者名 山上 伸
設立 2017年12月
事業所 アメリカ合衆国カリフォルニア州
出資比率 東京ガス100%出資
事業内容 スタートアップ企業およびエネルギー関連ベンチャーキャピタルへの投資

・アカリオ・イノベーション社の概要
社名 アカリオ・イノベーション社
代表者名 山上 伸
設立 2017年12月
事業所 アメリカ合衆国カリフォルニア州
出資比率 東京ガス100%出資
事業内容 投資および協業候補ベンチャー企業の情報収集
昭和電工(株)
大牟田市立宅峰中学校で講話を行いました(昭和アルミニウム缶 大牟田工場)(1月19日)
2017年12月14日、昭和アルミニウム缶(株)大牟田工場は、大牟田市立宅峰中学校を訪問し、2年生142名に企業学習会の一環として講話を行いました。
講話では、まず初めに、当社はアルミ缶のパイオニアであり日本で初めてオールアルミニウムの飲料缶を世に送り出した会社であることを紹介し、アルミ缶の製造工程についてサンプルとパワーポイントを用いて説明しました。
また、アルミ缶リサイクルについて昨年のリサイクル率やCan to Can率を伝えるとともに、その重要性について一緒に考えてもらえるような質問を交えながら説明しました。
最後に先生から「夢を持って仕事をするために、中学生の今、何を意識して過ごせばよいか。」とアドバイスを求められ、事務グループ長から中学生に向けて「まず挨拶や整理・整頓・清掃など基本的なことを身に付け、毎日の生活を大事に過ごすことが大切。仕事とは社会に価値を提供し貢献すること。若い皆さんは将来ぜひ夢を持って仕事に取り組んで豊かな人生を送っていただきたい。」とエールを送り、講話を終了しました。
後日中学生よりお礼の手紙が届き、「アルミ缶が近くで作られていることに驚いた」「リサイクルが省エネに貢献していることが分かった」などのほか、「大牟田に誇れるものがあって嬉しかった」と書いている生徒もおり、企業としての役割と責任を改めて認識しました。
大牟田工場は、社会貢献企業として、今後も積極的に地域と関わっていきます。
旭化成(株)
伊豆市立修善寺中学校「職業人に話を聞く会」に講師を派遣しました(1月19日)
2018年1月19日、旭化成ファーマは、伊豆市立修善寺中学校の依頼を受け、「職業人に話を聞く会」に医薬研究センター薬理研究部の研究者を講師として派遣しました。本講座では、中学1年生を対象に、職業人に直接話を聞くことによって、職業に対する意識を高めるねらいで企画されたもので、10種の講座に分かれて、それぞれの仕事に携わる職業人が講話を行いました。
当社は「製薬会社の研究職について」と題し、「市販薬と医療用医薬品の違い」「医療用医薬品が出来るまでの過程」などの知識面の説明のほか、「研究者の仕事内容や研究者を志した理由」「中学時代に学んでほしいこと」などについて実体験を交えて話し、生徒の皆さんは熱心に耳を傾けていました。当社は、これからも継続的な地域貢献を推進していきます。
旭化成(株)
当社グループの米国ZOLL社製品に関するお知らせ(1月19日)
米国食品医薬品局(Food and Drug Administration:FDA)より1月17日(米国東部時間)に公表されました安全性情報につきまして、下記の通りお知らせいたします。
対象製品:着用型自動除細動器「LifeVest」WCD 4000
FDA安全性情報発信の概要:
「LifeVest」WCD 4000において、メッセージ「サポートセンターにご連絡ください/Message Code102」がモニターに表示された場合、直ちにZOLLに連絡し速やかに機器を交換しないと、患者に対して電気ショックが適切に行えない場合があります。なお、本メッセージが表示された場合に、電気ショックが行えないといった機器の問題が起こることは極めて稀です。また、本メッセージは電気ショックの動作に影響の無い他の理由でも表示されます。
患者、介護者におかれましては、本メッセージが表示された場合には、直ちにZOLLのサポートセンターに連絡することを推奨します。
また、医療従事者におかれましては、患者に対して、本メッセージが表示された場合には、直ちにZOLLに連絡することを、より強く指導することを推奨します。
ZOLL社の対応:
本メッセージが表示された場合、直ちに機器を交換するためにZOLLのサポートセンターにご連絡いただけるよう患者への説明内容を改定しました。交換用機器は24時間以内に届けられます。本件では製品回収は行いません。FDAからも患者教育を改定することのみが言及されています。
ZOLL社はFDAとの間で適切な対応を進めており、当社は、本件がZOLL社の「LifeVest」事業ならびに当社連結業績に大きな影響を及ぼすことはないと判断しております。
旭化成(株)
ナイロン66繊維「レオナ」の生産設備増設決定について(1月19日)
旭化成株式会社の繊維事業本部では、このたび、宮崎県延岡市においてナイロン66繊維「レオナ」の生産設備増設を決定しましたので、お知らせします。
・背景
当社のナイロン66繊維「レオナ」は高強度、高耐熱、高耐久、軽量という特性を有しています。エアバッグ向け原糸やタイヤの補強材として、自動車産業を中心に広く工業資材分野に採用されており、品質の高さが評価されています。当社の中期経営計画「Cs for Tomorrow 2018」では、繊維事業を含むマテリアル領域において「自動車」を重点事業の一つと位置付けていますが、近年「レオナ」の主力用途である自動車用エアバッグは、アジア地区での自動車生産台数の増加、および各国での安全に対する要求の高まりにより、搭載率が上昇しており、今後も成長が見込まれています。このような背景から、今回生産設備の増設を決定しました。
・増設の概要
立地 宮崎県延岡市
生産品目 ナイロン66繊維「レオナ」
増設能力 約5,000トン/年(現有能力は約33,000トン/年)
工期 2018年2月着工予定、2019年度上期稼働開始予定
3.繊維事業本部レオナ繊維事業部長:吉野 龍二郎のコメント
「自動車生産台数の増加や安全規制の強化、使用部位の増加によるエアバッグ需要の高まりを受け、ナイロン66繊維の生産設備増設を決定しました。当社はさらなる事業の拡大を目指し、次期増設の検討も含め、引き続き供給体制の強化を図ってまいります。」
昭和電工(株)
首都圏直下型地震対応訓練を実施しました(本社)(1月18日)
2017年11月14日、昭和電工(株)本社にて、首都圏直下型地震を想定した防災訓練を実施しました。当日はあいにくの雨天のため、避難場所(芝大神宮前広場)に集合しての安否確認訓練はできませんでしたが、非常持ち出し袋を背負い、ヘルメットを被り、軍手を着けて、各フロアから1階まで非常階段を使用して降りる全員参加の避難訓練を行いました。
その他、非常対策本部・防災隊の設置や、携帯電話等を用いた安否確認システムでの報告訓練も行い、非常時の行動を再確認・再認識しました。
<訓練の内容>
 1)地震対応、安否確認訓練(携帯電話等での安否情報システム登録)
 2)非常対策本部設置等訓練
 3)情報支援基地(徳山事業所)設置・通信訓練
 4)防災隊編成訓練
 5)消火対応訓練
 6)火災避難訓練
 7)避難場所での安否確認訓練(雨天のため中止)
JXTGエネルギー(株)
JX-ENEOS野球部 2018年シーズン入部予定選手について(1月17日)
JX-ENEOS野球部は、2018年シーズンに向けて、選手9名の加入を決定しましたので、お知らせいたします。
新たな布陣でスタッフ・選手が一丸となり、都市対抗野球大会・日本選手権大会の二冠を目指し、精進してまいります。今後ともJX-ENEOS野球部への温かいご声援をよろしくお願いいたします。
JXTGエネルギー(株)
2018年 新年賀詞交歓会 杉森社長挨拶(要旨)(1月16日)
当社は1月15日(月)、グランドプリンスホテル新高輪(東京都港区)にて、特約店や物流協力会社の方々、約1300名をお招きして、2018年新年賀詞交歓会を開催いたしました。当社社長 杉森 務の挨拶(要旨)を下記のとおりお知らせいたします。
全国の特約店の皆様、および物流協力会社の皆様、明けましておめでとうございます。年頭にあたりまして、JXTGエネルギーを代表し、新年のご挨拶を申し上げます。
1.2017年を振り返って
昨年4月にJXTGエネルギーが発足し、9カ月が経過しました。この間、当社は製油所・製造所のネットワーク最適化の第一弾となる室蘭製造所の事業所化、価格体系や取引基本契約の統一といった販売諸制度の一本化や2019年度を目標としたSSブランドの統一など、様々な改革・取り組みを進めてきました。皆様のご理解・ご協力に対し、厚く御礼申し上げます。
2.変化する業界環境への対応
石油業界は厳しい環境に晒されている中、昨年来、EVに関する報道が続いています。EV普及には「①高価な車体、②電池性能による走行距離の短さ、③充電インフラの整備」の3つの課題があると言われています。これらは、各国の政策動向や自動車・電池メーカーの技術開発により、2025年から2030年頃には普及が加速するとの予測があり、石油業界としては、想像よりも早いタイミングで技術的ブレークスルーが起こる可能性について想定しておく必要があります。当社は、これからのいかなる事業環境にも適応する「新しいSSのかたち」を他社に先駆けて創り上げていくことが強く求められていると考えています。
私は、「新しいSSのかたち」は、現状の「燃料油を軸としてカーメンテ収益で稼ぐ」という基本モデルから大きく進化していくと考えています。現在、SSの新しいビジネスモデル構築に向けた検討を進めていますが、「新しいSSのかたち」は、強みである「立地」と「地域密着」を活かしながら、「自動車関連サービス」、「電気や水素を含めたエネルギー供給サービス」、「その他生活関連サービス」といった多様なサービスを展開することで新たな価値をお客様に提供するというイメージです。
足元の需要減に備えるための収益確保策として、電力小売事業にも取り組んでいます。また、2018年度には東京ガス管内の特約店の皆様に都市ガス小売を案内できるよう準備を進めています。SS店頭で電気と都市ガスをセットで提案するような施策が可能となることで、収益向上や顧客の固定化に繋がるものと確信しています。
3.今後のブランド戦略
ENEOSブランドへの統一後、「ENEOSブランド」のSSは国内で13000カ所となり、消費者にとって非常に利便性の高いネットワークに生まれ変わります。ブランド統一を機に、これまでエッソ・モービル・ゼネラルのSSにて展開してきたセルフSSブランド「Express」および非接触決済ツール「Speedpass」に関し、以下のように展開することを決定しました。
(1)新セルフSSブランド「EneJet(エネジェット)」
「EneJet」は「Energy/エネルギー」に、素早さ・勢いの良さを表す「Jet」を加えたものであり、「エネルギーを素早くチャージする」という思いを込めています。
「EneJet」のコンセプトは「Smart&Convenient」とし、「Smart」は「先進的で、早くて、きれい」を、「Convenient」は「使いやすく、便利」なセルフSSを目指します。敷地や設備には一定の基準を設け、デザインやサイン類も統一した「新しいセルフSS」を展開します。「EneJet」のもとでは、セブン-イレブンやドトールはもちろんのこと、「Dr. Drive(カーライフをトータルでサポートするSS)」も展開できます。
(2)非接触決済ツール「EneKey(エネキー)」
「EneKey」は、従来の非接触決済ツール「Speedpass」と変わらないコンセプトのもと、当社SSネットワークを最大限に活用し、お客様の利便性向上を目的として当社が提供する最新POS導入のすべてのセルフSSで利用できるようにします。
(3)今後のスケジュール
SS外観変更工事は2018年10月から開始し、2019年6月末までに完了させる予定です。また、個人カードの相互乗り入れは2018年10月から、「EneKey」は2019年7月からスタート予定です。これらの施策の展開により、「ENEOSブランド」の価値を進化させます。
4.最後に
当社は、昨年産声を上げましたが、本当の改革・真の統合はこれからです。2018年を「変革元年」と位置付け、新しく生まれ変わったJXTGエネルギーとしての変革をよりスピーディーに展開していく重要な年にしたいと思っております。皆様とは、これからも徹底的にかつ前向きに議論し合い、これまで以上に信頼の絆を深めてまいりたいと考えておりますので、よろしくお願い申し上げます。
東京ガス(株)
積水ハウス・東京ガス 新築戸建向け家庭用燃料電池「エネファーム」採用台数が累計1万台達成 ~単独の都市ガス事業者からの採用では日本最多~(1月16日)
積水ハウス株式会社は、このたび、自社が建設する新築戸建住宅において、東京ガス株式会社の販売する家庭用燃料電池「エネファーム」の採用台数*¹が、累計で1万台を達成しました。単独の都市ガス事業者からの「エネファーム」の採用台数が1万台に達したのは、積水ハウスが初めてとなります。
2015年に開催された「気候変動枠組条約第21回締約国会議(COP21)」において、日本は、「温室効果ガス排出量を2030年までに26%削減(2013年比)する」と公約しています。なかでも、家庭部門には39.3%削減(2013年比)という大きな目標が課せられており、この目標達成のためには再生可能エネルギーの比率を高める必要があります。エネルギー需給において季節変動が大きい日本で再生可能エネルギーの比率を高めるためには、エネルギーの平準化が不可欠です。短期の変動は蓄電システムで安定化が可能ですが、週単位あるいは季節変動のような長期間の変動に関しては水素に変換して安定化させるなどの対策が必要となります。しかし、水素社会は一日にして実現するものではなく、水素社会の基礎技術である燃料電池の開発普及が必要です。このため積水ハウスと東京ガスは「エネファーム」を積極的に普及促進してきました。
「エネファーム」は、省エネ・省CO2といった地球環境への配慮に加え、電力ピークカットへの貢献が可能な分散型エネルギーシステムです。東京ガスは、2009年に「エネファーム」の販売を開始し、ラインナップの拡充や商品性の向上を図ることで、多くのお客さまにご好評頂いてきました。2017年には、非常時に役立つ機能を強化した「レジリエンスモデル*²」およびIoT化*³に対応した戸建向けの新製品を発売しました。
積水ハウスは、2008年に、住宅のライフサイクルでCO2排出を2050年までにゼロにする「脱炭素宣言」を行い、この目標達成に向けて、2009年には生活時のCO2排出を50%以上削減出来る「グリーンファースト」の販売を開始しました。「グリーンファースト」では、燃料電池を積極的に採用し、水素社会構築に向けて動き出しました。2013年には、戸建住宅におけるZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)「グリーンファースト ゼロ」の販売も開始し、日本最多のZEH販売実績を達成しています。今後も、環境大臣認定「エコ・ファースト企業」として、お客様の快適な暮らしと、環境と社会への貢献を両立するため、「エネファーム」とZEH「グリーンファースト ゼロ」普及の取り組みをさらに加速させてまいります。
東京ガスは、2017年11月27日時点で、「エネファーム」の累計販売台数は9万台を達成しており、今後も「エネファーム」の普及を通じて、お客さまの快適な暮らしと地球環境の保全、電力ピークカット等に貢献してまいります。
*1 お客さま宅へ設置した台数
*2 停電時に電気を使いたいというニーズに従来以上に対応しやすくするため、スタックの連続発電性能を向上させることで、従来品の約2倍の最長約8日間(192時間)、継続して発電できるようにした機種。起動時に必要な電流耐性の見直し等により、停電中にエネファームが停止していた場合でも、市販の蓄電池や発電機等のAC100V電源でエネファームの起動が可能。
*3 「ネットワーク接続サービス」を活用することで、スマートフォンアプリを使用し、外出先からのお風呂・床暖房・発電のON/OFF操作や、「エネファーム」で計測した電気・ガス・お湯の使用量や光熱費等の把握が可能。
昭和電工(株)
交通安全講習会を開催しました(小山事業所)(1月16日)
小山事業所では、2017年12月6日・13日に、小山警察署の青山主任を講師にお招きして安全講習会を実施し、約720名が参加して開催しました。これは、年末の交通安全運動の時期に合わせて、交通安全意識の向上と交通マナーを高めるためもので、毎年実施しています。
講演では、県内・管内の事故・災害状況についてお話しいただき、主に飲酒運転や高齢者が関係した事故、日没後に起きる事故が増加していることを説明いただきました。
また、DVDでは、ハイビームを小まめに活用することで早めに危険を避けられ事故を回避できること、横断歩道で歩行者がいた際に一時停止をしない運転手が多いが、後続車に注意した上で必ず停止が必要であるなどの事例を学びました。歩行者を守ることも事故防止につながると再確認しました。
本日の講演の中で各自実践できることは即実践し、交通安全への意識向上に努め、交通災害を発生させないことを誓い、終了しました。
昭和電工(株)
エマルジョン製品の価格改定について(1月16日)
昭和電工株式会社は、エマルジョン製品「ポリゾール®」の販売価格を次のとおり引き上げることを決定し、お客様との交渉を開始いたしました。
1.価格改定の内容
1)値上げ幅:エチレン-酢酸ビニル系 16円/kg  酢酸ビニル系 14円/kg
2)実施時期:2018年2月1日出荷分より
2.価格改定の背景
エマルジョン製品のうち、エチレン-酢酸ビニル系製品や酢酸ビニル系製品は、主にエチレンや酢酸ビニルから製造されます。現在、これらの主原料であるナフサおよび酢酸の価格は、原油市況等の状況から上昇傾向にあります。また、安全・安定供給に不可欠な物流等の費用も値上がりを続けています。これらの外部環境の変動によるコストの上昇は、当社の努力のみでの吸収が困難であり、お客様に価格改定をお願いせざるを得ないという結論にいたりました。
エマルジョン製品は、接着剤や塗料用など多岐にわたり、日常生活に密接な関係を持った合成樹脂です。また、エマルジョン製品は水を媒体とし、有機溶剤等を含まないため、環境への負荷が低い製品として、住宅建材・建築・繊維・紙加工など様々な用途に利用されています。
JXTGエネルギー(株)
SSブランド統一に関わるスケジュールおよび施策について(1月15日)
当社(社長:杉森 務)は、現在「ENEOS・エッソ・モービル・ゼネラル」ブランド(商標)で全国展開しているサービスステーション(以下、「SS」)を「ENEOS」に統一することを昨年9月に発表いたしました。
今般、SSブランドの統一に関わるスケジュールおよび施策を決定しましたので、お知らせいたします。
1.SSブランドの統一時期
2019年7月をもってすべてのSSをENEOSブランドに統一いたします。これに向け、2018年10月から看板・塗装工事に順次着手し、2019年6月末までに完了する予定です。
2.クレジットカードの相互乗り入れ
ENEOSおよびエッソ・モービル・ゼネラルのSSにてそれぞれ発券しているクレジットカードについては、個人のお客様向けカードは2018年10月から、法人・団体のお客様向けカードは2019年4月からSSブランドに関係なく、それぞれのカードに付帯する各種特典が適用されます。
相互乗り入れ
開始時期
ENEOS系カード エッソ・モービル・
ゼネラル系カード
個人のお客様 2018年10月 ENEOSカード シナジーカード
法人・団体のお客様* 2019年4月 ENEOS BUSINESS
ENEOS ASSOC
ENEOS FC
コーポレートカード
コーポレートプラスカード
* ブランドの統一工事が始まる2018年10月以降、法人・団体のお客様向けカードのご利用可能SSに関しては、店頭または当社ホームページにてご確認ください。
3.セルフSSブランド「EneJet(エネジェット)」の展開
エッソ・モービル・ゼネラルのSSにて展開してきた「Express」*のコンセプトや機能を引き継ぎつつ、新会社として新たなセルフSSブランドとして「EneJet」を開発し、ブランドの統一工事が始まる2018年10月から展開予定です。
ロゴは、ENEOSのセルフSSで使用されているブルーを採用することで親和性を図ると共に、「新しさ」を強調しました。
* 「最もすばやく、最も簡単で、最もきれい」をコンセプトに、統一した外観と施設を擁するセルフSS。
4.非接触決済ツール「EneKey(エネキー)」の展開
セルフSSでの給油を素早く、簡単にするための決済手段として、エッソ・モービル・ゼネラルのセルフSS「Express」で展開してきた「Speedpass」*に代わる新たな非接触決済ツール「EneKey」を開発し、SSブランドが統一される2019年7月から展開予定です。
シンボルマークはENEOSのブランド色の円に「E」の文字を重ね、鍵の形をイメージしています。
* クレジットカードに紐付けされたキーホルダー型の非接触決済ツール。端末にかざすだけで支払いが完了。
JXTGエネルギー(株)
組織の改正について(1月15日)
当社は、2018年1月15日付で、下記のとおり組織の一部を改正しますので、お知らせいたします。
1. 改正内容
※以下、「 」表記は新設による組織
(1)川崎製油所
ア.「製造1グループ」「製造2グループ」を設置する。
(2)東燃化学川崎製造所
ア.製造1グループ、製造2グループを廃止する。
イ.川崎製油所および東燃化学川崎製造所のいずれにも設置されている、総務人事・工務・環境安全・技術・品質保証の各部門担当副部長の下に置かれている17のグループを廃止する。
2. 改正理由
川崎製油所および東燃化学川崎製造所は、これまで石油製品・石油化学製品の生産拠点として効率的な一体運営を行ってきましたが、このたび、さらなる組織の一体化・簡素化に向けた取組みの一環として改正を行うものです。
昭和電工(株)
大阪府立大学生の工場見学会を行いました(堺事業所)(1月15日)
2017年10月12日と10月19日の2日間にわたり、堺事業所では、大阪府立大学 工学院 機械工学科3 年生の工場見学会を受け入れました。
今回の見学会は2014年に続き2回目となります。10月12日は学生と教諭合わせて42名、10月19日には学生と教諭合わせて43名、合計85名の方に来場いただきました。
見学会では、若手技術系社員による製造工程の説明や案内を行い、その後の質疑では、学生より「研究開発投資のターゲットとしている方向性」や「仕事をしている上で、やりがいを感じていること」などの質問が挙げられ、学生の関心の高さが窺えました。また、見学会解散後にも熱心な学生と人生の先輩による車座に自然と移行し、より熱い質疑が繰り広げられているのが印象的でした。
これからも、堺事業所では見学の受け入れをはじめとした地域の皆様や近隣の学校との交流を継続し、事業活動についてご理解とご協力をいただけるよう努めて参ります。
旭化成(株)
個別の敷地特性に応じた地震動を予測するシステムを共同開発へ(1月15日)
旭化成株式会社および旭化成ホームズ株式会社は、このたび国立研究開発法人防災科学技術研究所と、「極小アレイ微動観測を利用した建築物敷地別地震動予測システムの開発」の共同研究を開始しましたのでお知らせいたします。(契約締結は2018年1月9日)
本研究は、国立研究開発法人防災科学技術研究所などが開発した、表層地盤ごとに異なる揺れやすさを推定する「極小アレイ微動観測」によって蓄積された地盤構造データをもとに、実際の地震時の地震動予測を行うものです。将来的には個別の敷地における地震動の予測に基づき、建築する建物に発生する建築物の損傷を推定するシステム(建築物ヘルスチェックシステム)を構築することを視野に入れています。
2016年4月に発生した熊本地震では、多くの住宅が倒壊した原因に表層地盤の揺れやすさが大きく関わっていると言われています。しかし、表層地盤に関する微動調査や解析は、これまでも大規模建築物、大規模構造物などの特殊建築物には実施されていましたが、調査に大掛かりな装置が必要で解析にも時間が掛かるため戸建住宅レベルの建築では利用されていませんでした。
今回使用する「極小アレイ微動観測」は、地表付近で発生する微小な振動を、戸建住宅の敷地でも測定可能なようにコンパクトに設置された複数の微動計で測定し、データを解析することで地盤構造を推定する調査手法です。表層地盤は、同じエリアでも敷地によって異なるものですが、地震による建物の揺れやすさを手軽に個別に推定することが可能となります。今回の共同研究で、旭化成ホームズは住宅展示場約60か所の敷地を「微動観測」のために提供するとともに、スマートフォンを用いた地震計を設置して地震発生時のデータ取得を行うことで、「微動観測データ」による敷地の地震動予測の有用性、正確性の検証を行います。
今後、旭化成ホームズでは共同研究の成果を踏まえ、お客様の建設予定地で「微動観測」を実施し、その結果から想定される予測地震動を「地震ザブトン*¹」で体験してもらうサービスの開発などを検討する予定です。さらに、その予測地震動データを、建物の揺れを軽減させ損傷を最小限に抑える設計や構造を検討することにも活かし、安全・安心な住まいづくりに貢献することを目指してまいります。
*1 地震ザブトン:「可搬型地震動シミュレーター」白山工業株式会社製
*2 本観測実施方法は国立研究開発法人防災科学技術研究所にて特許出願中の技術です。
JXTGエネルギー(株)
新テレビCM「ENEOSエネルギーソング スピードスケート編・フィギュアスケート編」を放映開始!(1月12日)
当社は、新テレビCM「ENEOS エネルギーソング スピードスケート編・フィギュアスケート編」の全国放映を1月13日(土)から開始します。
今回のCMは、「2月9日に開幕する平昌2018冬季オリンピックで活躍が期待される日本代表選手団に、熱いエールを送りたい」との想いを込めて制作しました。
オリンピック種目であるスピードスケートとフィギュアスケートにチャレンジするエネゴリくんが見所です。
スピードスケートでは、エネゴリくんが最後の力を振り絞って曲がる最終コーナーの先で、まさかのアクシデントが発生!?また、フィギュアスケートでは、観客がプロフィギュアスケーターの荒川 静香さんの素晴らしい演技に魅了される中、エネゴリくんがリンクに登場します!
エネゴリくんの奮闘ぶりにぜひご注目ください。
当社は、「ENERGY for ALL」をコンセプトにDREAMS COME TRUEが夢を持って生きるすべての人に向けて書き上げた応援ソング「その日は必ず来る」を通じて、すべての人々に熱いエネルギーをお届けしたいと考えております。
1.CMタイトル
 「ENEOS エネルギーソング スピードスケート」編   (15秒)
 「ENEOS エネルギーソング フィギュアスケート」編  (15秒)
2.放映開始日  2018年1月13日(土)
3.放映エリア   全国
 ※当社ウェブサイトでも、1月13日(土)からご覧いただけます。
 http://www.noe.jxtg-group.co.jp/tokyo2020/
4.定期提供番組
日曜日 日本テレビ系列 「ザ!鉄腕!DASH!!」
木曜日 テレビ朝日系列 「木曜ドラマ BG~身辺警護人~」
土曜日 TBS系列 「新・情報7daysニュースキャスター」
※上記以外の番組におきましても、スポットCMを随時放映予定です。
(株)浜銀総合研究所
2017年の神奈川県経済と2018年度の見通し(1月12日)
1.2017年の神奈川県経済は総じてみれば回復傾向をたどった。企業部門では、海外経済の回復により輸出が増加し、企業業績が改善するなかで設備投資は高水準で推移した。また、企業の景況感も改善の動きが明確になった。一方、家計部門では、消費マインドの改善などを背景に個人消費に持ち直しの動きがみられた。ただし、長雨や台風の影響などで夏場以降の消費は伸び悩んだ。住宅投資は貸家の着工減などにより年後半にやや弱い動きになった。公的部門では、公共投資が高水準で推移した。
2.2018年度の県内経済は回復基調で推移するだろう。家計部門では、雇用所得情勢の改善などにより個人消費が緩やかに増加すると予想される。住宅投資は貸家の着工低迷などにより減少に転じる見込みである。企業部門では、中国の旺盛な設備投資ニーズや減税による米国の景気拡大などの効果で輸出が増加するだろう。輸出が堅調に推移するなかで製造業の設備投資が増加し、非製造業でも臨海部で建設投資が活発化する見込みである。公的部門では、インフラ関連投資などを中心に公共投資の増勢が強まるだろう。
3.以上のような景気の姿を実質県内総生産で示すと、2017年度は前年比1.8%増と高めの成長になると見込んだ。2018年度についても同1.4%増と回復の動きが続くと予測した。
昭和電工(株)
フォークリフト運転従事者安全衛生講習会を開催しました(小山事業所)(1月12日)
小山事業所では、2017年11月6日、14日、22日の3日間、ロジスネクストユニキャリア(株)から講師にお迎えし、フォークリフト運転従事者を対象とした安全衛生教育を行ない、計423名が受講しました。
労働安全衛生法第60条の2における「危険又は有害な業務に現に就いている者に対する安全衛生教育に関する指針」にて、フォークリフト運転業務に従事する者に対する教育が求められていることから、災害の防止をめざし本安全教育を実施しました。
講義では、フォークリフトの特徴や取扱い方法、保守点検、害事例や危険予知とその対策などについて、時にはイラストを用いながら丁寧にご説明いただき、受講者たちは熱心に学びました。
フォークリフトは作業で欠かすことのできない荷役設備ですが、ひとたび運転者が操作を誤れば、重篤災害が発生するリスクのある危険な設備でもあります。
小山事業所はフォークリフト災害ゼロを継続するため、より一層の努力を続けて参ります。
昭和電工(株)
消防訓練・消火器訓練を実施しました(龍野事業所)(1月11日)
龍野事業所では、2017年12月4日に消防訓練と小型消火器訓練を実施しました。今回の消防訓練は「コンパウンド工場(3階)のニーダー付近のモノマー配管から漏えいが発生し、掃除機のコードの被覆めくれ箇所で引火」を想定しました。
訓練では、負傷者の状況や消火状況、保管危険物の内容などについての伝達訓練、延焼防止を目的とした放水訓練などを実施しました。
前回の反省で挙がった無線の集中を避けるため、各隊の点呼確認を伝令で対応したところ、発災現場との状況のやり取りを無線でスムーズ行うことができました。
また、小型消火器訓練を4年ぶりに実施しました。業者による機器の取扱い等の注意事項などの説明後、各部署の代表者が実際に小型消火器を使い、消火を行いました。 「消火器自体を実際に使用するということは日常ほとんどないので良い訓練(経験)になった」などの意見が挙がりました。今後も数年に1回程度は消火器訓練を実施していきます。これからもこのような訓練を継続して実施し、万が一の災害に対応できるよう努めていきます。
旭化成(株)
リチウムイオン二次電池用セパレータの生産能力増強について(1月11日)
旭化成株式会社は、このたび、リチウムイオン二次電池(LIB)用セパレータ*「セルガード」および「ハイポア」の生産能力増強を決定しましたので、お知らせします。
* LIBの正極・負極間に位置する多孔質膜で、正極・負極間でリチウムイオンを透過させる機能を有するとともに、正極と負極の接触を遮断し、ショートを防止する部材。
・背景 LIB市場は、電気自動車等の車載用途を中心に、急速に成長しています。当社グループは、LIB用セパレータとして「セルガード」と「ハイポア」を有し、乾式膜と湿式膜の双方を手がけるメーカーとしてグローバルリーディングポジションを確立しています。現在、乾式膜は米国ノースカロライナ州に、湿式膜は滋賀県守山市、宮崎県日向市および韓国に生産拠点を置き、積極的な事業拡大を図っています。このたび、2020年までに約11億m2/年の供給体制を整備する2016年5月発表の計画に従い、下記の設備増強を決定しました。
・能力増強の概要
設備投資額 約75億円(下記a),b)の合計)
a)乾式膜「セルガード」
 立地:米国ノースカロライナ州(既存工場内)
 生産品目:LIB用セパレータ「セルガード」
 増強能力:約1億5,000万m2/年
 稼働時期:2018年度下期商業運転開始予定
b)湿式膜「ハイポア」
 立地:滋賀県守山市(守山製造所内)
 生産品目:LIB用セパレータ「ハイポア」
 増強能力:約9,000万m2/年
 稼働時期:2020年度上期商業運転開始予定
3.当社グループの生産能力
当社グループのLIB用セパレータの生産能力は、今回の増強により乾式膜が約4億m2/年、湿式膜が約7億m2/年、合計約11億m2/年となります。今後も需要の伸びに合わせて積極的な能力増強を行い、お客様の要求に応えてまいります。
旭化成(株)
最高性能の断熱材「ネオマゼウス」の販売開始について(1月11日)
旭化成建材株式会社は、2016年12月に開発成功を発表した断熱材「ネオマゼウス」について、本年1月16日より販売を開始することを決定しましたのでお知らせいたします。
1.経緯
当社は、現在フェノールフォーム断熱材「ネオマフォーム」および「ネオマジュピー」の2製品を展開しておりますが、2017年4月から開始された省エネ基準適合化など、住宅における断熱性能の高性能化が進行するなか、従来の2製品よりさらに断熱性能を10%高めた「ネオマゼウス」を開発し、販売の準備を進めてきました。今般、JIS認証および主要な防火構造認定の取得等の準備が整いましたので、販売を開始します。
当社のフェノールフォーム断熱材製品は、いずれもノンフロン発泡で 1)最高レベルの断熱性能を有し、2)その断熱性能を長期にわたって維持でき、3)フェノール樹脂の特長を生かし優れた耐燃焼性を備える製品です。2000年10月の「ネオマフォーム」の発売以来、戸建住宅から、一般建築、産業用途などさまざまな分野で幅広く採用されてきましたが、とりわけ戸建住宅の中で高い断熱性能を目指す住宅に多く採用されており、このたび「ネオマゼウス」が加わることで、よりその展開が広がることが期待されます。
2.製品の特長
1)断熱性能
熱伝導率(断熱性能を表す値) λ=0.018W/(m・K)
「ネオマゼウス」は、JIS A 9521:2017(建築用断熱材)の「フェノールフォーム断熱材1種2号EⅡ」を取得しています。熱伝導率λ=0.018W/(m・K)という値は、このJIS A 9521の中で最高ランクとなります。
2)環境性能
「ネオマゼウス」は、従来の「ネオマフォーム」で使用している炭化水素系ガスに、地球温暖化係数の値がより小さいHFO(ハイドロフルオロオレフィン)*¹を加えることで、発泡ガスの環境性能を向上させています。
当社断熱材「ネオマフォーム」「ネオマジュピー」と主な特性を比較すると以下のようになります。
「ネオマゼウス」 「ネオマフォーム」 「ネオマジュピー」
該当JIS規格 JIS A 9521 フェノールフォーム
断熱材1種2号EⅡ
JIS A 9511 フェノールフォーム
保温板1種2号E
IS A 9521 フェノールフォーム
断熱材1種2号CⅡ
JIS A 9511 フェノールフォーム
保温板1種2号C
JIS A 9521 フェノールフォーム
断熱材1種3号CⅡ
密度(kg/m3) 30 27 24
熱伝導率(W/(m・K)) 0.018 0.020 0.020
発泡ガス HFO、炭化水素(混合) 炭化水素 炭化水素
主な部位・用途 屋根、壁 屋根、壁 床充填専用
3.製品仕様
1)JIS規格
JIS A 9521 フェノールフォーム断熱材1種2号EⅡ
JIS A 9511 フェノールフォーム保温板1種2号E
2)構成

3)製品規格

4)製品外観(45Z-G6)
<取得済み>
ネオマゼウス外張り断熱工法 [外装材]:サイディング [構造]:軸組/枠組
ネオマゼウス充填断熱工法 [外装材]:サイディング [構造]:軸組/枠組
ネオマゼウス外張り+充填断熱工法 [外装材]:サイディング [構造]:軸組/枠組
<申請中>
ネオマゼウス外張り断熱工法 [外装材]:鋼板 [構造]:軸組/枠組
ネオマゼウス外張り+充填断熱工法 [外装材]:鋼板 [構造]:軸組/枠組
5.主な使用例
屋根(外張り工法)
壁(外張り工法)
床(大引間充填工法)
6.断熱材「ネオマ」シリーズについて
当社では、「ネオマゼウス」をより高性能な断熱水準の住宅に向けた製品と位置づけ、「ネオマフォーム」「ネオマジュピー」も合わせた3製品でさまざまな住宅の温熱性能に応じた事業展開を図っていきます。
7.販売開始日:2018年1月16日
8.販売エリア:日本全国
9.今後の断熱材事業の展開
日本の住宅は、欧米に比べて冬の寒さが問題となっていますが、当社としては、さまざまな形で、できる限り少ないエネルギーで寒さを解消し、健康で快適な暮らしを実現できる温熱環境の提供に努めたいと考えています。そのために製品の提供のみならず、設計支援、施工支援などのサービスの提供や、2017年1月に開設した「快適空間ラボラトリー」(体験棟および展示棟)で体験できる「あたたかい暮らし」の価値を発信していきます。当社は今後とも「クリーンなエネルギー社会」の実現に貢献するとともに、断熱材事業の一層の拡大を図っていきます。
*1 HFO(ハイドロフルオロオレフィン):地球温暖化係数が極めて小さい、ノンフロン発泡剤
*2 HEAT20:「2020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会」
2009年に設立された学会、研究者、住宅建築家、住宅生産者、断熱建材生産者などのメンバーで構成された団体
昭和電工(株)
中国現法交流会を開催しました(1月10日)
昭和電工管理(上海)は、2017年11月9日と10日の2日間、中国広東省珠海において中国現法交流会を開催致しました。昭和電工グループから7社(四川昭鋼炭素、昭和電工アルミ(南通)、上海昭和高分子、浙江衢州巨化昭和電子化学材料、赣州昭日稀土新材料、昭和電工新材料(珠海)、GMM)、さらには長興グループからもご参加いただきました。
初日は昭和電工新材料(珠海)と長興材料工業(広州)を訪問しました。主に安全、安定生産、TPM活動への取り組みについての紹介でした。工場見学では説明者に対して積極的に質問をしたり、現場の写真を撮るなど、皆さん自社の活動に生かそうという意欲が表れていました。
2日目の午前は外部講師を招き、組織一体化に関するワークショップを実施しました。目標設定や問題解決についての手法を学んでいただき、皆さんからは非常に参考になったとの感想を頂きました。午後は珠海市にあるビール工場を見学し、最後の試飲会では皆さん楽しい雰囲気の中で交流を深めていました。
今回、初めてとなる中国現法交流会の開催でしたが、多くの方に参加いただき、非常に有意義な内容となりました。今後も毎年開催する予定です。
JXTGエネルギー(株)
第84回皇后杯 全日本バスケットボール選手権大会5連覇22回目の優勝について(1月9日)
JX-ENEOSサンフラワーズは、一昨日行われました第84回皇后杯全日本バスケットボール選手権大会におきまして、デンソーアイリスに84対62で勝利し、5連覇および史上最多記録を更新する22回目の優勝を果たしましたので、お知らせいたします。
決勝戦では、宮澤夕貴選手が19得点、渡嘉敷来夢選手が17得点、大﨑佑圭選手が16点をあげるとともに、強固なディフェンスで勝利を収めました。
大会MVPには宮澤夕貴選手が選ばれました。また、今大会活躍した選手に贈られるベスト5に、当チームから渡嘉敷来夢選手(8年連続8回目)、大﨑佑圭選手(2年ぶり3回目)、宮澤夕貴選手(2年連続2回目)の3選手が選出されました。
今後、JX-ENEOSサンフラワーズは、1月13日から再開する第19回Wリーグにおいて、10年連続21回目の優勝に向けて戦ってまいります。引き続き温かいご声援をよろしくお願いいたします。
<JX-ENEOSサンフラワーズの成績>
日 程 対戦チーム スコア
2017年 11月26日(日) 3回戦 愛知学泉大学 97-59
2018年 1月5日(金) 準々決勝 トヨタ紡織 サンシャインラビッツ 69-44
1月6日(土) 準決勝 トヨタ自動車 アンテロープス 78-52
1月 7日(日) 決勝 デンソー アイリス 84-62
JXTGエネルギー(株)
家庭向けガス小売事業の変更登録について(1月9日)
当社は、東京ガス株式会社の供給区域を対象に、経済産業大臣へ家庭向けガス小売事業の変更登録申請を行い、今般、その登録が完了しましたので、お知らせいたします。
これまで、当社は八戸・釧路・水島地区を中心に大口需要家向けの天然ガス・LNG販売および都市ガス会社向け卸供給を行ってまいりました。ガス事業のさらなる拡大に向け、2018年度中に、東京ガス株式会社の供給区域における家庭向けガス小売販売を開始する予定です。また、試験的に2018年1月から社員向け販売を行います。
なお、料金・サービスメニューなどの詳細については決定次第、改めてお知らせいたします。
当社は、全国展開するサービスステーションを通じた石油製品販売に加え、2016年4月から、「ENEOSでんき」、「myでんき」のブランドによる家庭向け電気小売販売も展開しております。今回の家庭向けガス小売事業への参入により、都市ガス小売事業についても、魅力あるサービスの開発・提供に取り組み、引き続き「総合エネルギー企業」として、エネルギーのあらゆるニーズに対応してまいります。
東京ガス(株)
タイNong Fab(ノンファブ)LNG受入基地建設におけるPMC業務の受注について*(1月9日)
東京ガスエンジニアリングソリューションズ株式会社(以下「TGES」)は、このたび、タイPTT LNG Company Limited(以下「PTTLNG」)から、タイ王国において、またPTTLNGにとっても2箇所目となる、新たに立地する「Nong Fab(ノンファブ)LNG受入基地」(750万トン/年、以下「本受入基地」)の建設工事におけるプロジェクト・マネジメント・コンサルタント業務(以下、「PMC業務」)を受注いたしました。
同国での日本企業によるLNG受入基地関連プロジェクトのPMC業務の受注・実施は、2014年にTGES(当時は東京ガス・エンジニアリング株式会社)が同社から受注した「Map Ta Phut(マプタプット)LNG受入基地」拡張工事におけるPMC業務に続き2例目となります。
PTTLNGの親会社であるタイ石油公社(PTT Public Company Limited、以下「PTT」)は、2023年までにLNGの受入能力を現在の年間1,000万トンから年間1,900万トンまで増強する計画としており、本受入基地は、その一環で建設されるものです。
TGESは、PTTから2箇所目の新規LNG基地建設の候補地選定及び初期技術検討を受注し、その後、PTTLNGから基本設計業務(FEED)及び建設工事請負事業者選定業務を受注いたしました。これらの新規LNG基地に係る業務に加えて、「Map Ta Phut LNG受入基地」でのPMC業務を通じ、東京ガスやその他国内外LNG受入基地建設、運用によって豊富に蓄積されたTGESの高い技術力*が認められたことで、本PMC業務の国際入札に参加し、厳正なる審査同入札を経て今回の受注に至りました。
* 東京ガスの日本国内における4基地をはじめ、タイ、韓国、フィリピン、台湾、インドネシア、UAE、インド、バングラデシュ、ミャンマー、ベトナム、中国、スペイン、ポルトガルなど多数のLNG受入基地エンジニアリングに関わった実績
TGESは、「東京ガスグループ2018-20年度経営計画『GPS2020』」で掲げている「海外市場における天然ガスを中心とした環境に優しいエネルギー供給」の実現に向けて、今後も事業を積極的に展開してまいります。
昭和電工(株)
消防訓練を行いました(連雲港昭菱磨料有限公司)(1月9日)
連雲港昭菱磨料有限公司では2017年12月22日、全従業員参加の『冬季消防訓練』を行いました。これは消火活動の確認と冬の寒冷時に放水等の設備状況を確認することを主な目的としています。
最も火災が発生しやすい場所である化学室を火元として火災が発生したとの想定で、火炎の発生する発煙筒を火元に見立て、全従業員にサイレンで火災発生を知らせ、集合場所への避難を行いました。避難は非常に迅速に行われ、火災発生から4分後には点呼が完了しました。
全員が避難したことを確認した後、消火器を実際に使用して消火訓練を行いました。更に、消火栓からホースを引き出し、防火用水による放水訓練を行いました。火元となった職場の従業員が防火服を着用し、本番さながらに放水を行いました。
当社は、二度と火災事故を発生させてはならないという強い決意を胸に、安全・安定操業を達成できるよう努力していきます。
(株)クレハ環境
川崎国際環境技術展2018に出展いたします(1月9日)
2月1日から2日まで行われる川崎国際環境技術展2018において、「廃棄物・リサイクル部門」にて出展いたします。期間中は当社の事業内容や川崎市臨海部における環境保全・エネルギー供給の取組みについて模型・映像・パネルを使いご紹介いたします。
ご来訪者にはクレラップをプレゼントいたします。是非お立ち寄りください。
期間:2018年2月1日(木)から2日(金)
場所:とどろきアリーナ/当社ブースはNo.019(センターステージから見て左側)です。
日本通運(株)
春の引越しキャンペーン ~35周年の東京ディズニーリゾート®へ行こう~(1月5日)
当社は、2018年1月10日から2018年3月9日までの間、「春の引越しキャンペーン~35周年の東京ディズニーリゾート®へ行こう」を実施します。
「キャンペーン内容」
・対象期間 2018年1月10日(水)~2018年3月9日(金)
※上記期間に発作業を実施し、当社HP内応募ページよりお申し込みされたお客様。
(海外引越・航空貨物、支払方法が会社請求のお客様は対象外)
・特典 チケットコース:東京ディズニーリゾート®パークチケット(ペア)100組200名様
グッズコース :選べる!ミッキーフレンズぬいぐるみ150名様
(ミッキー、ミニー、ドナルド、デイジー、チップ&デール各30名様)
・応募方法 応募期間中に当社ホームページの専用フォーム(PC・携帯サイト)から、お客様 ご自身の入力により申し込み https://www.nittsu.co.jp/hikkoshi/news/campaign_2018tdr/
・当選発表 景品の発送をもって当選発表
チケットコース:キャンペーン終了後に抽選のうえ、2018年3月末までに発送
グッズコース :キャンペーン終了後に抽選のうえ、2018年4月末までに発送
JXTGエネルギー(株)
石油化学製品(ベンゼン)の契約価格決定について(1月4日)
当社は大手需要家との交渉の結果、ベンゼンの1月契約価格(ACP*)を下記のとおり決定しましたので、お知らせいたします。
* Asian Contract Price: アジア契約市場における指標価格(運賃込み)
・決定価格 2018年1月契約価格   885$/t(前月比±0$/t)
・背景・理由 12月のアジア域内のベンゼン市況は、好調な誘導品市況および高水準を維持している米国向けベンゼン輸出に支えられ、底堅く推移しました。こうした市場環境を反映し、1月契約価格は、12月同様となる885$/tにて決着しました。なお、国内価格換算想定値は、106.0¥/kgです。
JXTGエネルギー(株)
2018年 社長(杉森 務)年頭挨拶について(1月4日)
明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。本日、JXTGエネルギー本社(東京都千代田区)にて行われました、当社社長 杉森 務のグループ社員に向けた 「年頭挨拶(要旨)」を下記の通りお知らせいたします。
構造的要因による国内燃料油の需要減少や競争力が高い海外製油所との競争に直面するなど、当社を取り巻く事業環境は今後も厳しい状況が継続することが想定されており、コア事業である石油精製販売・化学品事業の競争力強化に向けた取り組みをこれまで以上に加速させる必要がある。当社は、3年間で1,000億円のシナジー効果の実現と三大改革を軸とする中期経営計画を「抜本的な変革の実行プラン」と位置付け、全力で取り組んできた。これまでの取り組みを振り返るとともに今後の課題について申し上げる。
1.三大改革
(1)製油所・製造所の安全・安定操業に関する改革
強靭な安全・安定操業体制の構築に向けて、2018年度から操業管理・設備信頼性管理・品質マネジメントの各システムの運用を開始する。今後、実効性を検証し、改善していくことが重要であり、気を緩めることなく取り組んでいく。
(2)最適な製油所ネットワークの確立
昨年9月、室蘭製造所を2019年4月以降、物流拠点として事業を再構築することを発表した。この事業再構築は、圧倒的な競争力の確立とエネルギーの安定供給という社会的使命に大きく貢献すると考えている。最適な製油所ネットワークの確立に向けて、今後も前向きに取り組んでいく。
(3)新しいIT基盤としての統合基幹業務システム(ERP)の構築
抜本的な改革に向けた新業務プロセスを取りまとめた要件定義が昨年12月に確定した。今後、ERPの導入目的である業務の大幅な効率化を達成し、効率化により創出される経営資源を成長が期待できる事業に割り当て、競争力を強化していく。
2.各事業の重点項目
(1)石油精製販売事業・化学品事業の競争力強化
公平・公正の観点から販売諸施策を早期に統一し、さらに、2019年度中のサービスステーションブランドの「ENEOS」への統一を決定した。今後、「顧客の利便性の最大化」と「シナジーの更なる積み上げ」を図っていく。
(2)次世代の柱となる事業の育成・拡大
電力事業は、総合エネルギー企業としての「安心と信頼」と高い競争力により、着実に事業顧客基盤を拡充してきた。今後、アライアンス先との関係強化による販売力強化や産業用・業務用の販売にも注力する。さらに、競争力のある電源確保に向けた新設電源も積極的に検討し、電力事業の基盤強化を推進する。
ガス事業は、競争力のある都市ガスを安定的に確保するために、都市ガス製造・供給を行う川崎扇島地区の新会社の設立に参画した。
水素事業は、関係企業11社が出資し、FCVの普及およびステーションの本格整備を目的とする新会社に参画することを決定した。今後、オールジャパンでの協業にも積極的に協力し、水素社会の実現を推進する。
3.EVシフトへの対応
昨年来、内燃機関自動車の新車販売規制の検討が英国・仏国・中国などで表明され、自動車メーカーや電池・部品メーカーなどが矢継ぎ早に方針や取り組みを発表するなど、いわゆる「EVシフト」に関する報道が続いている。
EV普及には、「①高価な車体、②電池性能による走行距離の短さ、③充電インフラの脆弱さ」の3つの課題があると言われている。
一方、各国の政策動向や自動車・電池メーカーによる技術開発の加速により、解決するとの予測もある。自動車のEV化はエネルギーの需要・供給構造を変え、燃料油販売を中心とした当社SSビジネスモデルを根本から変える可能性がある。当社がこれまでに直面したことのない課題であり、これまでの成功体験に基づく常識を覆し、すべてを一から作り上げる覚悟が必要となる。
4.会社のあり方
(1)変革と対話
当社が事業環境の劇的な変化に対応するためには、「変革」、それも単なる業務効率化レベルの改革ではなく、一人ひとりの「意識改革」が必要である。組織文化や企業風土は、一人ひとりの「個」の集合体であり、「変革する」という強い意志をもって、はじめて変わるものである。私が先頭に立って変革を進めるので、変革意識をもって続いてほしい。一方、変革に必要不可欠なものが「対話」である。これまでの統合で積み重ねてきた様々な叡智を結集し、ゼロベースで議論し「対話」を重ね、互いの信頼関係を構築することにより、皆が「一つの思い」をもって困難を乗り越え、「変革」することができる。
(2)働き方改革
「変革」に向けた具体的な活動として、「働き方改革~10を8でやる」改革の推進に取り組んでいる。不要な仕事を聖域なく削り、ムダを省くことで、いきいきとした働き方・ワークライフマネジメントが促進され、優秀な人材の確保や育成に必要不可欠な「ダイバーシティ経営」が実現する。「ダイバーシティ経営」の実現は、競争力強化・業績向上を通じ会社の持続的な成長をもたらす。働き方改革は企業風土や社員の意識を変革し、会社全体を時代の変化や将来の事業のあり方に相応しいものに変えていく「改革のムーブメント」につながるため、本気で取り組み、できるまでやり通す。「変えるべきものは勇気をもって変革していく」というムーブメントを起こしてほしい。
(3)社会的使命
当社は、あらゆる面で「社会の規範」となり、常に誠実な姿勢で物事を考え、「お客様からの信頼」を大切にしていかなければならない。「安全」と「コンプライアンスの徹底」は、当社の事業における大前提であり、いつどんな時代においても不変であることを肝に銘じてほしい。
JFEスチール(株)
2018年 JFEスチール社長年頭あいさつ(1月4日)
明けましておめでとうございます。新年にあたり、ご挨拶を申し上げます。
昨年の世の中の状況を振り返りますと、結果としては比較的安定した1年でした。しかし、米国のトランプ大統領就任とそれに伴うTPP離脱やパリ協定離脱に加え、北朝鮮のミサイルや核兵器問題で地政学的なリスクが高まるなど、世界的には不確定要素が大きくなった年だったと思います。 また、鉄鋼業界を取り巻く環境については、世界的な鉄鋼供給過剰問題は基本的には継続しているものの、中国の生産能力削減や内需拡大などの政策に支えられて、中国からの鋼材輸出量が減少しました。そのため、国際的な鋼材市況はこの半年間は高位に推移しています。しかし、原料炭をはじめとする資源価格が乱高下する構造に大きな変化はなく、先に述べた中国の各政策の継続性の見極めも必要であり、不確定要素はより増してきていると感じています。一方で、世界各国で自動車のEV化を加速化する政策が打ち出されたり、IoTやAIなどの技術革新が進展するなど、世の中の変化のスピードがより一層早まってきていると感じています。 昨年は、JFEスチール単独収益が2年連続の赤字であったことを踏まえて、2017年を、第5次中期計画の最終年として「結果を出す1年」にして欲しいとお願いをしました。こうした変化のスピードとその振れ幅が激しい環境の下で、社員の一人ひとりが第5次中期計画の施策を推進してくれたお蔭で、収益的にはV字回復の目途が立ちました。社員の皆さんの努力に感謝すると共に、結果を出してくれたことを誇りに思います。しかし、この結果には、先に述べました国際的な鋼材市況の回復という追い風に依る部分もあったことは否めません。また、第5次中期計画の最重要課題である製造基盤整備は、例えば購入コークスの削減という課題は克服しましたが、安定稼働・安定生産には課題を残しており、道半ばであると認識しています。

●JFEの目指す姿と2018年の重点課題
今年2018年は、第6次中期計画の初年度になります。策定中の第6次中期計画においても、5次中期で掲げた長期的なビジョン「常に新たな価値を創造し、お客様とともに成長するグローバル鉄鋼サプライヤー」は変わりません。そのビジョン実現のための重点課題も基本的には5次中期の延長線上であり、以下の4点となります。 第一に、当社の最大の課題として経営資源を投入してきた製造基盤整備の推進を継続することです。設備投資については、2017年当初計画時点で5次中期計画比プラス10%の増額で考えていましたが、6次中期案件の中で成果の大きい案件を更に前倒し、5次中期計画比プラス30%まで積み増します。
5次中期期間には計画通りの収益を上げることが出来ませんでしたので、保有株式の売却など資産の圧縮により、これら設備投資の原資を捻出している状況です。6次中期でも引き続き、製造基盤整備に必要な設備投資を遅れることなく推進していきます。あわせて、十分な結果の出ていない製造の安定化について、技術力不足の解消など人的側面からもトラブル防止や生産能力の回復に努めて頂きたいと思います。 第二に、会社の収益向上に貢献する技術開発の推進です。環境変化を先取りし且つ変化の激しさに対応すべく、製販技が一体となって高級鋼の開発、製造、販売のPDCAサイクルの回転を上げてください。また、ボラティリティ(価格変動幅)が一層高くなった原料コストの削減に寄与する新プロセス開発に注力してください。6次中期でも高級鋼の販売拡大やコスト削減に寄与する技術開発を具現化した設備投資をより一層推進していきたいと思います。 第三に、JFEブランドの浸透・拡大です。メーカーや流通の再編が進展している中で、機会を逃さず、お客様と真摯に向き合い、JFEのプレゼンスを高め、我々のマザー工場が立地している日本国内の数量拡大を極限まで追求して欲しいと思います。また海外では上海の鉄粉合弁事業やUAEの大径溶接鋼管合弁事業が営業生産を開始すると共にベトナムFHSも2本目の高炉の火入れが予定されています。これらをフル活用して、グローバルにJFEブランドの拡大に努めてください。 第四に、大幅な世代交代の中で実行してきた技術力継承と人材育成の推進を継続し、更に深化させることです。テクニカルエキスパートやITツール活用などを含めて、若年層の更なる底上げと共に現場第一線の中間マネジメント層のレベルアップを実現し、次世代に繋がるように人的資源の質の向上をスピードアップさせてください。

●2018年の行動指針
これら4点の重点課題に取り組むにあたり、2017年度の収益向上は、環境の追い風にも助けられた面があるので、外部環境が下振れしてもグローバルサプライヤーとして未来に向けた成長を持続出来る強靭な企業体質を創り上げることが重要であることを全社員が認識した上で、各人の課題解決に邁進して頂きたいと思います。
経営もIT改革などの環境整備により各人の時間創出を進めると共に、業務改革により仕事のやり方も変えていきます。具体的には、いつでもどこでも必要な作業標準・技術標準のチェックが出来るタブレットの導入や業革システム・利計システム立ち上げによる利計の入力負荷軽減や較差解析の簡易化などです。2018年は皆さん一人ひとりも考え方を変え、次の2点を心がけて行動して欲しいと思います。
一つ目は、変化の激しい環境下でも十分な成長を持続していくために、前向きに、より創造的な仕事に取り組み、生み出す付加価値を最大化させてください。会社全体の付加価値を最大化させるためには、各人が生産性を高めた上で、全体が同じベクトルを向くことで、総和としての付加価値を最大化することが重要です。 二つ目は、各人の生み出す付加価値の最大化とワークスタイル変革の推進との両立を実現してください。そのためには、各人が固定観念に囚われずにゼロベースで業務の中身を再考し、付加価値の最大化という目的のために優先順の高い業務に対して、各人のパワーをより集中させてください。特に、計画策定や報告資料に時間を割くより、実践と改善に注力して、実績を着実に向上させる地に足が着いた活動を推進して欲しいと思います。各人が前向きな仕事に取り組む割合を増やすことで、活力ある職場作りを実現して欲しいと思います。 未来に向けて持続的な成長を実現することが、JFEスチールを誰もが誇れる会社にすることに繋がると考えています。
JFEスチールを家族や社会に誇れる会社にするためには、社員全員が安全、健康でいきいきと働ける職場作りが最重要課題です。昨年も重大災害が2件発生し尊い命が失われました。誠に残念でなりません。今年は、ここ3年で新たに取得した知見、すなわち対話型パトロール、管理者・経営者教育、災害調査、安全監査を浸透・定着させる年です。特に、第2者監査制度を十分に活用して職場の課題の発掘と解決を図り、PDCAを回してください。そして、真に『自主自立』した職場を作る様に注力してください。更に残念ながら防災事故も撲滅出来ていません。今年も事故を防止することにも注力してください。
また、昨年は日本でも多くのコンプライアンス違反が発生し、日本のものづくりの信頼性の根幹が揺るぎかねない事態となっています。こうしたコンプライアンス違反が企業の存続を脅かしかねないという事実を再認識してください。今一度、原点に立ち戻り、安全、防災、コンプライアンスについて事故や違反を起こさないよう、社員一人ひとりが決意を新たにして頂きたいと思います。
最後になりましたが、労働組合の皆さんに一言申し上げます。先ほど申し上げた通りのかつてないほどの変化の大きい経営環境下で、個々の経営課題に対応していくためには、労働組合の皆さんの今まで以上の協力が不可欠です。労使で十分に意思疎通を図り、全社一丸となって強靭な企業体質を創り上げるよう、ご協力をよろしくお願いいたします。
以上、年頭にあたり、所信を申し述べました。本年が皆さんとご家族にとって実り多く、健康で幸せな一年となりますよう心から祈念し、新年の挨拶といたします。
(株)浜銀総合研究所
平成29年度「よこはまグッドバランス賞 シルバー賞」を受賞しました。(1月4日)
横浜市では、女性の活躍やワーク・ライフ・バランスの推進を図るために、男女がともに働きやすい職場環境づくりを積極的に進める市内中小事業所を「よこはまグッドバランス賞」として認定し、そのうち継続的に職場改善に取り組んでいる事業所については、認定の回数に応じた「継続賞」を授与しています。
国を挙げた働き方改革への取組を追い風に、29年度は109社から御応募いただき、昨年度の約1.6倍となる過去最高の99社を認定事業所として決定しました。 認定事業所のうち、約5割は従業員数50人以下の規模で、新規事業所は約4割でした。 表彰式は、平成30年1月25日(木)午前9時45分から、情文ホールにて行いますので、取材にお越しください。
平成29年度認定事業所一覧(99社)
認定7回のゴールド賞3社、認定5回のシルバー賞7社、認定3回のブロンズ賞13社、継続賞を除く認定事業所76社、うち新規認定が38社、継続賞を除いた認定回数2~9回の事業所が38社です。
継続賞(23社)
ゴールド賞(3社) 向洋電機土木(株)、(株)VM、メルビック電工(株)
シルバー賞(7社) 石井造園(株)、(株)科学情報システムズ、グランコーヨー(株)、(株)浜銀総合研究所、(株)ファルコン、横浜植木(株)、(株)ワーク・イノベーション
-平成29年度認定事業所一覧(99社)-
認定7回のゴールド賞3社、認定5回のシルバー賞7社、認定3回のブロンズ賞13社、継続賞を除く認定事業所76社、うち新規認定が38社、継続賞を除いた認定回数2~9回の事業所が38社です。
「継続賞」23 社
ゴールド賞(3社) 向洋電機土木(株)、(株)VM、メルビック電工(株)
シルバー賞(7社) 石井造園(株)、(株)科学情報システムズ、グランコーヨー(株)、(株)浜銀総合研究所、(株)ファルコン、横浜植木(株)、(株)ワーク・イノベーション
ブロンズ賞(13社) (株)アールケイエンタープライズ、アクロクエストテクノロジー(株)、(株)NSP
(公社)神奈川県宅地建物取引業協会、(株)協進印刷、こづか(株)、住電オプコム(株)、 大洋建設(株)、日総ぴゅあ(株)、根本建設(株)、日之出産業(株)、(株)三春情報センター、(医)ワンアンドオンリー新横浜母と子の病院
「継続賞を除く認定事業所」76社
東京電力パワーグリッド(株)
風力発電の導入拡大に向けた実証試験の開始について(1月4日)
北海道電力株式会社と東京電力パワーグリッド株式会社は、1月1日、実証試験に参加いただく最初の風力発電設備(6600kW)の運転開始にあわせ、風力発電の導入拡大に向けた実証試験を開始いたしましたので、お知らせいたします。
2021年3月末までに、すべての実施案件(20万kW)が順次運転を開始する予定であり、その後の実証試験期間を経て、試験結果の取りまとめを行っていく予定です。
両社はこの実証試験において、地域間連系線を活用した連携を通じて、風力発電導入拡大に向けた電力系統の安定運用対策について検証を行ったうえで、得られた知見を活用し、国内における風力発電をはじめとする再生可能エネルギーの更なる導入拡大に向け取り組んでまいります。
[これまでの経緯]
北海道電力株式会社と東京電力株式会社(現、東京電力パワーグリッド株式会社)は、2社間で「風力発電導入拡大に向けた実証試験」を行うこととし、あわせて風力発電設備を募集(募集量20万kW)いたしました。(2011年9月30日お知らせ済み)
実証試験は、最初の発電設備の運転開始にあわせて開始いたします。(2017年8月24日に北海道電力株式会社にてお知らせ済み)
東京ガス(株)
社長 広瀬道明 新年挨拶(1月4日)
謹んで新年のお慶びを申し上げます。
我が国のエネルギー業界は、一昨年の電力小売全面自由化に続き、昨年にはガス小売全面自由化がスタートするなど、地域や業種の垣根を超えた本格的な「エネルギー大競争時代」に入りました。
このような状況を踏まえ、東京ガスグループは、2011年に発表した長期経営ビジョン「チャレンジ2020ビジョン」の集大成ともいえる「2018-20年度経営計画 GPS2020」を、昨年10月に発表しました。ガス(Gas)・電気(Power)に、サービス(Service)を組み合わせて、様々な手段で、国内外のお客さま(Global)に、新たな価値を創造しお届けしていきます。
本年は、「GPS2020」のスタートの年として、「電力小売全面自由化3年目に向けた電気の一層の拡販」、「お客さまのニーズに合ったサービスメニューの確実な開発・拡充」、「優良な海外事業案件への機動的な参画」および「デジタル化・イノベーションの強力な推進」等に取り組み、厳しい競争に打ち勝てるようスタートダッシュを図るとともに、計画達成に向けて着実な取り組みを進めていきます。特に電気の拡販については、昨年12月に、より多くのお客さまに「お得」を実感していただける新たな電気料金メニューを発表しました。2020年度までに220万件のお客さまへ東京ガスグループのガス・電気をワンストップでお届けすることで「日本一のガス&パワー会社」となり、東京ガスグループの2020年代の発展・飛躍を確実なものとしていきます。
一方で、この“GPS”を展開するうえでベースとなるのは保安の確保です。今後も引き続き、天然ガスの普及・拡大の前提となる「安心・安全・信頼」の基盤強化に向けた取り組みを進めていきます。
東京ガスグループは、「チャレンジ2020ビジョン」で掲げた「めざすこと」を、「GPS2020」で「できること」に変え、お客さまや社会に貢献してまいります。
昭和電工(株)
高校生(シオジリ・シゴト発見隊)が来場しました(昭和電工セラミックス 塩尻工場)(1月4日)
2017年10月26日、昭和電工セラミックス(株)塩尻工場では、塩尻志學館高校1年生5名の生徒が工場見学、社員へのインタビューのため来場しました。
塩尻志學館高校では、“AIなどコンピュータ技術が急激に進歩している中で高校生が将来の進路を考える時、社会の変化に目を向けながら職業を正しく理解すること、自らが生まれ育った地域の文化、産業、自然を理解しふるさとに誇りと愛着を持ち、ふるさとを大切にする心情を涵養すること”を目的として、「シオジリ・シゴト発見隊」と称した市内の企業訪問を行っており、当工場も受け入れることとなりました。
工場見学では、同校のOBである社員からの説明に熱心に耳を傾けていました。生徒からは仕事をするうえで一番大切なことや、やりがい、地域とのつながりなどについて質問があり、社員が分かりやすく答えると、すかさずメモをとっていました。生徒の皆さんは今後、学習をまとめ、PR誌を作成されるとのことです。塩尻工場では、次世代を担う学生の皆さんに将来を考える機会を今後も提供していきます。
昭和電工(株)
2018年社長年頭挨拶(要旨)(1月4日)
【来るべき将来に備え】
2018年の世界経済は、先進国に加え、当社グループが事業拡大を加速する中国やASEAN地域での経済成長や内需回復は底堅く、2017年に引き続き成長・拡大基調が継続することが予想されます。他方、2017年に行われた環境規制の強化や電気自動車導入の方針決定など、世界経済に大きな影響を与える政治・経済動向には引き続き注視する必要があります。これらの事業環境変化は、当社にとってビジネスチャンスの到来を意味する一方、事業構造を変革せねばならない機会であることを認識すべきです。
【個性派事業の確立へ】
今までのビジネスの枠組みの中でそれぞれの事業が収益を最大限高めるべく、ここ数年講じてきた施策の結果が結実しつつあります。2017年はこれに加えて外部環境の追い風が重なりました。当社グループが目指す個性派事業の確立に向け、要件の一つである利益率の向上には一定の目途が立つ一方、利益の規模、収益変動の抑制という観点では道半ばです。
当社グループが外部環境の追い風なくしても一定の利益規模をあげる企業となるには、さらなるステップアップが必要です。売上の拡大を図るのか、利益率の向上を図るのか、ステップアップのシナリオは事業により異なります。国際競争が激化する中でも事業が勝ち残っていくためには、他との競争に勝ち残れるセグメントはどこかを見極め、そのセグメントで確固たるポジションを獲得し続けていくことが重要です。
【道はひとつじゃない】
外部環境は目まぐるしく変化をしています。その中で風向きの変化をいち早くつかみ、時流に遅れることなく、如何にすばやくギアを変えることができるかが求められています。
我々の目指すべき方向は明確です。「すべてのステークホルダーを満足させること」であり、「今」がしっかりしていて「将来」の姿に期待が持てる昭和電工を全てのステークホルダーに示すことです。
個性派事業の実現という目指す姿は一つですがそこに至る道のりは様々です。決して一つではありません。当社グループが目指す「豊かさと持続性が調和する社会の創造に貢献する企業」として大きく飛躍できるよう、変化を恐れずに行動していきます。
旭化成(株)
ニューイヤー駅伝 in ぐんま(第62回全日本実業団対抗駅伝競走大会)2連覇 23度目の優勝!(1月1日)
2018年元日に前橋市の群馬県庁を発着点とする7区間100kmのコースに各地区の予選を通過した37チームが出場して行われました。前年のチャンピオンの証であるゴールドナンバーカード1番をつけた茂木圭次郎が最前列の中央に位置し、午前9時15分スタートしました。
茂木は積極的に先頭に立ち大集団を牽引しましたが、5km過ぎに阿久津選手(SUBARU)に先頭を譲り、集団の中でラストスパートに備えました。残り1kmからの10数チームの激しい先頭争いを制したのは、高卒1年目の遠藤選手(住友電工)。茂木は10秒遅れの9位でアブラハム・キプヤティチにたすきをつなぎました。
2区のアブラハム・キプヤティチは、ほぼ同時にたすきを受けたコシンベイ選手(トヨタ自動車)とともに先頭を猛追。10秒差をすぐに追いつき、2kmではトヨタ自動車と並走しながら、後続を引き離しにかかりました。7km手前ではさらにペースアップし単独首位に立ち先頭で3区市田孝に中継。
市田孝は一時後続にやや詰め寄られるシーンもありましたが、先頭でたすきを受けた気持ちの余裕もあり、一度も振り返ることなく冷静な走りを続け2年連続区間賞獲得に向け激走。2位に上がった富士通に32秒差をつけて首位で伊勢崎市役所前の中継所に飛び込みました。
最長22.4kmの4区は大六野秀畝。大六野は堅実な走りで後続を引き離していましたが、給水を摂らなかったためか、終盤脱水症状でペースダウンしてしまいました。優勝候補に挙げられながら、前半区間で出遅れた設楽選手(Honda)が驚異的な走りで1分32秒差を詰められ、中継所直前で並ばれましたが、最後は意地の走りを見せタイム差なしのトップでたすきをリレーしました。
2年連続5区を走った村山謙太は、5区が優勝を決めるポイント区間だとたすきを受けると同時に猛ダッシュ。山中選手(Honda)との差を一気に広げました。その後も粘る山中選手との差を14秒にして、トップで市田宏に中継しました。
昨年この区間で区間新記録の快走をした市田宏は、一部コース変更された今年もコースの特徴を生かした走りを行い区間2位に41秒の差をつけるで快走。2位Hondaとの差を1分3秒として優勝を確実なものにしました。
ラストスパート争いとなった時の事を考えてアンカーに起用された鎧坂哲哉は、トップを悠然と走り群馬県庁前のゴールに2年連続23回目の優勝のゴールテープを切りました。
Top Menuリエゾンセンターの紹介リエゾンセンターの活動紹介川崎臨海部の環境への取組み臨海部関連サイト(リンク)
ご利用にあたって 2005 Non-Profit Organization Liaison Center for Creation of Industry & Environment All RIght Reserved.